どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

快晴の大晦日

快晴20201231
角上に買い物に行く途中、快晴だ!とつぶやく俺にもう関東地方に住んで65年になるのにいつも同じことを言うとかみさんは笑うのだった。
65年なら80歳じゃん、55年だと訂正してやったぜ。

横浜に引越して初めての冬に思ったのはこっちの冬は明るい・・・だった。
新潟の冬の最初の記憶は小学生のときで雪が積もった外から家に入ると薄暗い家の中が一層暗く感じられるというものだ。
冬はほぼ曇りでたまに晴れると雪に日の光が反射してまぶしくて仕方なかった。

こっちの人間はこんな日には日本海側は雪なんだと思うのよということらしい。
55年経ってもそんな風には思えないんだよな。

蟹喰って缶ビール一本で酔っ払った。
70歳の大晦日は過ぎていく。

スポンサーサイト



甦る破天荒な知人

昨日は何とか年賀状を作って送った。
今年はPCが壊れて年賀状ソフトも住所録も無くなっていたので益々やる気になれなかった。
それにしても毎日が休みのジジイ生活はどうにもつまらない。
自分で考えろ、何とかしろ!だけどさ。
コロナ禍で最も気楽な部類に入るのが俺たち年金生活者だ。
こんなんでいいのかよ!

周庭をフォローしようとFacebookを始めたがよく分からん。
幸福の科学を登録してしまい慌てて削除してそのままにしていたら、「友達のMさんが・・・」というメッセージが来ていた。
久しぶりにブログを見ると10か月振りに復活していた。
自転車事故から鬱に入ったと想像していたが「ジジになる」ことを契機に脱出したらしい。
まあこれは俺の想像だけど。
いずれにしても縁ある人が<復活>してよかった。
Mのブログで青学の柳さんが1月に亡くなったことを知ったと書いていた。
青学の叛旗派の<インテリ>を象徴するような人に見えたが最後まで神津グループとは厳しく袂を分かっていたらしい。

これは〆張鶴しぼりたて生原酒、〆張鶴は有名だけど村上の宮尾酒造の酒だ。
中学の同じ学年にそこの娘がいて結構可愛かった。もう婆さんだろうけど。
〆張鶴20201228

二度目の大山は厳しかった

予定を少し早めて6:44大宮発の埼京線に乗った。
伊勢原駅着は8:47で9:00発のバスで大宮ケーブル駅バス停着が9:25だった。
バス停前に阿夫利神社の鳥居があるんだ。
鳥居20201225
男坂を登るつもりだったが先日の「日本百低山」で吉田類が登った女坂にした。
多分女坂の方が時間がかかるが早起きした分余裕があると踏んだのだったが・・・

こんな花や
白い花20201225
やさしげな石仏も
石仏20201225
大山寺にも寄ってみた
大山寺20201225
これが女坂最後の登りだ。前来たときはこれを下ったのだ。
女坂最後20201225
ようやく登り切って小休止、歩いても歩いても胸の不快感は変わらない。
効いてくれるか、求心!
女坂コースタイム40分のところ46分だった。
求心20201225
阿夫利神社下社脇から奥社と大山山頂を目指すがいきなりこの階段なんだよな。
下社からの階段20201225
夫婦杉
夫婦杉20201225
これは何丁目のだったか、貼ってあるのは道志村のキャンプ場で行方不明の女の子を探すものだった。
行方不明20201225
下社の手水場には大山で行方不明になった高齢者を探す張り紙もあった。
こんな山でと思うがどんな低山でも何があってもおかしくないとも思う。

この鳥居のすぐ先が山頂のはずだ。
山頂下鳥居20201225

12:31到着! バス停から3時間くらいかかったことになる。
駅中の観光案内書でもらったコースマップだと2:45なので俺にしては上出来だが、いったい何人に追い抜かれたことか、それもあって参ったぜ。
大山山頂20201225
2:40のバスに乗りたいのでおにぎり二つを食べて見晴台経由で下山開始。
昼飯時間はたったの12分。こういう山歩きはやっちゃいけないよな。
見晴案内板20201225
山頂すぐ下の見晴らしのいいところから見たが曇っていて良く見えない。
前来たときは江の島がはっきりと見えたけど、今回は富士山も見えなかった。
展望20201225
下りで時間を稼がないとバスに間に合わないと焦って歩いた。
こっちのコースも階段が続いて厳しい。
おっと気を付けろよと言ってくれているのか。
危険看板20201225
13:59に男坂と女坂合流地点に到着した。
00分のケーブルカーには間に合わない。次の20分のに乗るか、それとも男坂を下るか・・・
次のケーブルカーにしたのだった。
ケーブルカー20201225
ケーブル駅から急いでバス停へ、14:36到着。

代々木上原で千代田線に乗り換え表参道で半蔵門線で神保町到着。
東京堂カフェでコーヒーを飲んで10数分時間を潰して兵六へ、開店を待つSさんと一緒に今年最後の兵六へ入った。
すぐに眺花亭も来てよかった。
真人君と塩田のことや石川のことを話し眺花亭とも話が弾んだ。
しかし非公然兵六訪問は疲れる。
ゆっくり山に登ってゆっくり飲みたいぜ。




まさか塩田が来るってか!

39歳のGK塩田仁史が浦和に来るらしい。
スポニチによれば「人格者で知られ、人望も厚い・・・サッカーへの真摯な姿には定評がある」そうだ。
褒めすぎなんじゃないのと思うが、多分福島が移籍するのでその代わりみたいだ。
が来る以上は西川、彩艶と正GKを争ってもらいたい。
来季監督のリカルド・ロドリゲスはスペイン紙とのインタビューで若返りと言っているが、単に若手を使うという意味だけではなく<序列>に関係なく自分のスタイルに合う選手を使うという意味もあるはずだ。
塩田と20201224
これは何年前だったか、兵六で塩田と石川に一緒に撮ってもらった写真だ。
俺以外は常連の東京サポだ。(それにしても酔っ払いすぎだぞ、じじい!)
このとき塩田はすでに大宮移籍が決まっていたはずでそんな話をした記憶がある。
でかくていい男だった。
こんなに縁があったとはなあ・・・

来いよ、西大吾

元鹿島、現神戸の右サイドバック西大吾にオファーを出しているらしい。
ぜひ来てもらいたい。
そりゃ俺だって鹿島時代に「ファールして笑ってんじゃねーぞ!」とテレビの前で叫んだこともあるがそれを含めていい選手であることに変わりはない。
マルちゃんがいなくなった右SBでやり切ってもらいたい。
若手に違う色とインパクトを与えてくれればもっといい。
西の報道を見て金崎夢生も欲しいとえげつなく思ってしまった。
右ひざ前十字靱帯断裂という大けがのリハビリ中だと思うがあの献身的なプレーを浦和で見たいもんだと妄想が進んでしまった。
サンフレッズ浦和、アルビレッズ浦和に続いて浦和アントレッズと言われそうだが(興梠もいるし)そんなの関係ねえ!そんなの怖くねぇ!なのだ。
来期は選手の入れ替わりも多くなりそうだし監督も変わる。
<チームの序列>に関係なくリカルド・ロドリゲスには腕を振るってもらいたい。
(過剰な期待は持たないようにと自分をいさめているがチームの変化には期待してしまう)

これは昨日の木星と土星。俺の肉眼では土星は全く見えないが<デジタル>は違う・・・
木星と土星20201221
こっちは数日前の月と木星だったかな。
月と木星20201217

死の階段を上る

散歩の回数は確実に減っている。
かみさんといる時間が増えてその分気ままに何かすることが減ったんだろうか。

スーパーアリーナの裏口というか淑徳与野高校側からの階段を久しぶりに上った。
上ったというより登ったのだ。
死の階段20201221
途中、2回立ち止まり息を整えながら何とか登頂した。
俺にとってはこれを登れなければ山歩きも終わりだ。
この階段は本当に通れるのか不安にさせるので歩く人は滅多にいない。

毎冬載せてる気がするが階段を上ったところから見た富士山と新幹線。
寒さが緩んだせいか富士山が霞んでいる。
富士山と新幹線20201221
ケヤキ広場のケヤキもすっかり葉を落としていた。
ケヤキ広場20201221
ところでうちのクリスマスは昨日だった。
毎年、ケーキ担当は下の娘だがシンプルだが豪華でおいしいケーキだった。

そごうで買った「大雪渓」名前を見て即これに決めた。
長野県の酒蔵で白馬村ではないが同じ北安曇郡にあるらしい。
高い方の純米酒にしたぜ。
大雪渓20201221

最終戦は寒い日の寒い試合だった

1杯目20201219
大宮のライオンで生ビールを飲んだが「一人総決起集会」じゃなくて「どっちもいいゲームを」なのだった。
いいタイミングでお代わり如何と来たのでもう一杯飲んだ。来なくても行ったけど。
ちゃんとしたビアホールの生ビールは美味い。
2杯目20201219

選手紹介で駒井に拍手をしたが周りにも何人も拍手をする人がいた。
ミシャにはもっと多くの拍手が送られていた。

盛り上がるものは埼スタに何一つない、そんな試合だった。
試合途中で3バックなのに気が付いたが最終戦で今季やり続けた4バックを変えたのは何故だ?
それだけ見ても結局どうしようもない一年だったことが分かる。
負け20201219
試合後、エヴェルトンとマルティノス、そして大槻監督の挨拶があった。
マルちゃん、いい男なんだよな。
マルちゃん20201219
立花社長の挨拶はブーイングでまったく聞き取れないはずだが今年は違う。
俺も声を出すのを我慢してしまった。情けない。
大槻監督を決めたときこいつは「大槻のことはよく知っている。大槻なら大丈夫だ」と訳の分からんことを言っていたんだ。

クラブが変わらなければ監督が代わっても同じことの繰り返しだ。
クルマもダメ、船も作れず、飛行機も飛ばせない三菱にはサッカークラブも無理なんじゃないのか。
身を引くことをまじめに考えてもらいたいぜ。
そこんところよろしく、だ。

やったぜ、興梠!あとはどうでも・・・

右SB岩武がこぼれ球に反応して長い距離を走ってGKに倒された。
いや倒れた、と思ったが先にボールに触っているし当然のPKか。
キッカーは興梠でGKの逆を突いて今期10点目、9年連続を決めた。
いやー、よかった、めでたしめでたしなのだ。
かあちゃんは今日はこれでいい、あとはどうでもいいなのだった。

前半は何とか川崎の猛攻を体を張ってしのいだが後半は耐えきれず力の差通りの結果になった。
この結果もよかったというしかない。

結局、得点は 1-3
SH 22-3
CK 6-1
と川崎のなすがまま、きゅうりが浦和なのだった。
どうでもいいと言いながら「こんな浦和に誰がしたぁ~♪」と思わなくはないけど。

土曜日は最終節34試合目だっちゅうのにチケット買ってなかった。
まあ、そんなシーズン(今年も?)だってことだ。

少し前に気が付いたがスマホにGoogleの「レンズ」というアプリがあることに気が付いた。
これを写すとヒメジョオンの画像を出してこれじゃないのと教えてくれる。
ヒメジョオン?20201215
こんなアプリがあったのだ!スマホも全然使えていないんだよな・・・

これは近くの花壇だったらしい区画の草紅葉。眺めているのは俺だけか。
草紅葉20201216

富士山帰りに高麗王を買う

マンションの通路から見えるのは奥武蔵の山かもっと奥の秩父の山なのかと思っていたが奥多摩なのかもしれない。
マンションから20201215
高麗川駅に着いたのは11時半ころだった。
途中、ミニストップに寄って水とホットドッグを買った。
高麗川を越え高麗川カントリークラブ脇から山道に入って
コース案内20201215
浅間神社鳥居と白銀観音の前を通って白銀平に到着。
展望台20201215
展望台からの眺めはなかなかいい。
房総半島?と思ったのは筑波山で手前が雲の陰になって海のように見えてしまったのだ。
白銀平20201215
展望台は先客がいたので下のベンチで久しぶりにバーナーでお湯を沸かして昼飯にした。
結構辛い。
昼飯20201215
ゆっくりと時間を潰していざ富士山へ。
案内板20201215
階段を上って着いたと思ったら右にまた同じような階段があってこれを登ると小さな祠のある山頂だった。
富士山頂への道20201215
やったぜ、221.2m!
富士山頂20201215
帰りはカチ坂峠から宿谷に出て梅や柚子が植えられた畑や川沿いの狭い田んぼを見ながら歩いた。
山里という感じだった。
途中、高麗王の長澤酒造で「初しぼり」と柚子巻き漬け、ついでに酒粕も買った。
高麗王20201215
高麗川駅到着は3時半ころ。またYAMAPの終了を忘れて大宮まで長い山歩きになってしまった。
高麗王 初しぼりは美味い!
高麗王初しぼり20201215

湘南に引き分け、シュートは半分

金曜日、かみさんはGGRを見ないで寝てしまった。
そういう俺は違う部屋で72HRの「サイクリングの旅 しまなみ海道」を見ていた。
もう今年は興梠の二桁ゴールに期待するだけなのだ。

昨日の湘南戦は0-0の引き分け、湘南の決定機を西川が信じられない反応で防いだのには驚いたけど・・・シュート数は湘南の半分らしい。
山田直輝と梅崎を出してくれた湘南監督はフアンサービスを知っているが今期限りのエベルトンとマルちゃん先発は何のためだ。
武田が85分から出て少しは来季の可能性を見せてくれたが、大槻、もっとサービスしろよ。

来年はリカルド・ロドリゲスが来るらしいので徳島の試合の前半を見たがこれが徳島か!というのは見られなかった。
優勝と昇格のプレッシャーなのか、チームの調子が落ちているのか、ゴールは決められず0-0の引き分けで勝ち点1を積んだだけだった。
ただ攻撃でボールを失うと絶対ボールを取り返すという厳しい守備をしていたので若い選手も使われるかもしれない。

浦議によれば今期は3年計画のゼロ年なんだそうで来季が1年目という説があるらしい。
サッカーライターが浦和サポも勝敗にこだわるだけじゃなくてサッカーを楽しむことをやってくれ、マリノスや川崎のサポはそういうところまで行ってるよと言っていた。
なるほどね、ジジイには難しくて面倒くさいが来年は頑張ってみるか。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2020-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。