どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

切れるジジイに異議なし!だ

神戸の市営地下鉄で78歳!のじいさんが駅員にキレて
胸ぐらをつかんで膝蹴り、もう一人の駅員にも膝蹴りして
公務執行妨害で逮捕されたというニュースを見た。
敬老パスを間違えて切符投入口に入れてしまって
注意されたことに逆切れしたということだが
分かるぜ、その気持ち。

その時、じいさんは嗚呼やっちまった!くそ、何てざまだ。
歳は取りたくねえ等々と瞬時にいろいろ思ったはずだ。
それを駅員に偉そうに高飛車にこのどうしようもない年寄りが・・・
と対応されてブチ切れたのに違いない。
もう少し若ければ真空飛び膝蹴りをやったはずだ。
俺がそばにいたら駅員を羽交い絞めにしてじいさんに
好き放題やらせてやったのに
神戸から遥か離れた戸田競艇にいたのが残念だ。

今日の11レースのスタート展示
本日の結果は7レース中3レース当てて、-340円。
11レースのスタート展示
スポンサーサイト



勝てると思ったが

勝てると思ったが(2-0)・・・
負けると思ったが(2-3)・・・
追いついた(3-3)・・・
これは今日の鳥栖戦の話だ。

3-3の引き分けで15位鳥栖との勝点差は4のままだ。
ガンバはセレッソに負けたのでガンバの上には行けた。

2-0で残り30分、ここで柴戸を出すのは守るぞ
というメッセージだと思うが、
守れない浦和に守るメッセージを出す、それも後半15分でだ。
早すぎるんじゃないのか?
後半から鳥栖は豊田を入れて激しい戦いを挑んできた。
ヤバいと思った大槻が堪らず柴戸を出したんだろうか。
だとしたらファブリシオを汰木に変えたのは
汰木の方が守備をやるってことのなのか?
分からん、杉本を入れてからも放り込むばかりだったが
岩波?がPA内で倒されたPKを杉本が決めた。
先日の天皇杯でPKを失敗した杉本に槇野がボールを持って行ったらしい。
蹴るのはお前だと!

武藤のリーグ戦今季初ゴールで先制したが勝てなかった。
引き分けて勝点1を獲得したことを良しとするしかないのか。
しかし2-0から逆転までされるのは情けない。

TVには欠場の興梠と土田(今何をやってるんだっけ)
そして立花社長が映っていた。
立花、お前は馘首だ!

おじさん、ティッシュをくれ

東口の階段のすぐ下でティッシュを配っているおじさんに手を出したら
渡すのを拒んでいるようだった。
確かに俺はこのティッシュの広告の該当者ではないが
家に帰れば孫娘が見るかもしれないだろ。
おじさんティッシュをくれ
それにしてもおじさん、真面目過ぎるぜ。
男には配るな、ばあさんには絶対配るな、ジジイには死んでも渡すなと
きつく指示されたんだろうか。

大宮では「バーニラ、バニラ、バーニラ」とCMを流しながら
でかいトラックが走っている。
この「いちごなび」も風俗の求人だ。

孫娘と見栄?を張ってみたが俺は出会うこともなく死んでしまうだろう。
まあ、しょうがない・・・

ところで昨日の天皇杯、ホンダFC戦は0-2で負けた。
土曜日、鳥栖に勝てないようだと残留は非常に厳しい。
と言いつつ残留するだろうと思ってしまう俺は大甘だ。

逆療法か年寄りの冷や水か

右足首辺りが何かの拍子にピリピリと痛んで「痛てぇ」と声を出すことが続いていた。
陣馬山・高尾山縦走もそんな状態で不安だったが
縦走後、気がつけば痛み(ピリピリ)を一度も感じていない。
これが逆療法ってやつか?!
年寄りの冷や水と紙一重なんだろうけど・・・

今日の散歩は快調だった。
のんびりではなく自然に歩くスピードが上がった。
ブログに載せるのは3回目くらいの「参道の俺を見つめるモナリザ」
モナリザの藪にらみ
ボート池から見上げた空。秋だ。
秋の空20190925

歩きながら上原と香原の対照的な二人の死を思った。
知的な上昇を全くしなかった上原と限りなく知的に上昇しようとして
一般人には訳の分からない狭い狭いところへ入り込んだ香原。
この二人の死がセットで来たのはやっぱり大きなダメージだ。
思えば平成一桁の小泉の自死から始まって
金ちゃん、高槻さん、阿久多、香原、上原と死んだ。
明日死んでもいいとは思えないが死んでもしょうがねぇよな。

さて今日は天皇杯4回戦のホンダFC戦だ。
JFLではとんでもなく強いらしく天皇杯でもこれまでJリーグのクラブを
いくつも破ってここまで来ている。
テキスト速報で追いかけるしかないがいい戦いを期待している。
とにかく吹っ切れた戦いをしてくれ。

凍土の歌-中城ふみ子という歌人-

凍土の歌-中城ふみ子という歌人-という芝居を観に築地本願寺まで出かけた。
いつだったか暑気払いでライオンでビールを飲んでここまでぶらついたことがある。
ちょうど盆踊りをやっていてWが東京音頭と炭坑節を踊ったのに驚いた。

親鸞の銅像の後ろにそびえる本願寺の大伽藍。
築地本願寺
親鸞がこれを見たら何て言うか?
しょうがないと言いそうな気もする。

友達関係じゃなければこの類の芝居を見ることは有り得ないが
Iさん脚本のこの芝居はなかなか面白かった。
中城ふみ子は複雑な男関係と乳がんの中で短歌を作り出すのだが
昭和29年没の日本の女性があんな短歌を詠んだのは驚きだ。
ついでに地味な元公務員のおばさんと思っていたIさんに
こんな一面があったのにも驚いた。

Kさん夫婦、Oさん、Hさんと地下鉄で新宿へ出て
学生いや高校生か?で混み合う安い居酒屋でかなり飲んだ。
KさんにLINEの友だち設定をやってもらったが
ふるふるしたらいろんな人が友だち候補になっていた。
どこかの山に登り温泉に泊まるということになったのか
かきでぇらでBBQになったのか。
BBQは俺の強烈な希望・願望か?
みんなで会えればどっちでもいいか。

昨日の競艇、今日の芝居

台風は温帯低気圧に変わったが強風域が広いので
遠く離れた大宮でも強めの風が吹いている。
日差しが強くぶり返した暑さに身体が対応できない。

昨日の戸田ボートは6レースから12レースまでやって
当たったのは10レースだけ。
7レースでは1-5-3で決まりだと勝利を確信したが
最終ターンで5番に差されてしまった。
A2の横川聖志34歳がB1大豆生田蒼、24歳の女に負けるんじゃねえよ!
とつぶやいたがこれは5-1-3を買えなかった俺の踏ん切りの無さを責めるべきだ。
戸田では最終ターンで1位が変わるなんてのは初めて見た。
最後まで諦めなかった「おおまめうだ」覚えておこう。
9レースでは2-6-1,3で1,3決まりか?
どっちでもいいぞ、いや3の方がオッズがいいのか・・・
そんなことを考えているうちに5番に二人とも抜かれてしまった。
帰りがけに無償にビールが飲みたくなりコンビニで2本買って飲んだ。
禁酒している訳ではないので飲みたくなったら飲むでいいのだ。

女房子供は墓参りに行った。
友達の友達が脚本を書いた試合を見に行く俺は免除なのだ。
昨日の競艇は今日のチケット代を獲得が目標だったが
虚しく-2980円だった。

エアコン入れて昼寝だ。

陣馬山から高尾山縦走

大宮 6:52の埼京線に乗り武蔵浦和で武蔵野線に乗り換え
西国分寺で中央線高尾行きで高尾 8:13着。
バスは 8:34発だ。
大変な数の登山者に驚いたが山歩きの集まりで小仏峠へ向かうようで
その人達とは違うバスなので助かった。

途中から運転助手が乗り前方を警戒する西東京バスなのだった。
道が狭くなりカーブもあるので運転手からは前が見えないのだ。
陣馬高原下バス停に到着。
靴ひもを締めて出発。9:24
登山口 9:48
陣馬山登山口

ここに来るまで5人に抜かれた。
山ガールに抜かれるのは納得だが苦しそうなじいさんに抜かれてがっかりだ。
ここから新道コースを進む。
こんな道が続く、写真だとなんてことはないけど・・・
陣馬山への登り

陣馬山(854.8m)到着 11:03
陣馬山山頂20190920

ここでおにぎり1個を食べて小休止。
陣馬山山頂のテーブル20190920

山頂にはアザミとススキ、うしろのもみじは少しだけ紅葉していた。
陣馬山山頂の花20190920

まずは明王峠へGO! 11:15
奈良小峠 11:42
コースタイム40分のところ27分、平らな道なら頑張れる。
明王峠 11:53
明王峠の茶屋20190920

底沢峠 12:04
堂所山は巻いた。
今日のテーマは「巻く」だ。巻けるところは全部巻いてやる!
堂所山手前の看板20190920

景信山への道が倒木でふさがれていた。
景信山への道の倒木20190920

景信山はさすがに巻かない。昼飯喰うから。
景信山巻き道の案内板20190920

景信山(727.1m) 13:10
景信山20190920

おにぎりを喰いながらお湯を沸かしてミルクティーを作り
サンドイッチを食べた。
お湯を沸かすだけでも何か贅沢な気持ちになれる。
久しぶりのバーナーだったがやはり必要だ。
使用したテーブルからの眺めはこんなだ。
景信山20190920

景信山出発 13:35
たった25分の昼食だった。
小仏峠 14:02
小仏峠20190920

城山も巻いた。
階段は登らずに左の巻き道(見えないけど)を選択した。
右階段左巻き道20190920

城山を巻いた先で咲き誇る秋の花。
咲き誇る菊20190920

一丁平の展望台も巻いてもみじ台への厳しい階段も巻いた。
この外国人はデカかった。
女性は追い越すときに「こんにちわ」と声をかけてくれた。
もみじ台を巻く20190920

5号路に出た。15:11
5号路に合流20190920

5号路から6号路、稲荷山とも思ったが思い返して
この階段を上ることにした。
結構長いんだよな。
何とか高尾山山頂(599.2m)へ。15:18
高尾山山頂20190920

トイレと外の水道のところで顔を洗って少しすっきりした。
5号路から6号路に出たが琵琶滝のところで通行止め、
6号路の通行止め20190920

橋を渡って少し登り返したがこれが結構きつい。
そうかここ(石仏広場)に出るのか。
石仏広場20190920

病院で世話になったWストックを置いたが病院の下り坂がひざに厳しかった。
ダブルストック20190920

この杉の細枝は少し短いが曲がりを手前にすると
しなった反動で推進力が生まれる。
両手同時に使えば階段を上る時もひざへの負担を軽減できる。
今回はこれでずいぶん助かった。
清滝駅 16:31
巻いて巻いたが歩き切ったぜ18キロ、かかった時間は7時間とちょっとだった。

やっぱり帰りは兵六なのだった。
久しぶりにWの顔を見たが遠くて話せない。
Sさんといろいろと話が進んだが隣の客にムカついたSさんに
大昔、観世栄夫の隣で飲んだ話をしてやった。
観世栄夫-夢精-新玉三千代の大サービスだ。


蝉の声と耳鳴り

氷川神社から大宮公園に出てボート池を一回り
少し体操をして参道を歩いて図書館へ行った。
大宮公園ではツクツクボウシが最後?の賑わいという風に鳴いていた。
今これを書いているとジーとツクツクボウシでの声ではないが
ニイニイゼミのような音が聞こえている。
蝉の種類に関係なく散歩でセミの鳴き声を聞いた後は
耳鳴りを激しく感じる。
なんか関係がありそうだがどうなんだろう。

ボート池には黄色い桜の葉が浮いていた。
ボート池20190919
参道には台風で茶色くなってしまったケヤキの葉が降っていた。

これは白いヒガンバナでいいんだろうか。
白いヒガンバナ?20190919
うちの一つだけ持ってきたヒガンバナは咲く(芽を出す)気配がない。

昨日はNHKBSのジャイキリ期待(ほんとに嫌らしい)の天皇杯、甲府VS法政を見た。
延長で甲府が2-1で勝ったが法政も立派な戦いぶりだった。
選手は浦和ユース、大宮ユース、広島ユース、札幌U-18等々の選手が多い様で
Jに上がれなかった悔しさをぶつけているようにも見えた。
甲府の選手もJリーガーの意地を見せていた。

さて鹿島は広州恒大に2戦合計1-1だったがアウェーゴール数の差で敗退した。
準決勝は広州恒大に決まった。
その前にホンダロックじゃなくてホンダFCだ。
いやそれよりも強い鳥栖との直接対決だ。

上海上港と引き分けて準決勝へ

上海上港は弱かった。
今の浦和にあんなにやらせてくれるチームはJリーグには一つもない。
点を取らなければ敗退するのにドン引きだが間は自由に使わせてくれる。
全くこのチームがここまで勝ち進んだとは信じられない。
フッキがいない(出場停止)とここまで違うのか?
セカンドボールは拾い放題、長澤(だったと思うが)と
橋岡のワンツーが簡単に決まる。
上海上港、本当に強いのか?!
浦和の先制点は関根のクロスを興梠が頭で決めたものだった。
いいぞ関根、やっぱり興梠、だった。
攻めながら2点目が取れないがリーグ戦程不安ではなかったが
浦和の守備はやはりだめで逆サイドでフリーの選手の
クロスからボレーを決められて追いつかれた。
危ない、詰めろ!と俺とかあちゃんが叫んだのが聞こえないのか。

1-1で試合終了、アウェーゴール数2-1で準決勝進出を決めた。
1対1引き分け
何度も書いているがたとえACLでも国旗を掲げるべきではない。
日の丸を振りたい奴は代表を応援しろ。
試合開始前にこれを見て滅茶苦茶ムカついた。
中国サポよりも韓国サポよりもスタジアムで国旗を振る日本のサポ、
中でも突出する浦和レッズサポ。
日の丸ではなく浦和レッズは浦和のエンブレムを背負って
アジアへ世界へ出て行くんだぜ。
日の丸にムカつく
それとボールボーイが戦っていたんじゃないのか?
とにかくボールが出るのが遅い、いつもはボールがアウトになると
即という感じでボールが投げ込まれる。
それが今日は上海の選手が催促に行くシーンが何度もあった。
これは恥ずかしく、情けないことなんじゃないのか。

We are DIAMONDS.準決勝進出は決めたが試合は引き分けだからやらないのか?
帰ろうとしたら始まった。
ゴール裏のサポも最近やってないのでやりたかったんだろうか。
残っていた10人ほどの上海サポが浦和ゴール裏をスマホで撮っていた。
見れて良かったね。
WeareDIAMONDS

頼むぜ興梠
試合開始前興梠
やったね興梠
MOM 興梠
以上、思いつくまま。

散歩と喫煙のこと

参道ではツクツクボウシの声も少なく蝉の季節も終わりかと思ったが
大宮公園の中ではまだ盛んに鳴いていた。
桜の黄色い葉は台風の影響なのか
普通に季節が変わったということなのか?
枝の先には赤とんぼが止まっていた。
ボート池の桜20190917

桜の葉20190917
雨後のキノコ!
近くの桜の根からはとんでもない数のキノコが顔を出していた。
キノコ20190917

マンションの掲示板と各階のエレベータ前に喫煙についての注意が張り出された。
「部屋の中にタバコの臭いが入ってくるという苦情があります。
 喫煙は窓を閉めた部屋の中でお願いします。
 ベランダは共有エリアです。
 苦情が続くようなら規約の改定も考えます。」
大体こんな文面だ。

最近引っ越してきた人がタバコをベランダで頻繁に吸うのか
逆に強烈な嫌煙派が引っ越してきたのか。
俺はとっくにタバコはやめているが
ベランダでコンロくらいは使いたいと思っている。
魚を焼く臭いが・・・とクレームが来るかもしれない。
なんにしろ面倒くさいことだ。
それにしても「窓を閉めた部屋の中で吸え」だぜ。
管理人も超嫌煙家なんだろうか・・・

 | HOME |  »

Calendar

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。