どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

FC東京と引き分け




試合開始前、アウェーゴール裏を埋めた(2階も一杯だった)東京サポから
ユルネバが聞こえてきた。


Walk on.
Walk on.
With hope in your heart.
And You'll never walk alone.
You'll ne-ever walk alne.
一応首位攻防なのに浦和側の入りがやや寂しい・・・
と山中一郎のように思ってしまった。
思いながら俺もユルネバを歌っていたぜ。

前半、浦和がボールを持ってボールを回していたが
外を回すだけで中に出せない。
こんなものかと思いながらもストレスは溜まる。
それでも右サイドからのクロスに頭で合わせたシーンが2回くらいあった?

寒い!ビールではなくホットコーヒーを飲んだが寒い。
後半はゴール裏では立って声を出そうと思ったがここからは行けない。
北と南のゴール裏は行き来自由だがバックアッパーからは行けないのかと
今更だが気が付いた。

後半は東京のカウンターが効き始めて途中出場の久保が絡んで
決められてしまった。

後半から出たマルちゃんはすっかりイメージチェンジした。
倒れるのではなく相手を倒してボールを奪っていた。
途中出場の山中は左サイドでチャンスを作り
バーを叩くFKで沸かせてくれた。
もっと左を使えよと思うのにまた右サイド偏重になり4分間のアディショナルタイムへ
帰る準備を始めた多分ラストワンプレーで山中がグラウンダーのクロスを入れ
フリーの森脇が決めた。
オーロラビジョンで見ると山中は森脇に出しているし
森脇はコースを狙って蹴っていた。
杉本もよく触るのを我慢した。

一人遅れて挨拶に回る森脇に心の底から拍手した。

ところで武藤と青木が復帰した。そして4バックだった。




「東京なめんなよ」と断幕に書いてある。舐めてしゃぶりたかったぜ。





スポンサーサイト



ショーケンが死んだ

俺と同い年だ。
若いころのテレビは見なかったが歳をとってからのはいい味を出していた。
NHKの「料理探偵」だったかの父親の料理人役だ。
テンプターズの頃も良かったがソロの「大阪で生まれた女」や
「ラストダンスは私に」は素晴らしい。
かみさんは家が近いので実家はそこで肉の卸をやっていたのよと教えてくれる。
昨日は買い物がてら桜を見ながらかみさんと散歩した。

これは与野の公園の桜。昔、山田暢久、三都主達が家族で花見をしたところだ。


マルエツ駐車場の桜。


帰り道、これがショーケンの実家がやっていた「一色」かもとかみさんが言うのだ。



その後、戸田競艇へ。
そして兵六。

大宮に帰ってから富士そば。


さあ行くぞ埼スタ。
一番安いウェルカムシートは初めてレッズを見る人どうぞなのだが
ボートと酒で困窮したジジイなので勘弁してもらおう。屋根もあるしね。

佐藤愛子のように怒る

昨日のWBS(テレ東)で定年退職者の再就職つうのをやっていた。
高橋さん(仮名)は60歳で給料が下がっての再雇用に不満で辞めたそうだ。
そして前職を生かしての高齢者再雇用のニュースの登場したのだ。
最高齢70歳という経験豊かな人々が再雇用される訳だが
入社式の練習で(こんなのやるのか!)コンパニオン(いや先生だ)に
スーツとネクタイの合わせ方のアドバイスをもらい
採用通知をもらうときのやり方、決して自分から先に握手の手を出しちゃダメ!
を指導され嬉しそうに納得し
本番ではうまく出来ましたなんだとさ。
くそやろー、お前の会社勤めは何だったんだよ!
死ね!いや俺が殺したるわいと一人盛り上がってしまった。

『流砂 2018年 第15号』で味さん(三上治)が
佐藤愛子の『90歳、何がめでたい』について書いていた。
その前に書かれた『晩鐘』読むと『90歳』の<背骨>が見えるそうだ。
『戦い済んで日が暮れて』を読み終わっていま『晩鐘』を読んでいるところだ。
佐藤愛子の再婚相手は尊敬する文学仲間(よくいる理屈だけのイデオローグ)だが
結婚してからその浮世離れした旦那に切れまくるのがいい。
『晩鐘』は90歳を過ぎてからの作品だ。
立派なもんだ。
佐藤愛子と言えば俺が若いころはテレビにも結構出ていたが
この歳になって読むことになるとは思わなかったぜ。

今日の戸田ボート、10レースを終えて帰るつり橋はこんなもの。


競艇ではないボートの練習場はこんな感じだ。
右手奥は桜並木で震災の年にかみさんと下の娘と来たことがある。


つくづく思う、俺はギャンブルの才能が一切ないと。

ところで高橋さん(仮名)は80歳まで働きたいと笑顔で言っていた。
働けよ、80まで働いてすぐ死ね!と思ったぜ。


昨日の夕飯はホタルイカとキャベツの炒め物

冷蔵庫に長芋があるのでマグロを買って山かけに決めていた。
が、マグロは高いというか俺がケチなんだけど。
生ホタルイカ(加熱用)というのがあって量も多く安かったので
スマホでレシピを調べて現場で変更した。
島忠ホームズは角上魚類と肉屋はいいがアール元気は酒がないだけではなく
品揃えもいまいちだ。
まあそれはともかく味噌汁用の切り干し大根と豚肉を買った。
切り干し大根は中国製の量の多いのしかない。
俺は中国産でOKだがかみさんは国産しか買わない。
帰り道のローソンで高い発泡酒を買って帰ってきた。

まずごぼうとレンコンのきんぴら(ニンジン入り)を作って小休止。


次にホタルイカを塩茹でした。
こりゃ多すぎるぜとキャベツを炒め茹でたホタルイカを入れて
塩コショウで味付け。
しかしフライパンから溢れそうなキャベツは火が通ると滅茶苦茶小さくなってしまう。

次に味噌汁を作り(これはなかなかいい感じだった)
トマトと新タマのサラダを超適当に作って夕飯作りは終了。


相変わらずかみさんの評価は愛がなく娘は遠慮なく注文を出すのだった。

大宮公園でかみさんと花見

近くに島忠ホームズが出来てかみさんが失業した。
20年くらい勤めていた潰れそうな弱小スーパーが本当に潰れてしまったのだ。
それで毎日かみさんと一緒にいることになってしまった。
これはまずい!非常にまずい!!!というのを毎日実感している。
周2日くらい働いちゃおうかなと思うくらいだ。
まあ思うだけだが・・・

そうだ、花見だった。
昨日かみさんと大宮公園に出かけた。
途中のマルエツで弁当とビールを買ってこのベンチで食べた。


開花状態は木によって違うがざっと3分咲きくらいか。


ボート池のしだれ柳も若葉を出していた。
あっという間に春は進む。


県立民俗博物館脇のこの赤い桜はもう満開だ。


杉花粉はもうピークを過ぎたそうだ。
ヒノキがしばらく続くだろうが例年より早く解放されるかもと期待している。
春の山を歩きたい。

昨日の夕飯は生姜焼き?

初めにきんぴらを作った。
きんぴらセットではなくごぼうと人参を切るとこから始めた。
出来はまあまあだ。
次はもやしとザーサイのナムル(ハム入り)だ。
これもまあまあの出来か。
味噌汁は冷蔵庫整理のシイタケと油揚げ、ネギ入り。

さてメインはうちのかあちゃんが作る豚生姜焼きとは違う感じに作ってみた。
どちらかというとタモリのレシピに近い。
豚肉とたっぷりの玉ねぎを炒めてそこにたれをぶち込んで更に炒める。
しかし酒とみりんとすりおろし生姜と砂糖のたれがいまいちだ。
冷蔵庫にあった「豚バラの素」を追加していい味になった。
従って豚生姜焼き変じて豚バラ焼きになってしまった。
しかしご飯が進むとかみさん娘には好評だった。


昨日の大宮公園。コブシはほぼ満開だった。




桜も咲きだして花見のグループも何組かいた。

散歩途中から鼻水が止まらず薬を飲んでも変わらない。
夜も何度も起きた。
花粉症ってこんなに大変だったっけ?

一昨日は墓参り、昨日は競艇

一昨日は墓参り、昨日は競艇 ああこれが老人♪だってか。

一昨日かみさんと二人で墓参りに行った。


お墓のある駅から西新井まで行き、一駅しかない大師線に乗って初めて西新井大師に行った。
かみさんが子供の頃は川口からバスで来たそうだ。
俺も一度来たかったのだ。


草団子とくずもちセットお茶付きを喰い違う店でそばを食べてから舎人ライナーの駅まで歩いた。
西新井大師西、何だかややこしい。


スカイツリーを見ながら荒川と隅田川を越え都電荒川線と高速道路も越えた。
なかなか楽しめた。


昨日は9時前にかみさんのいとこが来て線香を上げてからしばし世間話。
娘さんが入籍したという話をかみさんが聞き出した。
うちの上の娘よりも一つ年上らしい。
だから何があるか分からないよだそうだが結構なことだ。

昼飯を食べてから一人、戸田ボートへ行った。
3連単、それも高配当狙いなんて馬鹿なことは止めて自分で当たりを予想することにした。
2回目にして3回の当たり、フライングで金が戻るレースもあったので
5レースやって600円のマイナスで済んだ。
上出来だ!


昨日は風が強くスタート直後のカーブを回るボートの水しぶきはこんなだった。


最終12レース終了後、つり橋は強風と人の重さで揺れて歩くのが大変なほどだった。

赤いブレザーを着た関係者と客との会話。
「3万くらい入った?」
「いや、3万じゃきかないよ」
「10年前からは想像もできないよな」
昔一度来た時は当然、土日だったと思うが閑散としていた。
相変わらず場内はごみで溢れて汚いが
ジジイ単独ばかりでなく老若カップル、家族連れ、若い男のグループと賑わっていた。
これも渡辺直美のCM効果なんだろうか?
サッカーも頑張らなきゃな。

今日の夕飯、ローストチキンは売り切れ

ローストチキンこおろぎは昨日開店だったが早い時間に売り切れたらしい。
しかし今日は2日目だ。
午前中に行く必要もないだろうと2時半ごろ到着したら


売り切れだとよ。


興梠はこんなに浦和のサポに愛されているってことなんだろうか。
FC東京サポの嫌がらせのはずもないしな。

即、大宮に帰って「なごみ」で一杯やりながら次のレシピ考えて
ニュー・クイックのハンバーグとポテサラにした。
キャベツの千切りにはセロリの薄切りも入っている。
味噌汁は茶色いエノキと豆腐だ。
副菜ににら玉も作ってみた。
ハンバーグは火の通りを確認するのでボロボロにしてしまった・・・
電子レンジでチンまでしたので小さくもなったしな・・・奥が深い・・・


日曜日のセレッソ戦は2-1で逆転勝ちしたがセットプレーとPKだ。
まだまだ攻撃の形は見えない。
森脇は今できることをしっかりやって勝ったと冷静だ。
その通りだ。
3.30は首位のFC東京相手に攻撃でも躍動してくれ。

力をもらった

・・・気がする。
横超忌では出席者に力をもらった気がする。
「横超」で酔っぱらっただけではないはずだ。
横超社のMのハチャメチャぶりには退きそうになりそうなものだが
そうならないところが人間的な力なのか。
相手の(少なくても俺のことは)心も開かせてくれる。
2次会もいい感じだった。
フアンだというYさんもステーキ屋の夫婦もみんなよかった。
俺もがんがん行ったるぜとかみさんにくっ付いての買い物途中に思った。
しかし一日中酔っぱらっている訳にも行かないのが難しいところだ。

大宮公園のソメイヨシノ


俺のコブシ標準木はこんなだ。つぼみが割れ始めた。



横超忌はこんなだった



お墓の前をうろついていたが時間が過ぎても誰も来ない。
フアンだという人と一緒に待合室で時間をつぶしているうちに何となく始まった。
「横超」で献杯、味さんに「流砂」を買わされた。
2冊で1000円でいいよと言われちゃしょうがないよな。
まあ「戦闘の指示向線」を読んでから俺は味岡派だからな。
ちゃんと読ませてもらうぜ。


墓前でも坊主の超簡単なお経の後に「横超」で献杯した。


更に飲み、横超社の前川が味さんから叛旗派離脱の経緯を聞いていた。


2次会に4人で青学の叛旗だった人がやっているステーキハウスに移動した。
かみさんは駒沢の叛旗だったそうだ。
そんな夫婦が二人で店をやってきたんだ。
なんかいい話だ。
それにしてもオヤジ(Tさん)はゲバルトが強そうな顔をしていた。
昔、見たことくらいはあるんだろうけど記憶はない。

気が付いたら東横線を横浜方面に向かっていた。
情けないことに会費、2次会の金を全く払っていないようだ。
さっき横超社にメールした。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2019-03 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。