どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

今日の夕食はまるごとポトフ

芦ヶ久保で買ってきたジャガイモ、ニンジン、ネギにキャベツとウィンナーを加えたポトフにした。
キャベツを芯ごと切って入れたかったが家の鍋には入り切らなかった。
そうそう、小さなタマネギも入れたのだった。


副菜は納豆オムレツだ。ポトフの副菜は難しい。
前回の納豆スクランブルと比べれば今回は上等だ。

しかし、これをつまみに甕口酒の残りを飲んだので、ご飯は明太子と漬物で食べることになった。

味噌汁を作る手間がないだけでも助かるな・・・

今日の大宮公園はこんなだった。
日もあまり当たらず人も足を踏み入れない場所はまだこんなに雪が残っていた。


スポンサーサイト



芦ヶ久保から秩父へ

かみさんが芦ヶ久保の氷柱を見たいと言うので出かけた。
テレビで袋田の滝が凍結したと言っていたので氷柱!となったそうだ。
大宮から川越経由で東飯能から西武線に乗り芦ヶ久保へ。
途中電車から見える道路には駅伝の中継所らしきものが見え、登り方面の電車は関係者で混んでいた。

駅からは氷柱の場所まで滑り止めの木のチップが撒いてあり歩きやすい。

到着した沢沿いの山の斜面は先日の雪と人工的につくられた氷で溢れていた。




環境整備協力金300円か・・・しかし、4時までは甘酒が一杯飲めるし、ドラム缶薪ストーブとベンチがあり
納得させられる。

道の駅ではなく近くの食堂で昼飯を食べたが手打ちそばと豚丼(小)が喰い切れない。
ご飯を少し残してしまった。
この店では夫婦と子供二人が働いていたがなかなかいい感じだった。
小学生の男の子が料理を持って行くときに何番の方と大きな声をかけるんだが、その堂々とした姿に参りましただった。

道の駅でネギ、ニンジン、ジャガイモ、トウガラシを買った。
火曜日の夕飯はポトフでも作るかと思いながらの買い物だった。
ここの食堂にはずり上げうどんがあったんだよな・・・次回はここで食べよう。

西武秩父まで行きかみさんは初めての新しくなった駅構内(祭りの湯)をぶらついた。
あの仲見世も今思うといい感じだったという感想だが確かにそう思う。
立ち食いソバも旨かったよな。

腹ごなしに秩父公園橋まで歩いて中央の展望所?で下を見てビビったり武甲山を見たりした。
「もう充分お役に立ちましたよね」と武甲山が言っていた。


俺にとっては結構なじみのベルクに寄って、「祭りの湯」より100円安い「甕口酒」を買った。
日本酒を飲むのはお屠蘇くらいという俺だがこれは飲みやすい気がするのだ。
半分くらい飲んでしまったぜ。
包装の新聞は当然、埼玉新聞だ。


「鬱々と飲んだくれて胃肝臓誰に捧げん徳利一つ」(福島泰樹)

一昨日、うちの軒下にはこんな氷柱(つらら)が落ちていた。
こっちは完全天然ものなので芦ヶ久保にも負けない?!


昨日の夕飯はなめことキムチと豆腐の味噌汁

スマホは駅前の中華食堂・日高屋にあった。
(新年会を欠席したSさんから1日間違えた、ボケちまった!と返信が来ていた)
なので連続して兵六に行くこともなく、めでたく一週間ぶりの夕飯づくりになった。


・エノキともやしの豚肉巻き
味付けは塩コショウのみといううシンプルなものだが、一人3個では少なすぎた。
・大根とサラダタマネギの和風サラダ
ドレッシングもサラダ油、醤油、みりん、砂糖、酢、塩少々とレシピのまま作った。
・なめことキムチと豆腐の味噌汁
寒い中帰ってくるかみさんと娘を思う旦那&親心だ。
夕飯は基本的に食べない上の娘も旨かったと言ってくれた。よかった。

上に見えているのは閉店セール中のルミネの太子堂で買ったシシャモの浜焼きだ。
太子堂は昔は東口にもあったんだが西口からも撤退だ。
大宮生まれのかみさんの驚きと嘆きは大きい。

春の青春18きっぷで長崎遠征を考えてみたがムーンライトながらの運転期間ではないので非常に厳しい。
V・ファーレン長崎のスタジアムは諫早だが、諫早と言ったら野呂邦暢「諫早菖蒲日記」だ。
というか俺はそれしか知らない。
数冊読んだ野呂邦暢の小説で「鳥たちの河口」だったか、大学4年か5年の夏、暑さの中で何もせず
ごろごろしている俺の心に何だか響いてきたのを覚えている。

旧ミロンガ関係者の新年会

ほぼ開店時間に入ったがテーブル一つは他の客に取られてしまった。
でも何人来るか分からないしまあいいか・・・だった。
そして本当にそうだった。

商学部の先輩3人のうちの二人が続いてきたがあとが続かない。
俺はこの人達は名前も知らないんだ。
1人はまだ仕事を続けているそうで後任が決まりそうで決まらないと言っていた。
オリンピック絡みもあり建築関係の仕事は滅茶苦茶忙しいそうだ。

しばらくしてM子さん、嶋〇さん、最後に神〇さんが来たがそれでお終い。
この会を嶋〇さんが初めてから最小の参加者だった。
金〇さんは骨折入院、濱〇さんはもう出歩けず、K子さんは酒を禁じられだから少ないはずだ。
その上、昨日はSさんも沢〇さんも商学部のもう一人の人も来なかった。

お開きの後、神〇さんとラドリオでウインナーコーヒーを飲んだ。
神〇さんも新しくなったミロンガには一度も行っていないそうだ。
節ちゃんへの義理立て25年?か、嶋〇さんと同じで思い入れが俺とは桁が違う。

家に帰るとスマホがない。
駅前の日高になければ今日も神保町まで行かなければならない。





大雪に挑んで腰痛

昨日、何故かK君から「雪が降り出したけど、仕事してないとこういう日でもストレスも心配もなくていいよね」
というメールが来た。

俺はそれを見て散歩に行ったのだった。
さすがに氷川神社参道も人は少なく大宮公園の店も閉まっていた。

紅梅に粉雪が降っていた。


ボート池の水鳥も静かだった。


家に帰って昼飯を作っているときに一気に降り始めた。
俺は雪はストレスでも心配でも何でもないんだよ。
雪が降ったら伊豆ヶ岳!つうのがここ10年くらいの俺の行動パターンだ。

今朝は1時間早起きして雪かきをしたが、最初のシャベルの一かき目で腰をやってしまった。
サラサラの雪でもそれなりに重い。安易に腰を入れ過ぎてしまった。
それでもかみさんと一緒に何とか道を作ったが伊豆ヶ岳は遠くなってしまった。
残念!


関根が浦和サポのアイドルと結婚した。
今の状況(試合に使われない)でかよ!と突っ込みたいがしょうがない。
一つだけ気に入ったのは「お付き合いさせて頂いて・・・」ではなく
「おつきあいしてまいりました」と書いたところだ。
関根えらい!





初めての大持山

一昨日、夕飯作りで忙しくて酒を飲まなかったので前から行きたかった大持山に行った。
このところほぼ飲みっぱなしで山に行く前日は飲まないという自分への決め事もいい加減になってしまった。

大宮発6:37の埼京線で川越経由で東飯能着が7:37、こんなに早い電車は久しぶりだ。
7:43発のバスで名郷着8:39。

※訂正 妻坂峠を妻恋峠と書いていた・・・かあちゃんがそんなに恋しいわけはないんだけどね

名郷 8:45
バスを降りた人は6人ほど。みんな蕨山に行ったらしい。

山中 9:41


ここがウノタワへの分岐。
この案内図にある妻恋峠経由で大持山に登り、鳥首峠経由で名郷に戻る予定。
小持山は時間的に厳しいのでパスする。

長い林道がやっと終わって橋を渡って登山道に入る。



妻恋峠 10:35
おにぎり1個を喰って小休止。
目の前に見えるのは大持山じゃないよなと思いながら歩きだした。


長い登りの先、大持山が近づいてきたあたりから樹木の様子が・・・
木の枝や葉っぱに霜が付いて白っぽく見えているようだ。
枝全体に付着しているのではなく一定方向にだけついているがこれも霧氷でいいんだろうか?





曇り空で気温も上がらないので落ちずに登山者を迎えてくれているんだろう。
曇りか・・・と名郷を歩き始めたんだがこんな結果が待っているとは思わなかった。




大持山 12:07/12:35


初めての「ぶっこみ飯」、箸よりもスプーンの方がいい。スプーンも持って行ったんだ、用意周到!
粉末のミルクティーも飲んだが甘いところがいい。


鳥首峠へ長い長い急坂を下る。落ち葉の積もったところでは靴が埋まって見えなくなった。


途中、ウノタワを経て鳥首峠 13:56


この標識を見てそのまま直進してしまう!俺って何?!
小高いピークをいくつも越えながらまだ名郷に下る道は現れないのかと思いながら歩いた。

滝入ノ頭 14:35


さすがにこれを見て間違いに気が付いた。ありえねえ。
40分のロス、小持山登れたじゃん。
地図を見れば引き返すしかない。
転倒注意と念じながら気持ちだけはトレイルランナーのように引き返した。

こんなところも


ロープ場も引き返したんだぜ。


再度の鳥首峠 15:00
ちゃんと読めってんだ!じじい!


3本ある15時台のバスを考えていたが厳しい。
名郷に向けて長いつづら折りの針葉樹の中の道を下った。
ここでも飛ばしたが名郷バス停到着は16時を回っていた。

名郷 16:02
16:12発のバスが止まって待っていた。ちなみに16時と17時台は1本しかない。

車の運転なら免許返上するレベルか?!
交通標識を理解できないっつうことだろう。
ダメージがでかいが今回は初めての経験(霧氷か?)も出来たので勘弁してやろう。


今日の夕飯、決められない!

パソコンでレシピを見たり、料理雑誌を広げたり、冷蔵庫を覗いても何も決められない。

決められないまま散歩に出たのが3時過ぎ、大宮公園で少し本も読んだので大急ぎで作った。

メインはカキと野菜のオイスター炒め。野菜はネギと葉っぱを含むセロリだ。

副菜は前にも作ったジャガイモとセロリの塩きんぴらだ。

味噌汁はええい面倒くさいつうので油揚げと長ネギを刻んだ奴にした。


しかし疲れた、血圧も上がったに違いない。

この決められない感は加齢=生理的なものか、元々の性格なのか?酒の飲み過ぎか?

完全隠居したことにうまく対応できてないんだろうな。

小室哲哉の浮気問題で釈明、引退、告白の会見があった。
内容は見ていないが浮気、別にいいじゃん、全然問題ねえだろと思うぜ。
昔見たキリストの映画(キング・オブ・キングス?)で売春婦に石を投げる人々に罪のないやつだけ投げろと
言う場面があった。
人々はみんな俯き石を捨てて去っていくんだが、TV、週刊誌、マスコミは俯くことを知らない。
それを見る、読む日本人もそうなんだろうと思うと絶望的な気分になる。
有名人の浮気がそんなに切実なものか、糾弾することが正義のように振る舞えるのか。

決めるために俺もここから始めるしかない。













ラファエルシルバが行ってしまう

そんな気はしていたが・・・それにしても中国2部かよ。
(それにしてもは中国ではなく2部にかかっているんだが)
まあブラジル人サッカー選手としては当然の選択か?

それでも2部かよ?!上海上港、上海申花じゃないのかよという思いはある。
そのあたりなら来年のACLで会える可能性も高い。
1年で中東や、中国1部への移籍もありそうだからそのうち対戦できることを願う。

ACLの決勝トーナメントでは圧倒的な決定力を見せて優勝に大きく貢献してくれた。
一方、戦い方がラファ頼みになってしまった感は否めない。
サイドで使うならむしろマルティノスの方が向いているはずだ。

人もボールも動く攻撃で相手を圧倒するそんなサッカーを見せてもらいたい。
堀も選手も頑張ってくれ。

散歩で新都心のホテルの前を通ると2011年の夏を思い出す。
そこの植え込みに座っていた広島監督のペトロビッチは翌年浦和に来て
去年、途中解任になったがそれまで結果は出してくれた。
タイトルはナビスコ以外取れなかったが、今のレギュレーションなら2回リーグチャンピオンにもなれていたはずだ。
今季はサッポロだが浦和よりはやりやすいはずだ。ミシャ、成功することを願っているぜ。

今年中に仮住まいに引っ越し戻ってくるまで3年くらいかかりそうだ。
そしたら71歳じゃん!完璧なジジイだぜ!
未だ払い続けている住宅ローンもきれいにして解体することになるんだが
俺の人生こんなものかと物悲しい気持ちになっちまうぜ。

仮住まいしているときのレッズは強かったねえと後から思いだす。年取った俺とかみさんが振り返る。
そんな浦和レッズであってくれ。

味噌汁はおろしおろし汁

フンドーキンのレシピ、365杯の味噌汁ではなめたけのビン詰めだが普通のなめこを使った。
今日は暖かい日だったが、大根おろしと生姜おろしを入れて身体が暖まると言うやつだ。
なかなか旨かった。


後は、豆苗とエビの塩炒めだ。
味がやや濃すぎたがまあ旨い。OKだ。
豆苗は一度使った後また伸びて来たやつだ。

それと豆腐と卵の中華風炒めだ。

毎度のことだが食卓(何だか一杯載ってるんだよな。俺の焼酎のボトル2.7Lも載ってる)
そこにパソコンを載っけてレシピを見ながら作るんだ。
パソコンを見ずに作れるようになりたいもんだが道は遠い。

数日前から背中が滅茶苦茶痛い。肩もバキバキだ。
血圧を測ったら160を超えていた。
体重は毎日眺めて気にしているんだが血圧も毎日見ることにするか。
そんなことで今日は禁酒した。弱っちい奴だぜ、全く。


散歩

昨日は日暮里から神保町まで。

 ↓上野公園の桜。ジュウガツザクラと書いてあった


途中、「肉の大山」で中生と病みつきメンチ。飲み物半額の時間帯なのでたったの340円!
「丘」でコーヒーを飲んで時間をつぶすつもりだったが、月曜定休だった。
では、と「味の笛」で焼酎ハイボールと刺身(マグロぶつとホタテ)で550円。
兵六でIさんの顔を見て一応新年会の話もした。

今日は新都心経由で大宮公園まで。
おみくじを結ぶための柱と針金は取り外されたが、松に巻かれた「こも」はこんな状態だ。


それにしてもアルディージャの去年の必勝祈願のデカ絵馬が残ったままだ。
大宮サポではないが目をそむけたくなるぜ。

何と言うか「日本ていいな」に結びつく一切のものを拒否したい。
テレ東でももう勘弁出来ない気分だ。
今日は氷川神社の門のところで頭を下げてるばばあに中指をおっ立ててしまったぜ。
埼スタでやったら出入り禁止だ。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。