どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

大滝インゲンの胡麻和え

DAZNの見逃し配信で広島戦を見ていたら時間が無くなってしまった。
それでも氷川神社参道を1時間近く歩いてダイエーで夕食の買い物をした。
未だ火金の夕飯を作り始めて数回だというのに疲れてしまい今日は出来合いの調味料でやると決めた。

ガパオライスと青菜のナンプラー炒め。それに大滝インゲンの胡麻和えだ。


胡麻和えも出来合いの胡麻和え調味料にした。
大滝インゲンは普通のインゲンより幅が広く皮も固そうな気がしたので3分ちょっと茹でたのだが
時間が長すぎた気がする。
それでも美味い。
最後に目玉焼きと思ったら1個しかない!セブンイレブンで赤玉を買ってきた。
汁物はレタスの千切り+塩昆布+鶏ガラスープの素+ごま油のスープだ。


代表に興梠と長澤まで選ばれてしまったが、11月5日の鹿島戦と18日のアルヒラル戦は出場できるんだろうな。
槇野と遠藤もだ。
ACLの優勝と残り3試合全勝(に近い)なら堀監督の続投なんだろうか?
4-1-4-1の来年を観たい気もするんだが・・・
まずはアウェーで鹿島をぶった押してもらいたい。

スポンサーサイト



かきでぇら訪問と大滝の紅葉

台風22号の雨をついて西武秩父へ。
紅葉祭も中止になったし別の日にしたらとメールが来たが決行させてもらった。
改札口でGW以来のKさんとの再会だった。

29日は降り続く雨の中、ログハウスで昼飯を喰いながら酒を飲みしばし休憩。
その間にスマホのDAZNで広島戦を観ようとしたが面倒くさくなってやめた。
テキスト速報で時々見ていたがなかなか点が入らない。
こりゃスコアレスドローかと思い始めたら長澤が決めて、それを守り切って浦和が勝った。
結果として下位には強い浦和レッズを証明した訳だ。

夕飯は鍋でまた酒を飲んだ。
この頃の台風の影響はどうだったか?
雨は降っていたが風はそれほどでもなっかた気がするが、酔っぱらっていて分からない。
この日は8時前には布団に入り起きたのは7時過ぎ頃。よく寝た。

夜中目が覚めた時には消えていたが薪ストーブは暖かかった。


翌日はKさんに朝食を作ってもらって食べた。
味噌味の昨日の鍋の残りの野菜炒めだったが旨かった。

かきでぇらの落ち葉


真ん中の落葉松の黄葉が始まっている。台風一過か・・・


Kさんに紅葉を見に連れて行ってもらった。
ループ橋を渡ると紅葉がいい感じに見えだし滝沢ダムは満杯だった。
中津川方面ではなく甲府方面に向かい豆焼橋から周りの山を見た。黄色い橋は雁坂大橋




その後、三峰神社へ。
平日だがそれなりの人出で流行りの朱印をもらっている人もいて
巫女さんが何番の人と声をかけて朱印帳を渡していた。
三峰神社は毎月一日に白いお守りを売っていてそれを買いに前日から来るそうだ。
路線バスも一日は神社までは行かないとHPに書いてあった。



遥拝所から見た奥の院(妙法ヶ岳)。中央やや右の小突起がそうだ。一度行ったことがある


神社の境内の茶屋で蕎麦の昼飯と俺は中津川芋の味噌田楽も食べた。
中津川芋の由来は日露戦争で捕虜になった大滝出身の人が
ロシアから持ち帰ったジャガイモがルーツらしい。
長年の謎が解けた気がする。
店の人と知り合いのKさんは明後日(11月1日)の手伝いに来ない?と声をかけられていた。

その後はKさんが参加する「トチのあく抜き」講習に仕事で出席できない奥さんの代わりに
参加させてもらった。


「かき回す」ではなく、「かんます」なんだよなと俺と同年代の参加者の話を聞いて
ちゃんと方言が残っているんだとうれしくなった。秩父ー!


お土産にクルミと奥さんが作った大滝インゲンを貰って帰ってきた。
大滝インゲンは種を保存していた人に分けてもらって栽培したそうだ。
今日の夕飯はこれで一品作ることにしよう。

唯一の心残りは雨もあって焚火ができなかったことだ。
サツマイモでも持ってまた行かせてもらおうか・・・

豚肉とアスパラの卵炒め

主菜は豚肉とアスパラの卵炒め、オイスターソースを初めて買った気がする。


副菜はジャガイモとセロリの塩きんぴら


どちらも量は十分のはずだ。

作るのに時間もかかり疲れた。これじゃ主婦の料理には太刀打ちできない。


2回目はイカと里芋の煮っころがし

別にいいよとかみさんは言ったが本日2回目の夕飯を作った。

(もう一品作るべきだよな・・・)


ダイエーで全部買ったが、イカは解凍だ。やっぱ魚力で買って自分でさばくべきだったかも。

でもそれも結構大変だしな・・・と日和ってしまった。

イカと里芋の煮っころがし。里芋は柔らかくなった。イカは量が少なすぎた。


大根と貝割れのサラダ、ちりめんはきっちりゴマ油でいためて乗せたぞ。


味噌汁は金曜日に使ったニラの残りと油揚げにした。まあいける。


金曜日はかみさんと下の娘にはまあ好評だった。上の娘はいつも遅いので平日は家では食べないのだ。


買い物中に別の献立にしようかと逡巡したがそんな臨機応変の対応をするには10年早い。

少しずつレパートリーを増やすとともに味付けや料理の基本をマスターしたいものだ。

また引き分け! ガンバに3-3

3度リードしながら追いつかれてしまう。

何でだよ。Jリーグは中国超級リーグよりはレベルが高いか?

ガンバは上海上港よりも強いのか?

3失点目はアディショナルタイムだ。

全く相変わらずの勝負弱さだ。

ラファが先制と2点目を決め3点目は興梠が鮮やかに裏を取って決めた。

これで普通は勝負は決まりだろ。勝つしかないだろう。

それでもあんまり怒りも湧いてこないんだよな。

良かったことは興梠が得点を決めたことくらいだ。

雨の中集まった21,603人のフアン、サポーターもね。

ところで来年の監督はどうするんだろう・・・

隠居の料理 初めて作った夕飯

8月20日にバイトを辞めてからすぐに体調不良になり
咳が止まらず耳鼻科に行ったら「後鼻漏」による咳です。
洟が口の中に漏れて気管支に入るの防ぐために咳が出ていると言われた。
後鼻漏!何とおぞましいネーミングだ。
俺の死因は誤飲性肺炎誤嚥性肺炎に違いない・・・

更に何もせずにゴロゴロしているせいで体重も少し増え腹も出てきた。
このまま無為に過ごして、今は何とかコースタイムで歩いている山に行けなくなるのが怖い。
何とかしようと市営の施設でトレーニングを始めた。
これはなかなか使える。面白い。トレーニングの後に風呂にも入れる。

完全無職、いわば隠居状態になったのでかみさんがダブルワークの火、金は夕飯を作れと
言われていたが、いざとなると別にいいわよ見たいな感じになっていた。
でもなあ、何かやることがないと家族関係までまずくなるよな。
寝転んでネットを見て、ゲームをやり、昼から酒を飲む。こりゃ絶対よくない。逆の立場なら切れそうだ。
なので本日、初夕食作りにチャレンジした。
なんやかんやで2時間近くかかってしまった・・・



主菜:豚こまとレンコンのガリバタ醤油炒め
副菜:もやしのカレーナムル
味噌汁:にら納豆汁(もみのりと白いりごまをトッピングする)

主菜は「簡単!ラクラク!秋冬おかず2018」、他は「あと1品!に便利な小さいおかず」を見て作った。
主菜は味はまあまあだった。やや薄めだが許容範囲か。
副菜はカレー粉は下の娘が何かで買ったのを使った。量が少なすぎた。
味噌汁もまあまあだ。
初めて作って思うことはレシピの通りでは量が少ないってことだ。
かみさんはいつも料理本の1.5倍くらいは作っている気がする。

さて、娘とかみさんの評価は如何に。

ACL準決勝突破!上海上港に1-0

団子になって「決めろ浦和の男なら♪」を唄うゴール裏のサポ。
これは密集が少し緩んだ状態だ。
これを初めて見た時は俺は引いたぜ。昨日の中国人も引いただろう。


上海上港サポ。行きも帰りも電車の中で見かけた。
相手サポも電車でスタジアムに来るのが当たり前だ。それを規制し続ける中国にはブーだ。


上海上港のスタメン。フッキには最大のブーイング。誕生日の監督にもブーだったか?
まあ。オスカル、エウケソンとブーイングの種は尽きない。


バックアッパーには手作りらしい赤い旗が配られた。メインはいつもの赤い四角いやつだったみたいだ。
既に括弧付きの社会主義国でさえない中国のクラブを赤旗とWe are REDS!の大合唱で迎えている訳だ。

URAWAは分かったが上が理解できない!


南のオーロラにジョンを見て分かった。これが浦和だっちゅうのをプレーで見せてくれ。


頼むぜ!浦和レッズ!


上海の前線からのプレスは厳しかった。それをかわせば前に運べるんだが上手くいかない。
相手のペースで試合が運んでいると思ううちにCKから先制した。
柏木のキックに遠藤が飛び込んだが触れず、後のラファエルシルバが強いヘディングシュートを決めた。
GKが片手を当てたがボールの勢いに押されたように見えた。
せ・ん・せ・い、先制だ。待っていた先制点だ。
しかし、1点ではダメだ。追いつかれると一気に不利になる。時間が早すぎたんじゃないのかと
寧ろ不安が高まってきた。全くサポの不安は尽きることがない。
ここから浦和の時間になって何度もチャンスを作ったが決められない。
それでも上海の攻撃を献身的な守備で凌いで1-0のまま前半終了した。

ハーフタイム開始はこれだ。


よく入った。後半が始まってからも飛び込んで来る人がいたよな。


後半はどんな展開だったか?
相手GKが極端に前に出ていたの気が付いて、西川にも狙えと叫んでいたかも。
槇野がイエローをもらったのはちょっと怖かった。
フッキとのバトルでもう1枚貰ってしまうなんてのは勘弁してくれ。
フッキのFKを 西川が横っ飛びで止めたのは前半だったか。
後半もフッキ?のシュートをナイスセーブしたが弾いたボールにオスカルに詰められたが
それも何とか体に当てた。
最終的には阿部が蹴り出したみたいだったが、これは最大のピンチだったんじゃないか。

ラファが全く動けなくなり、ケガ?と思ったほどだった。
これじゃ守備はおろか(もともとそれ程やらないが)カウンターでも走れない。
周りからも代えろの声が飛ぶほどだった。
ラファに代えてズラタン。
その後、柏木に代えて梅崎。堀は追いつかれることは考えていないのか?
梅埼は惜しいシュートが一つあったが枠に飛ばなかった。
ロスタイムに興梠に代えて李が入ってしばらくして笛が鳴った。

やったぜ!浦和レッズ!


そして決勝進出だ。


MOMは阿部。槇野でも西川でもよかった。


バックへの挨拶を忘れて通り過ぎる選手がいた。そこまで力を使い果たしたんだろう。
ガンバ戦は勝てそうもない・・・




決勝の相手はアル ヒラルだ。
11.18が1レグアウェー、11.25が埼スタだ。
ルバン、天皇杯、リーグ戦も獲得できるものは何もない。
そんな中で来月末まで気持ちをつなげるのはありがたい。

埼スタを出ると雨が降っていた。
上海上港の、選手、サポ、就中フッキの涙雨に違いないと思えば天気予報の外れも許せるってもんだ。
フッキはあの体で攻撃の中心を担い、CK、FKのキッカーを務め、何度も倒され、何度もレフェリーに話しに行き
線審にはクレームをつけていた。
第1戦に続いて槇野に、そして連動する他の選手に抑え込まれた感じだ。

あんた等の分も頑張らせてもらうぜ。

ACL上海上港戦、否応なしに心が躍る

今日は梅雨の晴れ間風に言えば、秋の長雨の晴れ間と言うべきか?
空は青く晴れ渡り少なくとも試合中は雨の心配はないらしい。

既にリーグ戦は残り5試合を残すのみだが不甲斐ない試合が続いて
来季のACL出場圏内も難しい。
4位に滑り込んで鹿島か川崎がリーグと天皇杯の2冠を取れば行けるが・・・と思うことも馬鹿らしくなった。
鹿島よりは川崎に取って欲しいと思ってはいるが多分4位ってこともないんだよな。
昨日の兵六には川崎サポのおっさんが来ていたが何も話をしなかった。
色々話ができたはずだが間にサッカー嫌いのSさんがいたこともあって遠慮してしまったかな。

さてあと8時間で試合が始まる。
グループリーグの後は済州戦、川崎戦と第1戦で負けて2戦を迎えていたが
今回は1-1で引き分けてホームに戻ってきた。
普通に考えればかなりのアドバンテージになるはずだが、逆に難しいところだ。
とにかく先に失点したくない。先制点を取りたい。
神戸戦を回避した槇野と遠藤にはしっかり守備をやってもらいたい。
久しぶりの李忠成が途中出場でゴールを決めることにも期待したい。

降り出した雨の中延長戦を戦い、PK戦で勝利でも全然OKだぞ。
We are REDS!


雨の中の川越祭り

昨日は雨の中をあまり乗り気でないかみさんを誘って川越祭りに行った。

それなりの人出だがいつもと比べれば非常に少ない。

駅前からの商店街も苦労せずに歩くことができた。

雨を避けてなのか展示場に停まったままの山車が多かったが頑張って曳いている山車もあった。


どうも歴史的に価値のあると思われる古い山車は雨を避け、新しいのは動いているみたいだった。

ビニールシートで覆われた山車。これは多分志多町。どこも人形は出ていなかった。


それにしても寒すぎるぜ。

神戸戦 1-1引き分け

開始4分、相手GKのロングキックに後ろに走った宇賀神が相手選手に競り負けて失点。
また、開始早々の失点。馬鹿か!とTVの前で叫んでしまったぜ。
先発メンバーを見て左右のサイドバックは宇賀神と森脇かと不安になったが
その通りに結果になってしまった。
それでも開始早々の失点は追いつける可能性は高いからなと言い聞かせているうちに
宇賀神の強いシュート(自分のプレーに怒っているような)を矢島が触って追いついた。
でもそれだけで失速してしまうんだよな。
決定的な形はほとんど作れないまま、神戸の守備を崩せず、プレッシングに押されることも多かった。
結局、お互いに前半の得点だけで試合終了。
浦和は終了間際にCKからあと一歩というところまで行ったがポストに嫌われた。
シュート数は13-6だったが押し込んでいる感じは全くなかった。
神戸の厳しい守備=意識的なファールにもやられていたよな。

勝点3を取って上位に迫りたいのに勝ち切れない試合が多い。
全く情けない。怒りが湧いてこない自分にも情けない。
水曜日はACL上海戦なんだぜ。中3日きっちり準備してくれ。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。