どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

CS第1戦 1-0 鹿島に勝利

厳しい試合だった。
最後はボールを弾き返すだけになったがPKの1点を守り切った。

前半は浦和がポゼッションでもシュート数でも鹿島を上回った。
鹿島のシュートは1本だけ。
でも浦和も決定的な形は1回くらいだった。
どちらも球際で激しく戦っていた。

後半は早い時間に鹿島に決定的な形を作られたが西川が止めてくれた。
興梠が倒されたPKを阿部が決めたがその後は鹿島の時間になった。
柴崎岳が入ってからは押されっぱなしだったよな。
後半は浦和のシュートは1本くらいか?
最終的にはポゼッションは五分五分でシュート数は5-11だった。

土曜日もしっかり戦ってCWCに連れて行ってくれ。
年間勝点差15あるチームに負けるわけにはいかないぞ。

今日も非番だったので試合開始まで時間が持たない。
なので浦和の図書館に行ったんだがついでに調神社にも寄ってきたぜ。
昼飯は大宮に戻って必勝ルーティーンの「なごみ」にしたぞ。



スポンサーサイト



雪の翌日の伊豆ヶ岳

正丸ピストンなので8:54大宮発のむさしの号にしたが
西武線が遅れていて正丸に着いたのは11:15だった。
正丸駅はこんないい天気だった。


まずは馬頭観音まで<ゆっくり>を意識して歩いたが胸が、背中が、歯が痛い。
どうなることかと思ったが馬頭観音に着いた頃には何も感じなくなっていた。
途中、沢沿いに泊まっていた車の傍に内臓を処理され血抜きされたらしい鹿が転がっていた。
シカ肉は食べたことはあるがこんな状態で見るのは初めてだ。




亀岩(長岩)経由で行くことにしたが途中の杉の植林のところで雪が解けた水滴が降ってくるし
時々雪の塊が落ちてくる。
行きと帰りで1回づつ直撃された。



1月か2月以来の伊豆ヶ岳だったがいつもの平日より人が多いんじゃないのか?
雪が降ると人が来る伊豆ヶ岳なんだよな。
正丸ピストンなんてのはいなくてほとんどの人、グループが逆方向から来ていた。

カップ麺とランチパックを食べたがランチパックの包装がパンパンだった。
851mでもこんなになるんだ!?と驚いた。
今まで何度も来ているがおにぎりしか食べたこと無いもんな・・・

ガスも出てきたので山頂にいたのは30分くらいだったが
武甲山方面から重機が石を崩すような音が聞こえていた。
帰りは軽アイゼンを装着して同じコースを通って正丸まで歩いた。


アイゼンをつけるのも外すのもタイミングが難しい。

帰りはスマホで川越線か西武線かをジャッジして川越経由で帰ってきた。
まあ、無事に歩けて良かった。








CS決勝は鹿島が相手だ

年間勝点で鹿島に13差をつけている川崎が負けてしまった。

一発勝負とはいえそれはないよという結果になってしまった訳だ。

全くこのレギュレーションはどうしようもない。

昨日、浦和は明治とトレーニングマッチだった。

45分×4本で 5-3だった。

レギュラー組は4-1で興梠と武藤が2点づつ決めた。

学生相手だがいいトレーニングだったと信じたい。

去年のCSは2位の浦和が3位のガンバに延長戦で負け

(今年のレギュレーションなら引き分けで浦和が勝ち抜けていた!)

決勝では広島が勝って年間勝点1位=リーグチャンピオンを証明した。

今年は浦和レッズがそれを証明したい。

1戦目はTV観戦だがホームはホームタウン優先販売の抽選に当たってチケットをゲットした。

何としても勝ち抜いてCWCに進みたい。





日曜日は納骨だった

日曜日も暖かかったが今日も暖かかった。

朝のTVでCS準決勝についてやっていて大久保と植田が出ていたらしいが

どっちも負けろとかみさんが突っ込んでいたら地震が来たそうだ。

津波は大したことがなくてよかった。

一昨日は義姉の納骨で湘南新宿ラインで一路辻堂へ。


無宗教なので霊園の石屋に頼むだけだ。

親父、お袋、兄貴の骨壺が入っているけどあと3つは大丈夫らしい。


「K太とY介が入っておしまいになんないように頑張ってくれよ。うちも同じようなもんだけど。」


みんなうけてくれてよかった・・・




埼玉も東京も紅葉だ

流経大とのトレーニングマッチを見に大原まで歩いた。
30分4本を1本目の途中から3本まで見た。
15分くらいに流経大の選手が2枚目のカードを貰って退場になった。
おいおい、どうなるんだと思ったら代わりの選手が入った。



さいたま新都心まで歩いて昼飯を食べた。
ケヤキ広場はこんな風だった。



上野公園は人で溢れていた。
修学旅行の中学生に外国人観光客、俺みたいなおじさんやおばさん。



東照宮から



弁財天を経て御徒町まで歩いた。



ネットでは開店情報が見つからなかった「味の笛」を見に行ったら開店していた。
マグロとタコの刺身(350円)でビール(250円)を飲んだ。
ビールのコップが小さくなった気がするがどうなんだろう。

神保町まで歩いて兵六へ。
無双2本と炒豆腐で引き揚げてAと一緒に浅野屋に行った。
浅野屋もいつになく混んでいてよかったねという感じだった。
更にAの気になっていたという上野駅のハイボール酒場で一杯やって別れた。

豆苗の自家栽培は1週間でこんなになった。
今日の昼飯で喰ってしまおう。


死闘、激闘、天皇杯4回戦

3-3
PK戦 1-4

ロスタイムに追いつかれて延長に突入した。
延長でも先に点を取ったが終了近くにまた追いつかれた。
結局、3回のリードを追いつかれてしまった。
最後は川崎の攻撃を何とかしのいでPK戦になったが
浦和にもう力は残っていなかったというところか。

開始20分くらいは浦和が押し込んだがその後は川崎に時間になった。
パスミスが多かった。
柏木のパスは何度も相手にカットされてリズムを失った。
決して球際で負けてたわけじゃなかった。

勝てる試合だったし勝たなきゃいけない試合だった。

後半開始から高木→李に代え、その後、柏木→青木、武藤→ズラタンと代えた。
先制点は森脇のロングパスに走り込んだ興梠が相手DFに勝ちGKもかわして決めた。
大久保のPKで追いつかれたが、李のHDシュートをGKが弾いたボールがオウンゴールになった。
ここで試合を終わらせたかった・・・
ロスタイムにオウンゴールした相手選手のクロスを森本に決められてしまった。

延長戦でも青木が李とのワンツーを決めたが最後のパワープレーで追いつかれた。
両チームとも足がつる選手続出で文字通りの死闘、激闘だった。
レフェリーの笛にも両チーム不満が募りCSもあるんだから遺恨を残さないように
レフェリングしてくれ、選手もプレーで魅せろなんてことを思いながら見ていた。

誰のせいとは言いたくないがズラタンは効いてなかったな。
最後の失点(もしかしたら2点目?)もズラタンのパスがカットされたところから始まったはずだ。
サイドにフリーの選手がいたのに無理やり中にパスを出した感じだ。
時間を使いながらチャンスをうかがう戦いが出来なかったのかと悔いが残る。
まあ、攻勢の中でもう1点取って突き放していればとも思うけどね。

次はCS決勝だがリーグ戦終了からCSまで間が空き過ぎる。
リーグ戦の勢いとは関係ないところで「年間チャンピオン」が決まってしまうんだ。
選手はCWCに必ず出るんだという強い気持ちを持ってCSを迎えてくれ。
CWCをモチベーションにしてコンデションを上げてくれ。

またチケット争奪戦だ。
頑張るぞ。

くそ猫と水道局

先日プランターにタマネギの苗を植えたが掘り返した柔らかい土が気に入ったらしく

近所のくそ野良猫のトイレになってしまった。

ざけんなよ!

勘弁してくれよ・・・

タマネギの苗と一緒にチューリップの球根も買ってきたんだ。

うちの塀の前のセットバックしたところに植えたんだが水道工事で植えた三日後にボロボロにされた。

山茶花の枝を少し切るかもしれませんとの話だったが全然違っていた。

死んだじいさんから数えれば100個近いチューリップが植わった場所が

1メートルくらい掘り返されたんだからな。

ハナズオウなんて抜かれてしまったぜ。

埋め直せますけどどうしますか?だとざけんなよ!

居合わせたさいたま市水道局の職員にチューリップ代と慰謝料持ってこい。

1000円で勘弁してやるぞ!

自腹で払ったりすんじゃねーぞ、領収書書いてやるからちゃんと持ってこい!

いい奴そうだったので「担当に連絡します」の言葉を信じたが連絡はない。

俺は、こういう関係での人を見る目が無い!徹底的に無いんだよな。

水道局もしくは大宮駅西口まちづくり事務所はくそ猫と同じだぞ、コノヤロー


昨日飲まなかった・・・

今日は早番から帰ってすぐに新大平下駅そばの店で買ったミニピーマンとシャウエッセン炒めを作って飲んだ。

味付けはコンソメと塩、どちらも少々だ。


明日は天皇杯4回戦の川崎戦だ。

俺的にはどうもモチベーションが上がらない。

これではいかん、というので飲んでいるんだ。

CSを考えれば負けるわけにはいかない。

ここで負けてCSで勝つというほど器用な浦和レッズではないだろう。

明日はTV観戦だが昼に「なごみ」で一人総決起集会をやったるぞ。




太平山、やっぱり紅葉には早かった

去年の御岳山も今頃で紅葉には早かった。

今年もやっぱり駄目だった。

東武アーバンパークライン(面倒くさい、野田線だろ!)の急行に初めて乗った。

大宮を出ると春日部までは岩槻に止まるだけだ。

時間は15分ほど、便利になった。

春日部駅のホームで電車を待っていると「しんちゃん電車」がやってきた。


新大平下駅から歩くとまず星の宮神社というきれいな名前の神社があった。


次は客人神社、何て読むんだ?きゃくじん?、かくじん? 正解は「まろうど」だった。


神社よこの山道を歩き階段に合流してしばらく登った。

謙信平の端から筑波山が見えた。


茶店でかみさんはうどんを俺は蕎麦の昼飯を食べた。

名物の卵焼き、焼き鳥、だんごも注文した。

店の前のここだけは紅葉していた。


太平山神社はなかなか立派だった。


奥宮も見たいとかみさんは強気だった。


山道を歩いて浅間神社に向かった。


浅間神社の裏が太平山山頂だ。


さらに厳しい山道を下って大中寺まで歩いた。

上杉謙信と北条氏康がここの和尚の仲介で和議を結んだとあったので来たかった。

古びたままの大きくて立派なお寺だった。


帰りは栗橋からJRで帰ってきた。

蹴りの電車の中でトランプ勝利を知ってびっくりポンだった。














ファイト餃子から兵六へ

3連休の2日目、前日の喜びを胸にぶらぶらと歩いた。
スマホでMAPを見ながら王子からまずは巣鴨のファイト餃子へ。
これで訓練すれば俺の方向音痴も少しは改善されるかもしれない。
2時少し前に店に入って餃子10個(450円)と瓶ビール(630円)を頼んだ。
2時から準備中になって入れない人もいたので間に合ってよかった。
そっか、「ホワイト餃子」つうのはこういうものか。
半分をラー油で普通に食べ、残りを胡椒にしてみた。

御徒町経由神保町を考えていたが時間も押してきたので直行にした。
途中、前から気になっていた吉祥寺によってみた。
越後村上藩(堀某が藩主の頃なので江戸の前期の頃だ)の屋敷があった場所だという説明板があった。
この間の白河もここも村上が出てくるな。

トイレを探しに東大に入り構内のローソンで救われた。
駒場には(ホロ付きトラック!で)一度行ったことがあるが本郷は初めてだった。
広い、でかい、人も多い、外国人も多いという印象だ。

六義園の近くでMAPを見ながら歩いていたら電信柱に激突した。
じじいがスマホを見ながら電信柱にぶつかって・・・全く情けない。
「特に地図は止まって見ろ!」との下の娘のアドバイスを受け入れる。

2週間ぶりの兵六はほぼ満席が続いた。
Wさんとも会えてよかった。
真人君からは「浦和が優勝して本当によかったと思っている」と言ってもらった。
そうだよな、今の浦和の戦いは他のクラブ()選手・サポから見ればうらやましいに違いないよな。
ミシャ時代の広島戦で飛び込んできた槇野(だったと思う)に決められて
何で最終ラインの選手がここにいるんだと思ったことや
昔のジュビロ戦でしぶとく守っていた浦和守備陣が飛び込んできた藤田俊哉を捕まえられずに
に決められたことを思い出す。
(こんなことをやれるチームになりたいと思った)
これも昔の強かった頃、川崎戦の後だったと思うが相手監督が負けたのに浦和を批判したことがあった。
あんなサッカー(ゴール前を固めて前線の個人技で点を取る)でいいのか、
勝てばそれでいいのかみたいなことを言われたんだ。
そいつは「お前ら日本のサッカーの向上に何の貢献もしてないじゃん!」といったんだと思うが
まあ確かにごもっともだった。
それから十有余年、紆余曲折を経て今の浦和を見てくれと言えるよな。絶対!

一昨日、代表の挨拶には盛大な拍手が送られた。
10年振りにブーイング無しの最終節だったんだろうか。
俺ははったり感が全くないこの人は初めから嫌いじゃない。
社長、一緒にアジアに行こうぜ、そして世界を目指そうぜ。


ダメかと思った年間勝点1位

大宮駅東口で昼飯を買ってから美園に行った。
東口に下りたところでいきなりFC東京のユニを着た小さな子供に出会って幸せな気持ちになった。
そうか、大宮はFC東京をホームに迎えるんだ。
どっちも頑張ってくれという気持ちだった。

浦和美園駅前、いい天気だ、そしてどんな展開になるんだ?
勝てるよな・・・


マリノスサポはどんなモチベーションでこんなに来るんだろう。


地味だ、地味すぎる、これだけ?CSが本番だってか?


試合開始、頼むぞ!浦和レッズ!やってくれ!


前半開始から浦和のボールポッゼッションは圧倒的だがシュートに持ち込めない。
そのうちマリノスが押し返しだしたがどちらも得点できずに前半終了。

後半、ワンタッチの短いパスが何本も通って関根が強いシュートを打ち
GKがはじいたボールに詰めた柏木が決めた。
これで決まりだ、もう1点と思ったが2点目は遠い。
ボールを奪ってもパスが通らなかったり、すぐに奪い返されたりで落ち着かせることができなかった。
そんな中、ロングボールに走り込んだマルティノスに決められてしまった。
多分、槇野と関根が見ていたはずだが追いつけなかった。
槇野がボールに行けばクリアできた気もするがどうなんだろう。
最後は関根がかわされた形になった。
関根は試合後もずーっと悔しそうだった。
いいぞ関根、その気持ちがあればもっと上に行けるぞ。

追いつかれてこりゃダメだと思った。
浦和はやっぱり勝てないのか・・・
追加時間にボールを持った西川が蹴らないのでこれはいけるのか?
そして試合終了で李が両手を上げていた。


前半で2-0とリードしていた川崎はガンバに追いつかれ逆転されていた。
年間1位は難しい。
いやルバンも難しかった。
なんでもタイトルを取るのは難しいってことだ。

試合終了でいきなりこれが出た。
年間1位がチャンピオンだというアピールなんだ。
なかなかやるもんだぜ。




オーロラビジョンだとよく分かる。


今年のレギュレーションでは年間1位はCS決勝にシードされるだけだが
3年前なら、そして来年ならこれでチャンピオン確定=終了じゃんってことをアピールしてる訳だ。

引き分けでも今日は歌った We are DIAMONDS.


少し落ち着いて天皇杯、CSに臨みたい、というのは俺のことだ。
チームはCSに合わせてコンデションを上げくれ。
CWC出たい、勝ちたい、浦和レッズの名前を世界に轟かせたい。

ところで一月前にスマホに代えたんだが埼スタでは全くつながらなくて
川崎ーガンバの情報を見れなかった。
狭い地域でアクセスが集中して云々なんだろうか?
イオンモバイルだからなんじゃないの?とかあちゃんは言うが回線はNTTドコモなんだよな。
一体どうしたんだよと思っていたら南浦和では使えた・・・
分からん。
ちなみに入場者数は56,841人であった。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2016-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。