どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

隅田公園の桜

昨日はかみさんと初めて隅田公園に花見に行った。
桜は満開には程遠かったが隅田川を眺めながら
花壇のふちに腰かけて弁当を喰いビールを飲んだ。
当初の予定では浅草から水上バスで浜離宮へ行って昼飯の予定だったが
1時間半待ちですという案内を聞いて諦めた。

公園内を桜を眺めながらぶらぶら歩くとそこにも水上バスがあった。
これは東京水辺ラインの浅草二天門乗り場というやつでさっきとは別物だ。
ゆっくり歩いて10分くらいなんだがこっちはがらがらだ。
浜離宮にも行けたが隅田川沿いを一回りして桜を眺めるコースにした。
 ↓これは言問橋をくぐるところ


屋形船も行き交い、向島(多分)のきれいどころが乗ったのや
演歌の小金沢なんとかの新曲キャンペーン船で賑わっていた。


浅草から浜離宮は好きなコースで何度も行ったことがある。
昔はこんなに混むこともなく楽に乗れたんだよな。

桜橋を渡ると船から見た通りこっちの方が咲いている。
 ↓さすがはアサヒビールの地元だ、これは花見バージョンか?


川の両岸が隅田公園なんだがこっちは神社もあって雰囲気がいい。


 ↓スペーシアとスカイツリー


 ↓「うんこビル」に映るスカイツリー


上野まで戻って人で溢れかえる上野公園を通り


寛永寺を抜けて谷中墓地から日暮里駅で歩いてかみさんとの花見が終わった。
 ↓これは寛永寺にある彰義隊の命名者で彰義隊で戦った人が記した奮戦の記録の碑
  

写真を見ると桜というよりスカイツリーだよな。
どこからも見えるんだからしょうがないのか・・・

スポンサーサイト



FC東京とのトレーニングマッチ

うちのチューリップが一つだけ咲いている。


品種はレッドインポッシブルだ。

大原は両チームのフアン・サポーターで賑わっていた。

 ↓駐車場には両チームのトラックが止まっていた。
 

代表で不在のメンバーを除けば両チームともベストメンバーの先発だと思えた。

浦和はこんなメンバー。

    大谷(だったと思う)

 森脇 永田 橋本

梅崎 青木 阿部 宇賀神

  李       武藤

     興梠

東京ベンチ側で見ていたんだが早い時間の梅崎のゴールにガッツポーズをしてしまい

何だか恥ずかしかったぜ。

梅崎のゴールはクロスなのかシュートなのか分からなかったがゴールに吸い込まれたんだ。

最終的には1-1だった。

45分の3本目はないと思うが残っている人がかなりいたのでやったのかもしれない。

でもメンバーがいないよな。

FC東京は石川はいなかったが平山はいた。

前半と後半ではメンバーもかなり変わり攻撃の勢いがなくなった気がする。

J1同士の試合をただで見れたんだからぜいたくは言えないか。

来週が待ち遠しいぜ。

 ↓大原の桜はこんなものだった。まだまだだ。


うちの近くの国際短大はこんなだった。


谷中墓地から上野、御徒町へ

昨日は兵六へ行った。

まずは日暮里駅から谷中墓地へ。

一番咲いているのでこんなものだった。


モンシロチョウだと思うが少し早くないか?


そのまま上野公園まで歩いた。

これは芸大近くのオオシマザクラとシャガ




上野公園で一番咲いていたソメイヨシノはこれだ。


アメ横の「肉の大山」で半額の大生をと行ってみたが、花見シーズンのため半額サービスなし。

じゃあ御徒町の「味の笛」で生とハーフ&ハーフにしようと思ったが

「仮店舗の営業は終了しました。今秋にまたお会いしましょう」という張り紙があった。

打ちひしがれ、腹も減り、風も強く、歩く気もうせて電車で御茶ノ水へ。

兵六では、ビール1本、無双2.5本、餃子、イワシのパン粉揚げで引き揚げ。

このところ俺が行く日は空いていることが多い。

三省堂でこれを買った。


奥武蔵は俺のホームグランド(偉そうだが)だからな。

歩きまわってやるぜ。

その前にコンパスを使えるようにならなきゃな・・・

湘南に勝利 2-0

早番を終えてビールを買って帰ってきた。
(本日は5%引き且つポイント5倍なので結構忙しかった)
飲みながら4時からの試合に集中するつもりだったが
かみさんの父親の実家からいとこが線香を上げに来た。
明日はかみさんがそっちの家に線香を上げに行き
今はもう自家用にしか作っていない野菜をもらって帰ってくる。
お彼岸、お盆ときっちりとそんな行き来をしているんだが
それも二人の世代で終わってしまうんだろうな。

そんなことで前半は集中できなかったが
李のシュートが決まった時は話の途中で二人して小さな声を上げた。

後半は来客も帰り再びビールを飲みながら試合に集中した。
攻守の切り替え、球際の激しさでも負けずに
セカンドボールもほとんど拾って湘南を押し込んでいた。

2点目はゴール正面でパスをつないで最後は興梠が決めた。
相手にダメージを与える浦和らしいゴールだった。
もう1点取って試合を決めて欲しかったが
危なげなく時間が過ぎて2-0で勝利した。

パスも回るようになったし、スルーやフリックも出るようになってきた。
2週間中断するのがもったいないが、その間に更に精度を上げてもらいたい。

試合後の監督インタビューで監督は解説の福田に
(浦和は強いが)だからと言ってロングボールを蹴るようなことをしたら
湘南じゃなくなるみたいなことを言っていたと思う。
ビール3本目の俺はここでうるっと来てしまった。
いいぞ、貴裁、湘南の勝利を願ってるぞ。

花粉症よりACLだ

久しぶりの青空で気温も高い。
うちのハナズオウのつぼみも膨らんできた。

それにしても今年の花粉は厳しい。
去年は市販の3点セット(鼻炎スプレー、目薬、喉スプレー)で乗り切ったんだが
昨日、医者に行って飲み薬と鼻炎スプレー、目薬を処方してもらった。

そんなことより本題だ。
昨日のACLグループリーグ第3戦のアウェー広州恒大戦は
2点先行されるも追いついて2-2の引き分け。
勝点1をもぎ取った。
後半40分過ぎ、攻めあがった槇野のクロスをズラタンが胸で落とし
興梠が決めた。
残り数分はドキドキだったが最後のCKを何とかしのいで引き分けた。

興梠の同点シュートには久しぶりにTVの前で夫婦して絶叫してしまった。
”NO FOOTBALL NO LIFE”とどこかのサポが断幕を出してるけど
本当にそうだ。

次のACLは4/5埼スタで広州恒大との連戦になる。
かあちゃんも公文を休んで行く気になったようだ。

入場者数は48000人超の完全アウェーだったが、
スタジアムは真っ赤でチャントも同じようなのが多かった。
レッズの選手にとってはプレッシャーでも何でもないよな。

このグループは広州恒大が抜けて2位を他の3チームで争う展開だと思っていたが
3試合を終わって広州は2分1敗の最下位で
浦和が2-0で勝ったシドニーが勝点6でトップにいる。
ホームで広州恒大に引導を渡してシドニーに乗り込みたい。

広州恒大は強かった。
得点はどうしようもないジャッジによるPKで2点目もハンド絡みらしいが
レッズがセカンドボールを全く拾えない時間も長かったし
決定機を何度も外してくれたので助かったところもある。
しかし相手DF陣を崩して作った決定機は浦和の方が多かったはずだ。

日曜日は休む間もなく湘南戦だ。
頼むぜ、浦和レッズ。


福岡に勝利した 完封だ

勝てて良かった。


福岡だから勝てたと言う気がしないでもないが
得点はきれいな形だった。
やっぱ「なごみ」での一杯は効いた!のかもな。
(瓶ビール、酎ハイ、ナポリタン、ゴーヤちゃんぷる、シシャモで1200円だったような)

1点目は森脇のいいサイドチェンジを
左で受けた関根のクロスを興梠が決めた。
李は合わなかったが潰れた分前が空いたんじゃないか。
磐田戦ではサイドチェンジは全くなかったんだよな。

2点目は左からの梅崎のクロスだった。
梅崎消えてるなと思っていたがきっちりアシストしていたんだ。

興梠の2得点はとてもいい。
エースとして15点くらいは決めてもらいたい。
武藤と二人で30点は取ってくれ。


今季初めて路線バスで行った。
早咲きの桜や梅やコブシが咲き、花桃も咲いていたかな。

 ↓埼スタとコブシ


 ↓福岡は遠い。入場者数28000人弱、さいたま市も遠いのか?


 ↓福岡サポは暖かい


選手紹介はトイレに行っていて水輝には間に合わず
堤はベンチ外、井原には小さなブーイングを送った。

コンビネーションはまだまだのところもあるが勝つことが大事だ。
次はACLグループ最下位の超金持ちクラブ広州恒大戦だ。
勝点を持ち帰ってくれ。


行くぞ、埼スタ 会いたいぜ、水輝

やっぱり行くことにした。
次のホームはしばらく空いてしまうし、入場者数も心配だからな。
俺一人増えても大勢には全く関係ないけどね。

「なごみ」で昼飯代わりに一杯やって気合を入れる。
去年はこのパターンで勝てた気がする。
酒飲みの言い訳みたいなのもだけど。

かみさんは土曜日も仕事なので埼スタ14時は非常に厳しい。
なので今回もパス。
(濱田)水輝に会いたかったなと言いながら出かけた。
代わりに俺が愛を込めたブーイングと拍手を送ってやるぜ。
堤にも、井原にもだ。

初めから飛ばせ!
先制されたら勝てないのを自覚しろ!
ピッチの中で躍動して攻守で圧倒しろ!

We are REDS!



K君から貰った「上海の螢」

去年の5月にK君から欲しいのがあったらやるよとメールが来た。

厭世(鮎川信夫)
最後のコラム(鮎川信夫)
時代を読む(鮎川信夫)
現代詩作法(鮎川信夫)
詩人 金子光晴(金子光晴)
夢を植える(清岡卓行)
上海の蛍(武田泰淳)

この中からどうぞということだった。
人生整理期に入っていますとコメントもついていた。
整理期には違いないがあんまり過剰に思わない方がいいのではと返事を出して
「上海の螢」をもらったが机の上に放りっぱなしだった。

(まるで○○○のバックヤードの隅に放置されたカートのようだ)

先月やっと読んでメールを送った。

「去年もらった「上海の螢」をやっと読みました。
 よかった、面白かった。
 
 兵六の親父さんは同文書院を出て上海の日本租界の役所にいて
 内山書店に出入りして魯迅にも会っている。
 その縁で兵六には今も魯迅の写真が飾ってある。
 「司馬遷」を読んで卒論をでっち上げたことまで思いだしてしまった。
 
 武田泰淳がかみさん(百合子さん)と出会ったのがランボー(今のミロンガ)だったしね。
 そんなこんなでよかったです。
 
 ではまた会いましょう。
 お元気で。」

 ↓こんな箱入りのハードカバーで980円!発行の昭和51年は1976年か・・・大昔だ 


蛍といえば学生の時、学徒援護会の北海道でバイト(援農)しようというやつで
襟裳岬の近くで昆布採りをしたことがある。
バイトの学生同士の飲み会が終わって道を歩いていると蛍が目の前を飛んでいた。
バイト先の漁師のおかみさんに話すと北海道に蛍はいないと一蹴されたが
でもなあ確かに俺には見えたんだよ。

さて雨ばかり降っているが今日も遅番である。
明日の試合はどうしようか?まだ迷っているんだよな。




情けねえぞ 浦和レッズ



入り方が緩かった。
高い位置からプレッシャーを掛けるんじゃないのかよ。
攻撃的にいくんじゃないのか?
マッチデープログラムでミシャは「時々ブレーキをかけながら」と言っている。
時々ではなく初めからブレーキがかかってたよな。

それにしてもあのバックパスからの失点はないだろ。
情けない、みっともない、恥ずかしいプレーだった。

帰り道、おばちゃんの二人連れが「相手をずーっと格下だと思っているからあんな試合するんだよ」と話していた。
おっしゃる通りだ。

43800人のフアン、サポーターにみっともない試合を見せたことを忘れんじゃないぞ。

 ↓ブーイングの嵐

 ↓試合開始前は暖かかった。帰りは花粉でボロボロになったけど





早番終わって兵六へ

昨日は早番だったので終わってから兵六へ行った。
途中下車して上野から肉の大山へ。
3時-5時は飲み物半額!これはでかい。
大生620円が310円というのは素晴らしい。
アジフライとやみつきコロッケで550円という安さだ。

兵六では常連たちがうちの娘と鹿島サポのSさんを結婚させるプロジェクトというので
勝手に盛り上がっていた。
あんなしょうもない娘でもこんなところで役に立ってる?んだからまあいいか。
Sさんはあんなにごっついやつだが高校時代にアニメクラブを立ち上げたほどのアニメ好きらしい。
インファイトに知り合いがいるような鹿サポでも俺は全然問題ないけどね。

W、Aも顔を出し、Aとは浅野屋で定番のビールと玉ねぎフライで一杯やった。
2代目の俊一さんの息子もたまに顔を出すらしくかっての痩身の美青年も今は太めの中年男だそうな。
まあ兵六に来るようになったのはいいことに違いない。

今日はうちの女3人はイオンにフルーツポンチを見に行った。
なので俺は飲みながら 鹿島ー鳥栖と川崎ー湘南をチャンネルを切り替えながら見ている。
前半終了で川崎ー湘南は 3-3だ。
本当にサッカーは分からない!

明日はホーム開幕の磐田戦だ。
連勝しかないぞ、浦和レッズ!

 | HOME |  »

Calendar

« | 2016-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。