どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

Jリーグ開幕 柏に 2-1で勝利

遅番から帰ってスカパーの再放送を見た。
試合は既に1-1で柏のパス回しに翻弄される浦和の映像が流れていた。
パスを奪われてから喰らった柏のカウンターは早かったがバーに救われた。
まあ武藤の胸で押し込んだ幻のゴールもあったが
相手の監督の言うようにどっちに転んでもおかしくない試合ではあった。
それでも浦和のデフェンスは確かに固くなった気がする。
PA正面辺りで相手選手をフリーにすることもなく
打たれたシュートはことごとく体に当てていた。

広島は川崎に負け、ガンバは鹿島に負けた。
次節磐田にもしっかり勝ちたい。
その前に浦項からも勝点を取りたい。

それにしてもゴール裏の裸の男の多さは何だ?!
鹿島スタジアムのゴール裏かと思ってしまうぜ。
 ①柏のゴール裏に対抗
  →柏ゴール裏にはそんなやつはいない
 ②着ていたTシャツが認められず仕方なしにあるいは抗議のために
  →そんな情報はないみたいだ
 ③いい天気だったので脱いでみた
  →そんなに暖かだったか
 ④開幕戦なので気合を入れた
  →まあここら辺が妥当か

それにしてもあんまり見たいもんじゃないよな・・・
女でもだよ。

明日から早番だ。
寝るぜ。




スポンサーサイト



シドニー戦を録画で観直して・・・

シドニーは引いてブロックを作って全く前からプレッシャーを掛けてこない
とは思っていたが・・・
何と5バックだったとは驚きだ。
それも5-4-1の9人でブロックを作っていた。
相手の監督はベガルタ仙台時代に浦和戦での0-4の負け試合を最後に解任されている。
そのせいなのか浦和をリスペクトし過ぎだろ。
引いて守ってパスを奪ってカウンター狙いだろうが
浦和がラッキーな形で先制したのでプランが狂ったんじゃないか。

槇野は相手が出てこないので無理して縦パスはいれなかったと言っている。
俺はそれをもっと攻めろ、点を取れと思いながら見ていた訳だ。

勝てて良かったが2点とも相手を崩して決めたゴールではない。
レフェリーは笛を吹き過ぎだがそれにしてもFKを与え過ぎた。
広州恒大、浦項ならセットプレーでやられたと考えた方がいい。

アウェーの浦項、広州恒大の連戦を無敗(引き分けでいい)で乗り切ってもらいたい。

明日はJリーグ開幕、柏戦だ。
中二日と厳しいけど、頼むぜ、浦和レッズ!

埼スタの帰り、浦和美園の駅にシドニーサポがいた。
「力」に行くのかと一瞬思ったぜ。
アウェーの広州恒大戦は浦和サポは一括チケット購入、同時入場だそうで
スタジアムへのチケット付き送迎バスへの予約が必須らしい。
これじゃサポ同志の交流も何もあったもんじゃないよな。
広州、広州、くそったれ! だ。

もう一つ思うことはACLで「日本」を強調し過ぎだ。
スカパーでも韓国、中国との戦いと言っているが
リーグを代表するクラブ同士の戦いなんだからな。
ACL用のユニに国旗を入れるなんてのはJリーグだけなんじゃないのか?
俺(等)はアジア王者を目指して中国超級の広州恒大やKリーグの浦項スティーラーズと戦うんだぜ。
国と国の戦いという風に話しを持って行くんじゃねえぞ。

 ↓昨日の朝はこんなだった。シドニー選手もびっくりポンだよな。



開幕はACL、相手はシドニー

いつ頃からか浦和は最終戦をホームにするためにリーグ戦の開幕はアウェーだ。

ACLもアウェーが続いていて開幕戦がホームなのは何年か振りになるらしい。

だから私も行く気になったんだとかみさんが言ってた。

夜の埼スタに向かうというのはあんまりない。


何となくいけそうな気はしていた。


シドニーサポは2,30人か? ようこそ埼スタへ


前半7分に武藤のゴールで先制したがその後は攻撃のエンジンがかからない。

先制してスローダウンしているうちに追いつかれる、更に逆転されるというのはもうトラウマだ。

しかし、シドニーも前からボールを取りに来ることもなかった。

これなら永田も安心して見ていられるってもんだ。

何度もあったセットプレーを凌いで前半終了。

後半途中から出た興梠が自分が倒されたPKを決めた。

試合は西川の好セーブもあり、そのまま2-0で終了。


前からの守備は良かったが攻撃はパスミスも多くまだまだこれからだ。

土曜日の柏戦と来週の浦項戦に向けて調子を上げてくれ。

 ↓遠藤航が埼スタデビューした


 ↓MOMは武藤、青島麦酒もらえたのか?!


 ↓何はともあれ勝てて良かった。今季初の We are Diamonds.


  ↓滅茶苦茶寒い水曜日の夜、天気予報も悪い中まあまあなんでないかい



ひさしぶりの大原だった

昨日は久しぶりに大原に行った。

練習前の水撒きで虹が出ていた。


ハーフコートを使った試合形式のトレーニングはネットに張り付いて見た。


ちょうど関根が右サイドを駆け上がる場所だ。

迫力が違う。

明日の試合もやってくれ。

絶対勝たなきゃダメだぜ。


李がいなかったのが心配だ・・・


帰り道、「大宮操の桜」を見てきた。


緑色の小さい鳥が群れていると思ったらメジロだった。(写真には写っていない)






全く何をやってんだよ!

あの押尾学が昨日は楽しかった!とJリーグの選手との写真付きでSNSに書き込んだ。
柏木と李忠成とガンバの岩下が写っていた。

2-1で浦和の勝ちだ!?
だがしかし、こんなところで勝ってもしょうがねえ。いや情けない。

この時期に押尾学と一緒に写真を取るサッカー選手がいるとは心底呆れる。
そしてそれをこの時期(来週はACLとリーグ戦の開幕だ)に載せる押尾って奴はJリーグに恨みでもあるのかね。

まあ岩下ほど柏木も李も嬉しそうじゃないのが救いだが、これはサポのひいき目ってもんかもしれないな。

さて今日で3連休も終わりだ。
一杯やってから Talking REDS 2016 に行こう。
開幕前に<切り替え切り替え>って気分だぜ。


 ↓ハナズオウの枝にとまってつぼみを啄むヒヨドリ


 ↓山茶花に移って咲き残った花を食べるんだと思ったが人に驚いて飛んで行ってしまった
  手前の花は浮釣木、これは食べないみたいだ

かきでぇら訪問の翌々日

2日続けての勤務が終わってバドワイザーの瓶を飲みながら一息ついている。
(この間読んだ「村上ラジオ」にアメリカじゃビールは瓶だと書いてあったのでね)
明日から3連休なので兵六へと思ったが、かあちゃんの秩父に行ったばっかりでしょ!の一言で轟沈。
なので兵六は明日、今日は火曜市で買ったセロリで作った浅漬けを喰いながら家飲みだ。

土日は秩父は大滝のKさんちにお邪魔したんだ。
2月の大滝はまあ寒かったがそれ程でもなく、翌日は滅茶苦茶暖かい日だった。

小屋の前はこんなだ。


ストーブは良く燃える!そして暖かい


かきでぇらには泊まらなかったが酒を飲んだ。


この酒は旨かった。(包装の新聞は埼玉新聞だった!)
つまみは「缶つま」だ。
この後、K家へ戻ったがしばらく記憶がない。
夕食はKさん手打ちの蕎麦だったが旨かった。
細さ加減がちょうどよかった。
大和田にあった食堂(「沈火」だったような)の蕎麦が好きだったがそれを思いだした。
Kさん、蕎麦屋もいけるぜ。

翌日は冬の大滝を案内してくれた。
これは中津川の氷壁


こっちは三十槌の氷柱


その途中、初めて栃本で車を降りた。
斜面の畑はインパクトがある。


さらば、秩父、シャッターチャンスを逃し電車に隠れる武甲山。
仲見世はリニューアルされて日帰り温泉も出来るそうだ。


夜、奥さんが入れてくれた湯たんぽが気持ちよかった。
それで昨日は子供が小さいころ使っていた湯たんぽで寝たがやっぱり気持ちよかった。
気持ちが休まる、癒されるという感じだ。
電気敷毛布とは何かが違う気がする。
今夜も湯たんぽに決定!

庭に咲く福寿草


ユガテ経由で日和田山へ

3連休2日目はのんびりとハイキングにした。
この間と同じく、むさしの号に乗り秋津から西武線で武蔵横手で下車。
五常の滝→北向地蔵→物見山(昼食)→日和田山→高麗もしくは高麗川という計画だ。
まあ、一番の目的はSOTOのバーナーを使ってみることだ。

杉やヒノキの植林された道をのんびり歩て行く。


 ↓こんなところにつららが・・・


五常の滝。


 ↓雪のダメージは大きい


西武鉄道のハイキングマップを見誤りユガテまで行ってしまった!
この石碑には、右 権現堂方面、正 横手方面、左 湯ケ手方面とある。


この場所を間違えてもう少しユガテ方面に行ってから北向地蔵へ行けると考えてしまった。
相変わらず地図の読めない馬鹿な奴だ。
一気に下って沢を超え登り返し更に沢を超えて梅が咲きユズの実るユガテに着いてしまった。


そこからエビガ坂から北向地蔵と考えたがまた道が見つからない。
ここで飯を食べて落ち着くことにした。

SOTOのバーナーはクッカーとボンベのセットになったスタートキットというのを¥5980で買った。
amazonは早くて安くてポイントもつく。
でも今回もカップ麺は固かった。(このカップはでかいよな)


この猫は大人しい、食い物をねだることもなかった。


落ち着いて山と高原地図の「武蔵・奥秩父」を開いて現在地を確認して行動開始。
あった!


民家の軒下を通って鎌北湖方面へ歩く。
エビカ坂で本日最高峰のスカリ山(434.9m)に向かう。
 ↓これは偽スカリ山?あるいは前スカリ山?への急登


北向地蔵では車で来ていた老夫婦が階段を降りてくるところだった。
杖をついたばあさんをじいさんが手を引いて助けていた。
じいさんがお参りできて良かったねとばあさんに声をかけていた。
なかなかいい感じだった。



物見山は巻いて日和田山へ、女坂を下ってカワセミ街道を聖天院前まで行き
ガタガタ橋を渡って高麗川駅まで歩いた。
 ↓琴平神社の鳥居から見た巾着田。名前の由来がよくわかる。


スタートは10時20分、フィニッシュは15時55分。
奥武蔵ハイキングは奥が深い。




まるごと日本、そして豆まき

 ↓まるごと日本から見たスカイツリーと五重塔

俺の3連休の初日がかみさんの休みだったので、話題の「まるごと日本」に行ってみた。
1階は全国から取り寄せた食材を売っていて面白かった。
価格が普通なのがいいんじゃないか。

浅草寺界隈は人で溢れていたが仲見世を歩く人の7,8割は外国人だった?
若干大袈裟か?いや、そうでもないだろう。
昔、休日に行ったときは参拝者も少なく、おかまはいたが外国人はいなかった。

入口の小さい賽銭箱の前には2列の行列があった。
奥にはでかい賽銭箱があるんだけどね。
最近の日本人は何でもきちんと並びすぎるんじゃないか、お寺も神社もラーメン屋も。
それにしても2礼2拍手1礼されちゃ観音様もびっくりポンだよな。

上野駅構内で魚はちょっとの上の娘とキュウリはダメよの下の娘のために
3つの店で恵方巻を買った。

毎年感心させられるんだがかあちゃんは豆まきを頑張る。
ひいらぎにイワシの頭を刺してうちの周りに置き(野良猫に喰わせてやり)
福は内、鬼は外と豆を撒く。
俺の仕事は頭の無いイワシを焼くこととかみさんの後ろで豆を拾うくらいだ。
今年は娘の部屋では、娘は外と言ってやったけどな。

今年も2月になってしまった。
年を取るのはあっという間だ・・・

浅草寺の煙は俺の頭じゃなくて浦和レッズの缶バッジとミサンガの残骸にかけてやったぜ。
強い子になれ、浦和レッズ!



 | HOME | 

Calendar

« | 2016-02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。