どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

鹿島戦 2-1、ローストビーフ重は旨かった


鹿島神宮駅から20数分後にスタジアム行きの電車が出るようだったが
直通でないのなら歩こうかと駅を出た。
ここはスイカが使えないので駅員がスイカをリーダーで読んで精算していた。
バス乗り場の案内人に道を聞いたが、すぐにバスが来るというので方針変更。
バスでスタジアムへ行う途中の左側の森は鹿島神宮の杜なんだろうか?

11時15分にスタジアムに到着。
開場は12時からなのでまだ時間がある。
とりあえず、信号前の売店で時間をつぶしたが
ここでも人気店は煮込みを買う人の行列ができていた。
一番端っこの空いてる店でまず一杯。
タイ人のおばちゃんがおしんこをサービスしてくれた。
ソーセージ200円、ビール500円だった。


スタジアム内は生ビールは700円だ、日産スタジアムもそうだったっけ。
埼スタ600円は良心的か・・・
もうここでタイ料理の弁当を喰っちまおうとも思ったが
最初の方針通りスタジアムグルメに挑戦だと入場待ちの行列に並んだ。

5ゲートから入場してイーストの通路のすぐ上の席を確保した。
レッズサポ、アントラーズサポ混在である。

まずは、「よってげ家」の煮込み小300円とベーコン串500円、
ビールは違う店でモルツの500㎖で600円にした。
煮込みはネギたっぷりでいい感じだ。
ベーコンは旨くて量も多い。
さすがカシマスタジアム!グルメスタジアムと言われるだけある。


飲みながら浅田次郎の「天切り松闇がたり 第三巻」を読んで時間をつぶした。
全く、浅田次郎には泣かされるぜ。
なかでも『初湯千両』にはな。


さて昼飯は「厨カフェ」のローストビーフ重だ。
俺はローストビーフは特に好きでもないんだが旨かったぜ。
500円でこの旨さは十分すぎる。
埼スタの業者ももっと頑張らなきゃいけないよな。
酎ハイ400円は別の店で買ったが、氷は無しだった!


カシマスタジアムからは海が見える。
鹿島臨海工業地帯には昔、仕事で一月くらい来たことがある。
ちょうど40年くらい前のことだ。

そろそろ試合開始も近いので枝豆200円と酎ハイ400円、これは店で作るやつで氷入りだった。
やっぱこうじゃなくちゃいけない。
 ↓普通の枝豆だったがなんだか旨い気がした。


最後に生ビール700円。
ところが試合開始早々床に置いたカップを倒してしまい、それが開いていたザックの中に入って
しばらくは後始末で大変だった。
ほとんど飲んでないのによう、なんでカップホルダーが無いんだよ!600円くらいは捨てちまったぜ。


アントラーズのロゴ入りカップで4杯のビールと酎ハイを飲み干し、1杯のビールをほぼこぼし切り
勝つしかねえだろ、浦和レッズ!

 ↓アウェーでよくこれだけのコレオができるもんだ。正面からならもっときれいだろう


開始早々、鹿島に鮮やかに崩されて失点してしまう。
おいおいどうしたんだと思ううちに、浦和も早い攻撃からパスがつながり
宇賀神のクロスを逆サイドを走り込んだ高木が蹴り込んだ。
どんな展開になるんだ?オープンな打ち合いになるのか?

攻められた、やばいシーンが何度もあった。
しかし西川が何度もナイスセーブで防いでくれた。
思わず鹿島サポに向かってガッツポーズをしたみたいでサポが騒いでいたが
それ程乗っていたんだろうし会心のセーブだったんだろう。

試合は思わぬ形で2点目が入った。
曽ヶ端が何故か落球!目の前にいた興梠が蹴り込んでそれが決勝点になった。
シュート数は鹿島が3倍近く打ったらしい。
鹿島にしたら納得のいかない結果だったろう。


広島が勝って5差は変わらないが鹿島との差は2に縮めた。
残り全勝で2ndも取りたい。
そうすればいやでも年間1位だぜ。

 ↓We are Diamonds.  ゴール裏の上の左端にハートの12がいる。


次節鳥栖戦は久々にかあちゃんと参戦、いや観戦だ。
チケットは「ウラワ・ザ・チケット」にした。
当たれSS!



スポンサーサイト



鹿島戦前日

お互いにとって正念場だ。

鹿島は2ndは広島と同率だが得失点差でに2位落ちた。
年間3位の東京とは勝点差6、CSの出場権を獲得できるか、
残り6試合必死だろう。
下手をすればACLに出るには天皇杯に優勝するしかなくなってしまうんだからな。
浦和は2ndでも1位になるために上位の鹿島をたたいて差を詰めたい。
2ndも優勝して完全年間1位を勝ち取りたい。

昨日から雨が降っているが、おかげで土曜日の雨マークが消えた。
行きは、大宮から鹿島神宮(カシマスタジアム)まで2000円の最安コースにした。
日暮里から京成線の特急で成田まで行き、またJRに乗り換える。
7時半に電車に乗って着くのは10時50分くらいか。
カシマスタジアム駅は試合がある日だけの臨時駅だ。
時間はあるが金はないっつう3時間の電車の旅だ。
帰りは東京までの高速バス(1830円)、大宮までは550円だ。

前回はアウェー自由席だったので行動が制限されて有名グルメは食えなかった。
今回は気合を入れて喰ってやるぜ。
ついでに鹿島も喰って勝点3もゲットさせてもらおう。

そう言えば水曜日、家に帰ったら大宮の試合をかあちゃんが見ていた。
浦和サポではあるが生まれも育ちも大宮だよなと改めて思ったぜ。
その試合にリーグ戦初出場の塩田が出ていた。
よかったね、塩田、ナイスセーブも結構あったし、加藤には悪いがしばらく代わっていいだろ。
石川は今季絶望だが、あんたは頑張ってくれ。


さて雨をついて仕事に行くか。
出勤は残り4日である。




墓参りから権現堂へ

上の娘は夜通しのアニメイベントでいない。
下の娘はかあちゃんの言い草が面白くなくて行かない。
なので夫婦二人で墓参りに行った。

いい天気なので日差しは厳しい。
上を見れは秋の空だ。
桜の葉の黄葉も始まっている。

東武戦を乗り継いで幸手まで行き、権現堂まで歩いた。
初めての権現堂は曼珠沙華(ここでは彼岸花とは言わない)見物で賑わっていた。
何故かコスプレーヤー達がそこいらじゅうで仲間内で写真を取ったり休んだりしていた。
真っ白な白髪頭のばあさんを一瞬、コスプレーヤーかと思ってしまった。
 ↓動かないので人形かと思ったらコスプレ青年だった


赤とんぼを捕まえてかあちゃんに自慢しようと思ったら
かあちゃんも捕まえていた。
残念!


秋はヤモリの繁殖期なんだろうか?
爬虫類の交尾は生々しく他の生き物とはちょっと違うよな。
ヤモリになりたくはないがうらやましいってか。


清水を圧倒、浦和レッズ 本当に強い、

清水を圧倒した 4-1

槇野が出場停止だったが代わりに出たのは誰になるんだ?
と先発メンバーを見て思った。
スカパーでは宇賀神が槇野のところに入るいつのも3バックとなっていたが
試合開始後すぐ違うと分かった。
ナビスコでもやった4-1-4-1だったらしい。
まあ見ていてわかったのは阿部が最終ラインにいることくらいなんだけどね。

OGで先制したが鄭大世に頭で叩き込まれて追いつかれた。
(森脇のゴールに修正されたみたいだ)
前半は1-1で終了。
後半はシュート数でも追い越されて西川のナイスセーブもいくつもあったが
サイドチェンジのパスに追いついた関根のクロスをフリーで走り込んだ興梠が決めた。
次は武藤がPA内で難しいシュートを決めて3点目。
ロスタイムには武藤とのワンツーから柏木が決めた。
清水は浦和と同じだけシュートを放ちよく戦ったが最後は力尽きた。

NHKのJリーグタイムが福西だったせいか、
これって強いときのジュビロなんじゃないかと思ってしまったぜ。
浦和も頑張っていた試合で真ん中に飛び込んできた藤田に決められたことがあったのを思いだした。
この3試合、浦和レッズは本当に強いぞ。
1stよりも強いだろう。

ACL組のガンバと柏は松本と山形にそれぞれ引き分けた。
広島は昨日鳥栖と引き分けた。
次節鹿島戦で勝って2ndを獲ることにも望みをつなげたい。

秋晴れ

久しぶりの青空だ。
 (つたの葉っぱが虫食い状態だ。犯人はカナブンを二回りくらい小さくした緑色に輝く甲虫だ)

否応なく気分も晴れてしまう。

うちのヒガンバナも咲いた。

今日は清水で来週は鹿島とアウェーが続く。

来週は鹿島まで行くつもりで今週は兵六も自重した。

それでかあちゃんも勘弁してくれるだろう。

残り7戦を無敗で、出来れば全勝で行きたい。

柏戦を見ればそんなことも考えたくなる。

まずは今日だ。

清水を圧倒して勝ちたい。


安保法案について

柏戦の日に浦和美園駅前で「九条の会」つうのがビラとティッシュを配っていた。
トラメガでアジっていたおやじが「サッカー観戦できるのも平和があるからです」みたいなことを言っていた。
俺はそれを聞いて滅茶苦茶むかついてしまった。
その前を通り過ぎるときビラを渡そうとしたおばちゃんがよけたくらいだ。
日の丸と旭日旗を掲げて李忠成に指笛を鳴らした浦和のサポとはこいつかと思われたのかもな。
でも違うぜ。
安保法案を推進する安倍自民党や公明党もサッカー観戦できる平和を守るためというんじゃないのか。
サッカーサポは<馬鹿>に違いないが、浦和のサポが特に優れて馬鹿なわけじゃないぜ。
浦和サポが特に反動的でも差別的でもなく、数が多いだけに普通の民衆の政治意識、国家意識を
象徴的に表していると考えることは出来るだろうけどな。
安倍のくそ野郎もこいつらも、全く人を馬鹿にするのもいい加減にしろと言いたい。

TVのコメンテーターや芸人で「法案を全部読んで反対してるのか」とか「反対は平和ボケ」とか
言ううやつがいるらしいが、普通のまっとうな大衆、民衆がそんなもん読むわけねえだろ。
俺はまっとうなところからは少しだけ道を踏み外しているが読んでねえよ。
適当な内輪話でTVで喰ってるやつが<平和ボケ>とか言うんじゃねえぞ。
ボケはちゃんと漫才やってからにしろよ。

俺は安保法案に反対だがそれは、自衛隊が外国で戦争することを許すからだ。
そのことを通して日本国家の枠組みを強化し<普通の国家>になるからだ。
安倍はアフリカ辺りで戦い、戦死した自衛官に内容のない美辞麗句をささげたいに違いない。
そうして日本も本当に自由主義陣営の仲間に<血を流す>ことで加わったんだと宣言したいんだろう。
このくそ野郎とつくづく思うぜ。

レッズのHPに「振り旗解禁のためのミーティング」のお知らせが出ていた。
あのくねくねといやらしく振られる旗のことだ。
デカ旗、断幕解禁から日の丸と旭日旗は復活していて不快だ。
それとなんで自分たちのグループ名を出したがる奴らが多いんだろうとも思う。
ゴール裏中央で日の丸と旭日旗のセットで振られたいたくね旗が復活するなんてのは絶対見たくない。

俺の好きなハートとの12の旗を再掲する。
柏戦では試合開始までは南ゴール裏の後ろにいて、その後は北に移動していた。
山田の引退試合のときには12が6になっていた。
これだろ、クラブへの愛がなきゃ何も始まらないんだぜ。





柏に1-0、正当な勝利だった

前半、圧倒的に攻めながらゴールを割れない。
興梠は3本くらい決定機があったが菅野に止められた。
他にも2,3本の決定機はあったんじゃないのか?
この勢いなら後半必ず点を取れると思いつつも勢いを失い、
カウンター一発で失点という悪夢も頭に浮かんでしまう。

後半もハードワークしてよく戦ったがシュートは決まらない。
しかし柏の攻撃は前からの守備と絶対裏は取られないという最終ラインの頑張りで跳ね返していた。

これだけ相手を崩し裏を取り、攻めて攻めて、でもゴールだけが決まらない。
これで勝てないのは正当ではない、不当だろとそんなことを思いながら見ていたぜ。

興梠→李
武藤→青木
関根→高木

最後に交代した高木が決めてくれた。
高木の浦和での初ゴールが最高の形で生まれたんだ。
正当な勝利だ!そして勝てて良かった・・・

柏は中3日でACLでアウェーの広州恒大戦だ。
頑張ってくれ。

↓試合前の埼スタ、前半に少し雨を降らせたのはお前か

↓毎度おなじみの那須の元気玉です

↓88分、勝てて良かった

↓久々の文化シャッター

↓ゴール裏挨拶

↓浦和サポの鏡、ハートの12と旗を振るサポのおっさん

↓We are Diamonds

↓フアン、サポに手を上げて応える高木


雨中の戦い 次に繋がる、繋げろ

戦う気持ちは見せてくれた。
金曜日の柏戦につながる戦いを見せてくれた。

ミシャも5点取るために無謀とも思える超攻撃的な陣形を組んだ。
かみ合わずボロ負けという危険もあったと思うが
選手はハードワークしてよく戦った。
前半はワントップの武藤にボールが収まらず、シュート1本のみ
新潟は2つあった決定機を決められなかった。

後半開始からワンボランチの青木に代えて李を入れて活性化したが
柏木が青木の位置に入るんだから守備が心配だった。
しかし柏木は献身的に走る、守備も攻撃もだ。
終了間際?に柏木が左サイドの奥まで走り込んでボールを受けたシーンがあったが
これはもう、本当に頭が下がる、すげぇと言うしかないものだった。

後半10分にCKから阿部が決めて先制。
直後に宇賀神のクロスを李が押し込んで2点目。
李とのワンツーを受けた阿部が倒されたPKを阿部が自分で決めて3点目。
関根のシュート性のクロスに反応した武藤のシュートは枠を外れた。
たらればだがこれが決まっていればとミシャも言っている。

2戦トータルの結果は、3-5で敗退、今年もナビスコはダメだった。
しかし雨の中でハードワークし、気持ちでも新潟に勝っていた
それがあるから新潟のシュートは枠を外れ、大谷のナイスセーブという<運>にも恵まれた。
(大谷のナイスセーブを運と言っちゃ申し訳ないか)
前述したがこの戦いは必ず今後のリーグ戦につながるに違いない。

先発時の4-1-4-1
    武藤
梅崎 柏木 高木 関根
    青木
宇賀神 阿部 那須 森脇
    大谷
リーグ戦でも使うことがあるんだろうか?

ヒガンバナの茎が出ていた。もうそんな季節になったんだ。
雨は全く当たらず、水やりもほとんどしていないという悪い環境なのにね。



うな鐵で飲み、埼スタを日和る

うだうだと考えたが結局今日もTV観戦となった。
本日、雨をついて埼スタ参戦しなきゃと思いつつこの結果は情けない。
さっきまで「うな鐵」でうなぎ焼き7本コースで中生を2本飲んで帰ってきたが
天皇杯でヴェルディと対戦する何人もの大宮サポとすれ違った。

飲み代は自由席当日券+交通費よりは少なく、+生一杯よりは1500円くらい少ない。
ということもあり、降り始めた雨を理由に勘弁してもらおう。

「うな鐵」は先日Aと飲んだ時には一杯で入れなかった。
昨日もウナギを喰って気合を入れようと思ったがカウンターも埋まっていたので諦めたんだ。
まあ、ウナギは旨かった。特にかぶとが柔らかくてよかった。
今度はうな丼も喰わなきゃな。

後から入ってきた青年は焼き鳥を6本とつまみひ一品にうな重を頼んでいた。
酒はなしだぜ、これって孤独のグルメの影響じゃないのか。

さて、7時からはナビスコ新潟戦の2戦目だ、金曜日の柏戦=リーグ戦につながる戦いを見せてくれ。


非常に厳しいっ!新潟にボロ負け

0-5!で負けた。
マリノス戦の 0-4に続く完敗であり惨敗だ。
やばいぞ、俺の頭の中ではダメな方向にどんどん妄想が進んでしまうが
そこまで心配することはないと言える根拠は何もない気がする。

ダメだ!ダメすぎる!

前半はどっちも慎重というか固い入り方だった・・・これがカップ戦かという。
シュート数もお互い2,3本だった。
ところがロスタイムに与えたFKの早いリスタートに対応できずに失点。
DF3人が追いかけたが間に合わなかった。

後半は攻めるシーンもあったが怒涛の4失点で完敗だった。
完敗、大敗、惨敗、全部が当てはまるまれにみる敗戦だ。
日曜日、5点差以上の差をつけて勝つ可能性はゼロではないが
まあナビスコは終わってしまった。
ナビスコがダメ、○○○も、結局○○○○も、更に○○○の出場権も取れない。
妄想は一気に膨らむがそれはトラウマがあるからだ。
一昨年も去年もナビスコの敗退から悪夢が始まったんだ。

かあちゃんはTVを見ながら控えの選手はみんな淡泊だと言っていた。
永田は相手選手に並走しながら難なくシュートを打たれて決められてしまう。
その後の森脇のスライディングを見ればその通りだと思う。
PA前でDFが(これも永田?)軽いスライディングをかわされて決定機を作られた。
ゴールを決められたかは覚えていないが、最終ラインが何で一か八かのプレーをするんだ。

0-3から李、橋本、平川を同時に代えて、高木、宇賀神、関根を出したが効果はなかった。
李と高木のゴールは遠い・・・というか武藤も梅崎もダメだった。
シュート6本だからな。

こういう試合を見せられるとレッズのダメなところは根底では何も変わっていないと思ってしまう。
とりあえず6日は次につながる戦いを見せてくれ。





 | HOME | 

Calendar

« | 2015-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。