どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

昨日は新年会だった

兵六の前に都庁の32階の食堂で遅い昼飯を食べた
亡くなった兄貴の息子が都庁の食堂で飯を食うことがあると言っていたので気になっていたんだ

山手線で日暮里まで行き御徒町で一杯やりながら神保町まで歩き
5時ちょうどに兵六に入ってテーブル席を確保した
沢田さんに続いて、嶋田さん、関さん、みさ子さん、土岐さん、商学部の2人、伊藤さん、京子さん、
そして神原さんで全員そろった
土岐さんは浜中さんの介護施設の地図を印刷してみんなに配って会いに行ってやってくれと言っていた
神原さんには年賀ということで神原商店の手帳と消える蛍光ペンをもらった
帰り際に京子さんが転んで頭を打ったので大事をとって救急車を呼んだ
大きな病気もしているしもう酒は無理なんだろうな

今朝は雪が降っている
朝からこの位降っていれば二日酔いを押して近場の山に行くつもりだったが
起きた時は小粒の水っぽい雪がわずかに降っているだけだった

スポンサーサイト



1年後に読めた「永続敗戦論」

去年の2月に図書館に予約した「永続敗戦論―戦後日本の核心」だが今月ようやく順番が回ってきた
今でも予約は205人となっている
最後の人は1年経っても読めないだろう
しかしこれだけの人が関心を持っているんだから日本もまだまだ捨てたもんじゃない
でも多分60歳台が多いんだろうな
 

「韓国、台湾の(反共)軍事独裁政権が冷戦の最前線を担ったことで
日本の戦後民主主義が存在出来た。(アメリカに)許された」
との指摘には痛いところを突かれた
 
平和憲法も民主主義もアメリカに与えられただけで勝ち取ったものではない
大体、新左翼は戦後民主主義を欺瞞として批判・足蹴にしてきたんだからな
 
まあ無理せず考えることは続けるよう
 
今日は暖かい
さあ風呂掃除して仕事行くぞ
 
 
 
 
 
 

初山歩き、伊豆ヶ岳

いろいろ考えたが今年初めての山歩き
とりあえず伊豆ヶ岳、どこから登ってどこに降りるか
西武線の電車の中で正丸から亀岩経由に決めた
途中、すれ違った青年2人連れが「上は雪が多いので注意してください」と声をかけてくれた
どこに雪があるんだと歩くうちに雪が・・・
踏み固められた雪は滑る
アイゼンは持ってこなかったんだ
伊豆ヶ岳は諦めようかと思いながら五輪山に向っていると
アイゼン無しで降りてくる同世代のオヤジに出会い
「アイゼンなくって大変だ」と言っていたが何とか行けると判断した
伊豆ヶ岳を下るときは結構大変だった
帰りは急だがロープがあるからと最短コースを選択した
この時期、アイゼンは必須だよな、反省!

登山道には鹿の足跡があった

時間は以下の通り
10:20 スタート
11:56 伊豆ヶ岳
    お湯を沸かして紅茶とサンドイッチ、お湯が沸くのを待つ間におにぎり一つ
12:20 下山開始
13:26 飯能行にギリギリセーフ
 
帰りに酒を飲むことを前提でコースを考えてしまう
こんなことじゃいかんぞ
 
 

13日の写真が届いた


みんな嬉しそうでいい写真ではないか。
 
塩田はGKだけあってさすがにでかい、そしていい男だ。
 
真ん中の東京サポはともかく、後ろの浦和サポのじじいにはがっくりくるぜ。
 
石川、埼スタで待っているぞ。
 
「愛あるブーイング」を送らせてもらうぜ。

初大原 レッズ始動

昨日の余韻を引きずりながら大原へ
 
今日から浦和レッズのトレーニングがスタートした
 
初日からボールも使い、ランニングも30分走(多分)を2本という厳しいものだった

印象の薄かった加賀も実物を見て「ああ、この髪形だ!」と思いだした
 
武藤はまだ街中であったら分からない
 
復帰組の小島、大谷、岡本もいた
 
ズラタンは鼻がでかい、いや背も高い、でかい外国人がいると何だか安心できる
 
橋本も高木も頑張ってくれ
 
石原もだ、10点取ってくれ
 
青空を見ながら今年も始まったと実感が湧いてきた
 
昨日、兵六には鹿島サポのSさんもいた
鹿島は5冠だ!と彼は言っていた
ACLに優勝で4冠、クラブワールドカップでも勝って5冠だそうだ
俺も負けずに夢を語らなければならない
とりあえずFC東京にも頑張ってもらってJリーグを活性化しなくちゃな
兵六から日本へ、アジアへ、そして世界へ、だ
昨日、石川は真人君に東京がACLに出た時のアウェーユニをプレゼントしていた
いい奴だ、真人君も喜んでいた
 
↓岡本と一緒に先頭を走るユースから昇格した2人
 よいサッカー人生であることを祈る

大原への道の途中にロウバイが咲いていた

見沼用水にはカモが泳いでいた

 
 

FC東京 出会いいろいろ

兵六マスター真人君は召集メンバーをいろいろ考えたらしいが
 
浦和サポの俺は他サポにもかかわらずメンバーに入れたらしい
 
よかった、やっぱ石川はかっこいい
 
何にも言えない東京サポがやっと行動し始めたころ俺もその中に入ってピース!
 
違う!ふぁっく ゆーだべさ
 
後ろに石川がいるということで無双3本もそんなに厳しくない
 
あんまり酔わないんだな
 
石川凄い!
 
大宮に帰って中華食堂で飲み食いしていると斜め前に元会社の後輩T君がいた
 
俺は昔転職したいというT君を引き止めたんだが
 
それは彼のことよりも俺の都合を俺の部署を優先したからだ
 
このところ思い出す後悔の出来事の一つなんだ
 
それが今日偶然会えた、俺は少しの逡巡の後、声をかけることができた
 
会いたかったぜ、T君
 
部長にはなったか?偉くなったか?との俺の問いかけには、
 
部長にはなりました、宮崎工場の工場長にもなったんですがダメ出しで戻されたと言っていた
 
もっと偉くなれ!役員になれ!
 
小憎らしいことにT君は俺の感情いや勘定も払ってくれた
 
T君、また会おうぜ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

浦和レッズの革命 遠くまで行くんだ

アジアの浦和レッズへ
埼スタをアジアのサッカーフアンの憧れの地にしろ。
アジアからの日本ツアーに浦和の試合が組み込まれる
いや浦和の試合を見に埼スタに行くために日本に来る
今は夢かもしれないが現実のものとするためにクラブは本気になれ。

去年の「Japanese Only」を契機にフアン・サポーター一人ひとりが
理想とするサッカークラブをスタジアムを考えることで
無観客試合を何とかしてプラスに転化しなければならない。
「Japanese Only」についての世間の評価は「レッズの馬鹿サポがまたやったぜ」でしかない。
「差別的とも取れる云々」というだけで「思っても口に出しちゃダメだろ」というレベルだ。
今Jリーグのスタジアムには普通に日の丸が掲げられ旭日旗やそれをデフォルメしたものが存在している。
問題の2014年3月8日の鳥栖戦ではゴール裏のフェンスに日本人と大書された日の丸が二つ
旭日旗を真ん中に挟んで掲出されていた。
これはこの試合以前から張り出されていたがマスコミ含めて問題にされていない。
いつからかゴール裏中央ではくねくねの長いポールに日の丸と旭日旗がついたものが2本、
対で振られるようになっていた。
俺にしたらこれこそが「Japanese Only」の元となったものだ。
明らかに意図をもって日の丸と旭日旗をスタジアムに掲げる奴らがいたってことだ。

何故問題にしない?
クラブは昨年、一切の旗、断幕を禁止した。
もしかしたらクラブは問題にしたのかもしれない。

遠くまで行くんだ
クラブは国境、国家を超える
埼スタから一切の国旗を無くせというのが俺の考えだ。
どこの国のリーグで自国の国旗を振ってクラブに声援を送ってるんだ。
国旗を振りたい奴は代表の試合に行け、オリンピック、ワールドカップで我慢しろ。
各国リーグのクラブはその国の代表ではなくリーグの代表だ。
ACLでも日の丸を振るやつが出てくるがそれは違う。
<日本>ではなく<浦和>なんだぜ。
日本の代表ではなくJリーグの代表なんだぜ。
クラブもそうだ、何でACLユニに日の丸を入れるんだ、入れるなら八咫烏だろ。
とにかく俺はスタジアムでどんな形の<愛国心の発露>も見たくない。
サッカーでプレーで熱くなりたい、熱くさせろ。
浦和のサポでよかったと心から思わせてくれ。
プレーでスタジアムを興奮の坩堝にしてくれ。
浦和サポは熱い、俺たちはいつだって熱いガソリンだ、火がつくのを待っているんだ。

浦和レッズの革命  全世界を獲得するために

半世紀前!の恥ずかしくなる見出しだが俺はマジだぜ。
 
2014年、浦和レッズは7年ぶりのリーグ優勝のために
ナビスコと天皇杯の2つのカップ戦を捨てて戦ったが
ほぼ手中にしたシャーレを最後の大失速で失ってしまった。
リーグ戦や国内カップ戦で四苦八苦するそんな状況に終止符を打ち
Jリーグの名実ともに「ビッグクラブ」となってアジアと世界に出て行こう。
ACLで優勝してクラブワールドカップでも決勝の舞台に立つ
そして南米やヨーロッパのクラブを打ち倒す
それが俺の「全世界を獲得する」だ。
 
今まで「ビッグクラブ」といういい方には大きな抵抗があった。
それは「ビッグクラブ」でも何でもない浦和にそんな言い方をすることだけではなく
Jリーグに本当に必要なのかと思ったからだ。
ACLでは2007年浦和、翌年のガンバ大阪以来、日本のクラブチームの優勝はない
それどころか決勝にも出られない状況が続いている。
その後、昨年までの間にKリーグは3クラブ、中国Sリーグは広州恒大が優勝したし
創設2年でAリーグのウェスタンシドニーがタイトルを手にした。
アジアのサッカーの世界は変化している
もうJリーグの戦いで一喜一憂しているときではない。
そんな状況ではないんだ。
 
Jリーグ、ナビスコカップ、天皇杯カップのどれかのタイトルは必ず獲る、毎年獲る
そしてACLの常連にならなければならない。
昨年、Kリーグでは現代全北が、中国Sリーグでは広州恒大が圧倒的な強さで優勝している。
我浦和レッズもそんなクラブにならなければならない。
結果はもちろん試合内容とスタジアムの雰囲気でも他クラブを圧倒してJリーグを牽引し
アジアのサッカーの先頭を走るそんな浦和レッズを目指したい。
 
ところでスケジュール表に今季の日程をすべて記入した。
2・25 ACLの水原三星(アウェー)から始まり翌1・1天皇杯決勝までだ。
代表は4冠をとると言っている、OKだ、やってもらおうじゃないか。
開幕戦はアウェーの湘南が相手らしい。
坪井と直輝が出てくればいいが、というか直輝はレギュラーを掴め!必死でやれ!
湘南サポから<湘南のハート>とチャントをもらえ!
 
 
 
 

呪いのミサンガ・・・浦和レッズ

2013年、浦和レッズが3冠奪取を願って配ったミサンガ、実はただの紐

リベンジのために今日まで付けていたが止めた
 
ほどくのも面倒なのではさみで切ってやったぜ

これが2015年初の俺の<レッズ初め>だ
 
2年続けての最終版での大失速、特に昨年はまともなチームならシャーレを掲げていたはずだ
 
全くどうしようもない選手と監督だった
 
今まで俺は圧倒的にミシャを支持してきたがガンバ戦の采配を見て
 
長谷川健太との違いを思い知らされて考えが変わった
 
選手もダメだが監督もダメだ、と
 
選手も弱っちいが監督も弱っちいと
 
今年は2月からACLがありゼロックがあるが日程が厳しいと言い訳するな
 
プレミアは中1日でもやってるぞ
 
さあ飯を喰って仕事だ・・・
 
 

 | HOME | 

Calendar

« | 2015-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。