どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

よく歩いた一日だった・・・

一昨日はよく歩いた
 
まずはシーノの図書館で本を返して借りて
ダイエーでBIGとTOTOを買い
大宮公園で桜の状況を確認(結構咲いてる、花見OK)
参道を通ってさいたま新都心のイトーヨーカ堂へ
明治村の魚屋でホンビノス貝とシシャモを買い
カタクラで苦土石灰5kgを購入
鉾杉橋近くの団子屋でだんごも買った
家に帰ると娘たちは出かけていた
 
すぐにかみさんからパート先まで洗濯物を持ってきてくれの電話
ダウンの入ったでかい袋を2個持ってすぐに家を出た
冬物クリーニングの割引最終日だそうだ
北与野のサイゼリアで昼飯を食って(中生も)与野フードで買い物
ビールも買ったので重い袋をもって帰ってきた
 
スカパーで神戸戦を見てから大宮公園へ行って花見をした
(ホンビノス貝を焼いていて開始13分は試合に集中してなかった、こんなことではいかん)
大宮公園は古木が多い、去年よりも周りが立ち入り禁止の木が増えていた
 
それにしても本当によく歩いた一日だった
 
さて本日は消費税UP前の駆け込み郵便物が大量にあるそうで
休日買い上げで出勤となった
 
ところでレディースがやってくれた
開幕戦で INAC神戸に3-2で勝った
猶本光のスーパーゴール2本、2本目は90分+2分だった、素晴らしい
INACの代表選手たちも茫然としていた
猶本は去年はあんまり試合に出てなかったので心配していたが復活だ
 
レッズが不甲斐ない戦いをしてるとみんなレディースサポになっちまうぜ
 
 
 
 
スポンサーサイト



神戸戦 1-3

神戸戦 1-3
 
シャドーに入った梅崎がボレーで先制
 
しかし後半、神戸の前線からのプレスにボールを奪われ2失点
 
どうしたんだ森脇、啓太
 
これじゃミシャサッカーがそもそも成立しないぜ
 
それにしてもサッカーに勢いが感じられない
 
DFラインからのビルドアップと言っても行くときは行かなきゃな
 
スピード、力強さでも魅せてくれよ
 
ゴール裏サポ11グループが解散したそうだが普段と変わりなく声は出ていた
 
何となくきれいな声だというのがかみさんと娘の感想だ
 
開幕5試合で 2勝2敗1分の11位
 
優勝するにはぶっちぎりしかないのは去年を見ればわかるだろ
 
この結果は 非常に寂しい。非常に厳しい
 
PS.直輝が6番を背負って初めてリーグ戦のピッチに立った。残り10分だったけど・・・
 

 

神戸戦前日の大原

仕事前に大原へ
グランドの周りの桜はまだこれから

ハーフコートを使ったトレーニングの前にミシャを囲んでミーティング

右サイドの梅崎に飛び出し方なのかDFの振り切り方なのかを指導していた

11時前には引上げ
 
春休みなんだよな、子供が多かった
 
写真はどこかの少年サッカークラブ、女の子もいたけど・・・

前の3人は興梠、李、原口だった

明日はこの3人の先発か?
 
頼むぜ、浦和レッズ
PS.ところでBOYSの解散がクラブから発表された
 

浦和レッズ 『現状と今後について』

クラブから <JAPANESE ONLY>について途中経過と基本的な考え方が発表された。
 
ちょうど今、『吉本隆明の語る親鸞』を読んでいるところなので、それに絡めて言えば
<緊急の課題>としてはこんなものだろうと思う。
しかし<永遠の課題>として考えれば、ナショナリズムをどうするのか
どう扱うのかが問題だ。
今度の問題も背景にあるのはサポーターグループの中に
スタジアムで日の丸と旭日旗を掲げ振ることを目的とした人々がいたことだ。
また埼玉新聞によれば「韓国人選手は取らない」ことでクラブとサポーターグループの間で
暗黙の了解があったそうだ。
(これは昨日図書館で埼玉新聞を読んできたかみさんからの又聞きなので記事そのままではない)
ネット上での噂ではなく埼玉新聞に載っていたんだ。
事実ならクラブこそ最大の<差別>をしていたことになる。
 
俺の考えはJリーグから日の丸(旭日旗)を含むすべての国の国旗を無くすことだ。
前にも書いたけど、<アジアの浦和、世界の浦和レッズ>を目指すクラブに国旗はいらない。
代表は国家を超えられないがクラブは国家・国境を超える(超えて欲しい)というのが俺の思いだ。
スタジアムから国旗を無くすことが<永遠の課題>では勿論ないが、それに向けての議論は
<永遠の課題>について考えることにはなるだろう。
 
吉本は『親鸞から見た未来』で、「90%を占めている人々が、自分たちで考えて自分たちでこうだと思ってやれば、社会というのはそういうふうになる、理想の社会をつくるかつくらないかも、自分たちが理想の社会はこうだと思ってやったらそうなるのだという課題を、永遠の課題として持っているということです。」と言っている。
これは国民の90%が自分を中流と思うという調査結果を踏まえての発言だ。
ゴール裏のコアなサポから<普通のサポ>まで、浦和サポが理想のクラブ、サポ、スタジアムを考えることはできるはずだ。
淵田社長は就任会見でも何よりもコミュニケーションが大切だと言い続けている。
フアン、サポーターとの話し合いの場を設けてもらいたい。
 
これは一昨日の通勤途中の写真
ボケ!(去年と同じ)

畑の中の河津桜?

田んぼ消滅!

春だ!

暖かい。
 
決意なしに風呂掃除を始められる。
 
クロッカスは終わってしまったが、ヒヤシンスは今が盛りだ。

 

空地のフェンス脇にはオオイヌノフグリが咲いている。

ここ数年咲かなかった水仙もつぼみを付けている。
 
今日の風呂掃除は花粉防止メガネとマスクをしてやったが
 
メガネが曇るのでマスクは途中で外してしまった。
 
今日はカメラをもって仕事に行こう。
 

無観客試合 清水戦 1-1

暖かい、今年はオオイヌノフグリが元気だ。
色も鮮やかな気がする。
 
昨日の清水戦は無観客試合。
浦和は入り方が悪かった。
何とか盛り返すもゴールは割れない。
清水のCK?に全く対応できず先制された。
清水の選手を何人もフリーにしながらゴール前には清水の選手が多かった・・・
一体何が起きていたんだ?
 
後半から、永田と関根が出た。
関根の右サイドのドリブル突破からのクロスに李が潰れ原口が蹴り込んだ。
167センチ(多分、160そこそこだろう)、ミシャの評価が高いのが分かる出来だった。
この場面では3人目で出た李忠成の相手DF寄り倒しも効いていた。
李も少しずつチャンスに絡めて来ている。
そのうちやってくれるだろう。
 
ミシャが試合後のインタビューで「差別」について語っている。
旧ユーゴ出身、現オーストリア国籍、自分はセビリア人でかみさんはスロベニア人、
犬猿の仲のクロアチアでもプレーした経験がある自分には「差別」について話せるだろうと。
オーストリアではドイツ語らしくないミハイロ・ペトロビッチという名前を聞けば面白くないと思う人もいるだろう。
差別も経験したきたが、その相手に対しても愛をもってリスペクトをもって接して差別に打ち勝ってきたと言っている。
チトー死後のユーゴスラビアでは民族主義の高まりから血みどろの内戦に入ったわけだが
そんなミシャの言葉は重い。
オシムも内戦の数か月、かみさんの安否が不明だったはずだ。
 
ミシャのインタビューの最後はこうだ。
「どこの国から来ても、アメリカ人でも、日本人でも、良い人もいればそうでない人もいることは分かっています。出身国で差別するのは残念だが、世の中は間違った方向に少しずつ向かっている感じがします。将来を担う若者たちが少しでも良い方向に進んでくれることを私は願っています」
無観客試合で終わったわけじゃない。
「差別撲滅宣言」で何かが変わったわけじゃない。
クラブもサポもこれが始まりなんだぜ。
 
ところで山田直輝はベンチ外が続いている。
どうしたんだ、浦和のハート!
 
 
 

ナビスコ柏戦 1-2

昨日は久しぶりで眺花亭へ行った。
コーヒーを飲みながら「神々の山嶺」の2巻目と3巻目を読んだ。
寄席へ行くらしい眺花亭亭主を残して兵六へ向かう。

水曜日の兵六は空いていた。
浦和問題で若干の盛り上がり。
ナビスコ柏戦のために6時1分に兵六を出た。
無双は1.5本だった、情けない!
7時のキックオフに間に合うんだから御茶ノ水と大宮は近い。

浦和に合わせて3バックを敷いた柏を前半終了間際に崩して先制。
柏木→李がフリック→宇賀神シュート→こぼれ球を梅崎押し込んだ。
今季初めてのコンビネーションで相手DFを崩してのゴールだった。
しかし後半、柏木のファールからPKを決められ
CKからHDで逆転された。
レフェリングに対して両チームとも不満だったらしいが浦和の選手が熱くなりすぎた。
CKのシーンもいつも冷静な阿部までが執拗に抗議していて集中力が切れたんじゃないか。
こんなことから今季の安定した守備が崩れるんじゃないかと不安になったぞ。
プレーは熱く、判断は冷静に!
 
さて日曜日は初の無観客試合だ。
モチベーションを上げて清水を倒してくれ。
 
ところで生まれ変わるといったクラブも、成長するといったBOYSも
まだ何にもやってないだからな。
忘れるんじゃないぞ。
 

広島戦 2-0

じりじりする展開の中、前半終了間際に平川のクロスを興梠がヘディングで決めた。
去年よりもずーっと早い興梠の得点だった。
それにしても難しいのを決めてくれるぜ、あの体のひねり方、頭のそらせ方、
”セクシー東京”に対抗して ”セクシー浦和”と呼ぶことにしよう。
 
後半も浦和の守備は落ちない、最後まで諦めない、
石原にスルーパスが通ったピンチも森脇が必死に追いついて潰した。
ロスタイムには原口が左からカットインしてゴール右上へ得意のシュートを決めた。
さすが浦和の9番、このゴールだけじゃなく原口のプレーには可能性が感じらる。
停滞したゲームを打ち破る力がある。
 
既に交代していた森脇が原口と一緒にサポの近くまで行ってレッドカード(多分試合中の合わせて2枚目のイエロー)をもらっていた。
本当にバカだな、森脇、でも滅茶苦茶いい奴だけど。
スカパーで去年までの広島の選手だった解説者が「引っ込んで出ても目立ちたいんですね」と言ってたぞ。
広島とはミシャが来てからずーっと相性がいいので問題は次の清水戦だ。
次もしっかりとした試合で勝ち点3を取ってくれ。
 
試合後、コールリーダーはこれからもついてきてくれと泣いたそうだが
昨日の勝利とそんなことで曖昧にすんじゃねえぞ。
大体泣くのが気に入らねえ、散々強面で通してきたんだろうが、
泣くのはもっと(俺くらい)年取ってからにしやがれ。
 
クラブの発表については
「浦和レッズは、本事案の発生により、Jリーグの一員、スポーツクラブとしてのその存在意義を失うという深刻な危機に直面していると認識しております。
 本事案に関しましては、当該関係者に厳しい処分を下したうえ、浦和レッズはこれを機会に生まれ変わるということを宣言したいと思います。」
ということを評価する。
これまでのように結局何も変わらなかったという結果にはしないだろう。
フアン、サポの意見を取り込んでアジアの浦和、世界の浦和を目指すスタジアムのあり方を決めてくれ。
浦和の魅力であるゴール裏の多様性(色とりどりの旗とゲーフラ)を残しながらだよ。
 
さてBOYSの声明(お詫びだろ!)だが、広島戦に間に合わせたことが見え見えの内容でせめて発表前に推敲しろよと言いたい。
内容だがポイントは
 ・反差別はBOYS内で申し合わせていた
 ・断幕を張り出すサポグループを止められなかった
 ・浦和の全ての関係者に迷惑をかけた
 ・俺たちはこれからもゴール裏でやっていきたい・・・
もっと壊滅的な文句を言うつもりだったが書いているうちにまあこんなものかという気もしてきた。
応援の基本的な決まり事をどうするか、それがポイントだ。
 
Jリーグの裁定後、初めての試合は旗、ゲーフラ一切禁止の浦和のゴール裏だったがそれも悪くなかった・・・
 

裁定翌日、広島戦前日の大原

を昨日書き込んだのだが「確定」を押し忘れたらしい。
仕事帰りに なごみで一杯やったせいか? 情けな・・・
めげずにもう一度。
 
いつもに比べると若干カメラマンの数が多い気がした。
練習場の周りには取材の記者が何人かいたが、これは普通はないことだ。
10時になって選手が出てきたが、李が出てこないので少し心配した。
放水がカメラマンの方にも飛んできてばらけた時に李登場。

まあ、偶然だろうけどね。最後は関口だったし。

練習はいつもと変わらない、選手もいつも通り。
なのでもっと気合入れろと心の中でつぶやいていた。
ハーフコートを使った試合形式の練習では、李が主力組のワントップだった。

大原に来たのはTwitterで今回の件を発信した槇野と李に心の中でエールを送るためもあった。
サッカーファン以外の人にも関心を持ってもらうために左右で色の違うシューズを履くんです
という勘違い野郎だが少しは見直したぜ、槇野。
 
李、明日は決めろよ!
 
もうハートの12しかないんだぜ。

途中の家の早咲きの桜。

実は帰りがけにTBSの記者にインタビューされた。
まともなことをつまらなくそれもへたくそにしか言えなくて残念、斬り!(旧い)
 

風邪か花粉か・・・

風邪か花粉かはたまた両方か?
 
眼、鼻水だけじゃなく喉も滅茶苦茶痛い。
 
その上Jリーグ初の無観客試合の裁定まで出てしまった。
 
もうボロボロだ。
 
BOYSを構成するサポーターグループはきっちり総括してから解散してもらいたい。
 
俺たち以外に誰がやれるという気持ちもあるだろうが何とかなるに違いない。
 
ゴール裏の熱いサポは浦和の大きな売りであったのは確かで貢献は大きかったし
 
クラブもそれを分かっていたので今までズルズルときてしまったんだ。
 
どこかのチームのように一つのサポータグループがゴール裏を仕切って
 
旗の大きさや色やゲーフラまで統制するのは止めてくれとクラブには言いたい。
 
さまざまな旗やゲーフラが浦和ゴール裏の魅力なんだ。
 
サポと一緒に基本的な決まり事をきっちり決めてくれ。
 
何度も言うけど日の丸を含むすべての国旗をJリーグから追放しろだぜ。
 
さあ、仕事前に大原へ行くぜ。
 
明日に向けてよい準備をして、よい戦いをそして勝利を!
 
 
 
 

 | HOME |  »

Calendar

« | 2014-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。