どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

薬をやめる

昨日は三ケ月に一度の通院の日だった。
 
負荷心電図では明らかに狭心症の症状が出ているというので
検査入院してカテーテル検査をしたが冠動脈には異常なし、
なので「運動依存性冠攣縮狭心症」と診断されてから5年。
 
その後、定年退職し郵便局のパート暮らしになってから
(規則正しい食生活、仕事での適度な運動)
体重が10キロ減り普通に歩いて苦しいことも減り、山も人並みに歩けるようになった。
負荷心電図でも異常が出なくなり「コニール錠4mg」をやめた。
負荷心電図をとるときには家で体操したり室内ランニング10分など
事前に体を動かしてから医者に行ったんだけどね。
朝の9時前に負荷心電図をとったら誰だって胸が苦しくなると思うが
普通に苦しいのと狭心症の苦しさは心電図的に違うんだろうな。
薬をやめた理由の一つは飲んでいてもダメなときはダメというのもあるし
体重減と日々の軽い肉体労働が効いてたので薬は影響していないのでは
という判断もあるからだ。
 
前回、コレステロールも問題ないことを確認したいと訴えて
今回は3ヵ月薬をやめて血液検査をやった。
結果はコレステロールはじめ33項目すべて正常!だった。
(30歳を超えてからは今が一番健康か?!)
なので今回からコレステロールを下げる「ゼチーア錠10㎎」をやめることができた。
 
じゃあ、血流を良くする「ブラビックス錠25㎎」はどうなのよということになり
次回は心電図をとって問題なければ止めましょうということになった。
以前の担当医が2人辞めてしまい今回が3人目なので薬は何となくそのままだったんだろう。
あと20年飲み続けるのは大変だもんねと医者が言っていた。
20年は一般的な話なのか、医者がお愛想を言ったのか、
まあそんなとこなんだろう。
 
さて秩父鉄道も全線開通した。
今日の雨で雪解けも一気に進むだろう。(雪崩は大丈夫か?)
奥武蔵や秩父の山や里に穏やかな春が訪れてほしい。
 
 
 
スポンサーサイト



開幕直前、大原へ

かみさんと連れだって10時に間に合うように大原まで歩いた。
ランニングから始まって柔軟体操で終わり!
この間、30分ほど。
昨日、非公開のFC東京とのトレーニングマッチがあったので
本日はこのメニューなんだろう。
まあ仕方がない。
大原を走る李忠成を見たことでOKにしよう。
(↓練習後の李、左は那須)

残ってボールで遊んでいる選手たち(西川、槇野、原口、山岸、那須、宇賀神)

大宮操の桜は咲き始めといったところ

 

雪の伊豆ヶ岳

8時13分大宮発で正丸へ。
雨具のパンツも持って行こうと思い立ったが見つからない。
考えられる限りの場所を何度も探したが無い!
去年の八ヶ岳の小屋に忘れたのか・・・
諦めて古い雨具のパンツをザックに入れて出発。
慌てたせいかデジカメを忘れた。
おまけに西武線の電車に帽子を忘れてしまった。
そんなことで精神的ダメージが大きい。
 
全線開通したばかりの西武線は数分遅れで正丸に着いた。
いつもと同じか若干多い登山者が改札を出たところで準備をしていた。
みんな考えることは同じだ。
馬頭観音への道沿いの集落では普段は人を見ることはないが、
今日は雪かきをしている人が何人もいた。
おじさんに挨拶して話を聞いたら、この間の雪では80㎝、
前の雪を入れると1m積もったと言っていた。
亀岩経由が無難と思っていたがそこにはトレースがない。
トレースを踏んで最短コースを進んだ。

急坂を超えるまでは雪も固く杉の小枝や葉が滑り止めとなって歩きやすかったが、
超えた途端さらさらの雪になって雪を踏み抜いたり滑ったりで歩きにくかった。
(4本爪の軽アイゼンでは厳しい。6本でも同じか?)


ストック代わりの木の枝が全部埋まるほどのところもあり、150㎝は超えていた。
通行止めの女坂の途中から頂上に向かうコースは厳しかった。(辛うじて標識が顔を出している)

頂上ではお湯を沸かしてカップ麺とおにぎりの昼飯。
空は青く空気は冷たく雪はさらさらだった。

降りるのは登りよりも大変だった。
雪を靴のかかとで踏みつぶしながら滑り降りる感じだった。
それでも時間はいつもと同じくらいか。
 
電車の時間まで駅前の食堂で味噌おでんでビールを飲んだ。
食材配達の青年に店のおばちゃんが、1週間ぶりにレッドアローを見たと話していた。
秩父へはこっちからもあっちからも行けなかったんだよねと青年が応えていた。
 
大宮に戻り日高で一人打ち上げ。

 

開幕近づくなど

来週末は待望のJリーグ開幕だ。
頼むぜ 「浦和レッズ!」
ミシャがこんなことを言っている。
「目標としていることのひとつは、自分の生活の中で難しいことや簡単でないことを抱えていると思う。みなさんがスタジアムに来たときはそういうのを忘れて楽しんでもらいたいと思っている。われわれは必ず良いシーズンにする、成し遂げたい。そのためには皆さんのサポートが必要。」(浦和レッズ Talk on Together2014)
こんなことを言える監督はあんまりいない。(泣いた!)
今年こそタイトルをもぎ取って浦和の街を赤く染めよう。
 
バレンタインデーにパートのおばちゃんから義理チョコをもらった。
何だかうれしい。
おばちゃんが可愛く見えるから不思議だ。
まあ、その時だけだけどね。
 
パート仲間のおっさんが残業で冷遇されている。
みんなに残業がかかっても一人だけ声が掛からないこともあるらしい。
仕事も遅くみんなのペースに合わないこともあるんだがそれとこれとは別な気もする。
 
人生で初めて<金を貯める>ことをしている。
今まで自由になる金は全部酒を飲んだりパチンコしたりで毎月使い切ってきた。
今更時給850円のパートの収入では遅いんだが
どこかの山を何日かかけて歩くか
来年浦和がACLに行くようだったら一人で行きたい。
風俗行っちまうというのもありか?
 
 
 
 
 
 
 

こんなに降るって言ってたか!

予報通り今日は雨になっているが
道路の雪さえまだ消えず、びしょびしょでどうしようもない。
先週よりも歩きにくい家の前の道だが雨の中を雪かきっちゅうのも風情がない?
なのでやらない。
先週の雪の日は連休だったが、今日は仕事だ。
東武野田線は頑張って動いているので行かなくてはならない。
 
昨日の朝、降り始めの雪は湿っていたが帰りには乾いた雪に変わっていた。
踏むとキュッキュッと音がしていた。
今は雨で滅茶苦茶な状況だ。
新聞屋さんのバイクもスパークの間にシャーベット状の雪がついて大変だった。
 
隣家の木の枝が折れた!

空地にはまだこんなに残っている。
こんなに降るとは言ってなかったよな、天気予報士!

 
 

寒っ

寒さが続いている。
仕事に出かける前に何もする気がしない。
朝飯を食ってこたつに入りながらネットを見て寝てしまう。
うーん、じじいそのものだ。
これで仕事をしていないことを考えると恐ろしい。
よく喰い、体を動かさず、毎日酒を飲み、安倍のくそ野郎にストレスが溜まる。
あっという間に数年前の歩けない体になりそうだ。
 
ところで一昨日、小田原に行った。
何年も前から小田原行こうぜとかみさんに言っていたがとうとう実現した。
何だか分からないが憧れの小田原なのだ。
大宮から小田原行きの湘南新宿ラインで2時間弱、
梅の花咲く小田原は大宮よりも寒かった。

小田原から箱根登山鉄道で二駅の風祭の鈴廣で昼飯バイキング
美味かった

ビールが来ないのでもう一皿

小田原城入口
かみさんが学生時代来た時にはこの橋や門はなかったらしい

天守閣から見た丹沢

帰りも大宮まで直通の電車にした。
湘南新宿ライン、素晴らしい。
 
寒いのでサルが団子になっていた
小田原→小田原提灯→お猿の駕籠屋→小田原城にサル なんだろうか・・・

 
 
 
 

今日は雪かき

昨日は予報通りの大雪だった。
午前中に雪の中を新都心まで歩いてユニクロでヒートテックTシャツを買い、
明治村で毛ガニ(580円!)その他、つまみを買った。
ついでにカタクラでシャベルを見たが、プラスチック製は売り切れ
仕方なく金属製のを買ってきた。


昼飯にカニを茹で、下の娘と半分ずつ食べながら酒を飲んだ。
「冷凍よりも美味い」というのが娘の感想だ。
雪は静かに降り続けた。
これが本当の雪見酒だぜ。
 
一夜明けて雪かきである。
昨日のシャベルが活躍した。
それにしても少なくなった家の前ではどこも年寄が雪かきをしている。
まあ、俺もその一人なんだけどね。
 
前の通りまではきれいにした。(ちょうど新幹線が通っていた)

こっち側はいいだろ。

近くの低山へと思っていたが止めてしまった。
少し残念だがしょうがないか。
 

 

上野さんを偲ぶ

昨日は天気予報をはるかに超える雪だった。
ただ道路には全く積もらなかった。
今朝、隣の空き地には薄く積もっている。
 
一昨日は渡辺、浅見、飯田さんに声をかけて兵六に集合。
その前にラドリオでコーヒーを飲んで時間をつぶした。
上野さんがラドリオと縁があったというわけではないんだが
そんな気になったんだ。

5時4分に兵六に行くと既にカウンターはほぼ埋まり
5時20分頃には満員で入れない客がいた。
正人君もうれしい悲鳴を上げていた。
昔、高峰温泉に行った時の写真を持って行ったんだが
その時のメンバーが俺たち4人と上野さんだった。
上野さんを偲ぶのもしばしの間であとは馬鹿話で盛り上がった。
あんまりはしゃいじゃいけないと思うんだがまあいいか。
結局、無双3本を開け渡辺、浅見と浅野屋で2次会。
二日酔にもなるわけだ。
 
今日になっても体が痛い。
家に入ったところで転んだみたいだ。(記憶はないけど)
しばらく大人しくしよう。

 

上野さんが亡くなった

上野さんが亡くなった。
12月27日、享年80歳
奥さんから連絡がきたと渡辺からメールが届いた。
一緒に山の一軒宿の温泉に行ったり、暑気払い、忘年会での
居酒屋、銭湯巡りなど思い出す。
浴衣や着物を着てかっこよかった。
兵六の厳しいときに調理場に入っていたこともあった。
兵六50周年の記念出版では金集め、原稿集めから出版まで中心的に尽力した。
自分用のノンアルコールビールを飲んでいたのはいつ頃だったか。
 
いつだったか自分の手を俺に見せて「そのうちこんなに汚くなるんだよ」とにやにやしながら言っていた。
上野さん、ほとんどそうなってしまったよ。
 
合掌。
 
 
 
 
 

新年会

一月の最後の日に新年会だった。
関さんの都合に合わせて遅くなったと島田さんが言っていた。
それにしても今回の出席者は少ない。
俺、飯田さん、沢田さん、みさ子さん、島田さん、関さん、かんばらさん(変換で漢字出ない?!)、土岐さんの7名であった。
土岐さんは実に久しぶりの参加だったが、金井さんはケガ、浜中さんは病気、京子さんは入院、
愛子さんは多分、お前らとは縁を切ったので行かないよで欠席だった。
(もっと単純に年を取っただけかもしれない)
名前の知らない先輩3人もいなかった。
かっては日曜日におやじさんに頼んで開けてもらった忘年会で座り切れないほどの人で溢れたんだが
それも今は昔だ。
仲間内では節ちゃん、尚ちゃん、米沢、金ちゃんが死んでいる。
おやじさんが亡くなったのを契機に忘年会をやらなくなったと沢田さんが言っていた。
まあそのころは節ちゃんのミロンガの黄金時代だった訳だ。
いつからかミロンガの客が目に見えて減っていき節ちゃんは首になった。
島田さんは今でも新しくなったミロンガには行ったことがないだろう。
義理立てというより行く気もしないんだろうか・・・
この新年会は島田さんが毎年ハガキをくれるので続いている。
島田さんが生きてるうちは続きそうだぜ。
 
若干、二日酔い気味だが昨日発表になったJリーグ日程を手帳に書き写した。
3月1日 アウェーのG大阪から12月6日のホーム名古屋戦までどんな展開が待っているか。
最後に埼スタを歓喜のるつぼにしてくれ。
 
そういえば浅見と最後に言葉を交わした。
もうその時はボロボロだった。
新都心で降りてしまい次の電車を待っていた気がする。
5時からテーブルを確保して飲み続けてたから仕方ないか。
 
風呂掃除は勘弁してくれ!かあちゃん。
 
 
 
 
 

 | HOME | 

Calendar

« | 2014-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。