どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

伊豆ヶ岳

久しぶりに伊豆ヶ岳へ。
今回は正丸峠経由にした。
 
正丸駅
↓ 25分
馬頭観音
↓ 40分
正丸峠
↓ 25分
小高山
↓ 15分
五輪山
↓ 15分
伊豆ヶ岳
↓ 30分
かめ岩
↓ 30分
正丸駅
 
登り2時間、下り1時間、素晴らしい。
下りは急いだ感じもあったが登りはゆっくりを意識して歩いた。
 
お申講

 

正丸峠
初めて来たときは強風が雪を巻き上げていた。遭難!って思ってしまったぜ。
今日は全く雪はなかった。

正丸峠からの尾根道、気持ちがいい

小高山

五輪山 雪?それとも地面下の氷が露出したのか。

 
伊豆ヶ岳
念のために持って行った軽アイゼンの出番は無し。

お湯も簡単に沸いた、物見山で沸騰しなかったのは風のせいだったんだ。

これを頼りにかめ岩に向かう

 

かめ岩

 
スポンサーサイト



山田暢久引退!

年内には決めたいと言っていたがずるずると時が過ぎていた。
 
が、とうとう日刊スポーツに 「山田引退、チームスタッフへ」が出た。
 
藤枝MYFCでもいいから現役を続けて欲しかったが
 
引退セレモニーで気持ちが切れてしまったんだろうか。
 
先日、大原の練習を見て山田がいない大きな喪失感を味わった。
 
俺にとっては福田でも達也でもなかったことだった。
 
何をやるのか分からないが顔を見る機会はあるだろう。
 
埼スタで試合前の水内とのイベントとかはありそうだしな。
 
浦和に残留ということでよしとしよう。
 
 
 
 

今年初めて兵六へ

江戸東京博物館で「大浮世絵展」を見た。
たまには文化的なこともしなくちゃな。
眺花亭にメールしたが返信がないので神田まで行ってブルブラしているうちに
「今着いたすぐ開ける」と返事が来た。
なので両国まで戻って久しぶりの眺花亭へ。
日・月曜は定休日らしいが店には来ることが多いらしい。
ここのコーヒーは結構美味い。
豆はいいのを使っているらしいし、確かコーヒーを淹れる研修も受けてるんだよな。
中西さんの会のことを聞いたりしてしばし雑談して読書モードへ突入した。
谷口ジロー・夢枕獏の「神々の山嶺」1巻目を読み切ったところで
(なかなか面白い、あと2回行けば読み切れるか)
落語の会に行くというWと別れて神保町へ。
森下から行くと神保町駅の出口はいつも迷う。
 
5時過ぎに店に入ると既に3人の常連がいた。
まず飯田さんに31日の忘年会へのお誘いをして
カニの酢漬け?を注文、兵六でカニを食うとは、食えるとはね・・・
そのうち女性の二人連れが入ってきて男どもは大盛り上がりだった。
まあみんな単純なんだ。
一人は築地の場外のマグロ屋だと言っていた。いい感じだった。
 
さて薩摩無双は心臓にいいか?
よく分らん。
兵六は少しはいいらしい。
 
 
 
 

隊長不良

いや体調の方だ。
俺たちの山歩きチームの隊長はとっくに不良ではなくなった。
全く反体制的ではなくなってしまった。
真面目に選挙に行き自民党に入れているんだ。
茶店で赤いシャツにホワイトジーンの長髪でかっこよかったのも今は昔だ
社学同の同盟員だったんだろ!と思うこともあるがしょうがない。
人のことは言えない。
 
去年もそうだったが年末の年賀の仕事で調子が悪くなり
年が明けても引きずっている。
先週は4日間禁酒してしまったし、心臓の働きを強くし血圧を下げるというコニール錠を復活してしまった。
それでも胸の軽い痛み・不快感が続いている。
あまり動きのないハガキや封書の区分がトリガーになるらしい。
そんなことがストレスになるのか?
力仕事や動き回るいつもの仕事ではそんなことはないんだが・・・
 
薩摩無双を飲むことで改善されるかもしれない。
なので今日は兵六へ行く。
 
寒いので風呂掃除が辛い!
 
 
 
 
 
 

初大原

休みなので大原へ。
いい天気だが風は冷たく寒い。
大原近くの見沼用水は凍っていた。

去年はここまでの凍結はなかった気がする。
小石を放り投げても氷は割れなかった。

 
レッズは昨日が練習開始で、明日から鹿児島キャンプだ。
20名の選手(西川とマルシオをいなかった)と監督、コーチ、スタッフを見ているうちに
突然、もう山田(暢久)はいないんだと思い知らされた。
寂しい・・・

 
直輝にはケガなくやり切ってほしい。
ケガさえなければ必ずやれるはずだ。
元気は浦和の新しい9番の姿を見せてくれ。
水輝も勝負の年だぞ、やったれ。
永田も去年はケチがついてしまったが復活を期待する。
そして何よりも興梠が最後に笑顔を見せることを願ってるぞ。

 
PS.李忠成の完全移籍が公式発表された。
   頼むぜ!忠成

 

七輪でカキを焼く

久しぶりに新都心のイトーヨーカ堂にある明治村に行った
目的は2軒ある魚屋だ
安いのでいつも人で溢れている
なのでここのイトーヨーカ堂の鮮魚売り場はおざなりだ
勝負をあきらめているんだろうな
カキ3個 300円
ムール貝7個 244円
を買ってしまった
 
いくら周りの家が減ったからといっても
普通に焚火をするわけにはいかない
昔、社員旅行で買ってきた小さな七輪で
去年切ったケヤキの小枝を短くして燃やした


カキを焼いたが何とか焼けた

旨かったぜ
 
ついでにムール貝も1個だけ焼いた

 
俺は当然煙を浴びたが
2階のベランダに干していた洗濯物まで煙の臭いがついたらしい
充実!の休日だ

 

区画整理

うちの周りでどんどん家屋の解体が進んでほぼ丸裸になった
 
写真の家ももう人が住んでいるのかどうか分からない

回覧板の組は3軒のみ
 
居間から新幹線が見えるようになってしまった

3時頃になると新幹線が通るたびに窓ガラスに反射した光が飛び込んでくる
 
今頃、天皇杯の録画(横浜 vs 広島)を見ているが虚しいっ!
 

ヒヨドリ

今年もメジロのペアが飛んで来る季節になった
 
まあ2羽なのでペアと思い込んでいるんだけどね
 
写真を撮ろうとガラス越しにカメラを構えていたら
 
鳴き声とともに現れたヒヨドリに逃げてしまった

そういえばシジュウカラも来たよ
 
 
 

初歩き

年末に娘とケンカしたこともあり
ブログを更新する気力が湧かなかった
 
仕事は例年のように年明け直後の仕事量の少なさで
4,5日と年休消化となり思わぬ4連休となった
4日は横浜の実家へ死んだ兄貴のかみさんの顔を見に行った
帰りがけに上の兄貴と会って酒を飲んだ
こうしていつものように一年が始まるんだな
 
去年は年明けから知人、友人が亡くなって山に行ったのは暖かくなってからだった
今年は気合を入れようと昨日物見山・日和田山に行ってきた
伊豆が岳と思っていたのだがゆっくりのんびり歩いて昼飯を食おうと
武蔵横手に電車が止まった時に方針を変えた
 
杉やヒノキの林の中をゆっくり歩く

五常の滝下流のせせらぎには小魚とアメンボが(写真の4つの影はアメンボの足だ)いた
アメンバは流れてくる枯葉の切れ端を捕まえては離していた
真冬でも活動しているんだ

更に行くと沢に投げ込まれたごみがあった
家電製品や産廃物でもなく
手作りのウルトラマンの絵だったりして全く場違いだよな
こんなのは一般ごみで収集してくれるだろ

お地蔵さんにはゆずが・・・

車道を超えると物見山への道が舗装されていた
前来た時はそんなことなかった気がするがいつからだ
勝手?なことすんなよなと勝手に思ってしまったぜ
(舗装の最後に小さな小屋があり軽トラックが止まっていてゆずやミカンを売っていた)

12時5分、物見山到着。およそ1時間40分

山頂は風が強く寒い、バーナーでお湯を沸かそうとするが湧かない!
いつまでたっても沸騰しない
風で炎が飛ばされるためか水が多すぎるのか
場所を変え風をよけ両膝で抱えて風をさえぎってもダメ
諦めてカップ麺にお湯を入れた
よりによってファミマで買ったのは太麺のちゃんぽんで4分待つやつだった
4分待っても超固ゆでだった
気を取り直して今度はパックのコーヒーを飲みながらサンドイッチを食べた
なんだかんだで1時間近くのんびりしたのであった
その間にも単独のおやじ、老夫婦、若いカップル、親子連れと人が絶えることがなかった
 
さあ日和田山へ
途中鉄塔をくぐった

駒高の蠟梅

NTT無線中継所のところでこっちでも行けるんじゃないかと行ってみた
ぐるぐるとまわりこんで右手の道から戻ってきた
やっぱり駄目なんだね

13時40分、日和田山到着
思えば何年前か、この道を登るのにも息を切らし胸が苦しく途中で何度も立ち止まったことを思い出す

男坂を通ったのだが女坂との合流地点には出なかった
高麗駅、日向方面に向かう途中、超季節外れのつつじが咲いていた
寒さにやられて花びらはだいぶ痛んでいたが

着いたところはここだ

大宮に戻って一杯
2日連荘の焼き鳥日高であった
 
 

 | HOME | 

Calendar

« | 2014-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。