どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

サッカーは難しい

仙台戦  1-1
 
このところの浦和なら仙台を圧倒して勝ってくれるに違いない
 
南ゴール裏で飯を食いながら、ビールを飲みながら見ていたが

ボールが足につかない、パスの精度が悪い、出し手と受け手の気持ちが合わない
 
仙台がボールを取りに来る守備をしてきたこともあって何度もボールを失った
 
前半は仙台のゲームであった
 
後半、北ゴール裏へ移動して声援を送った

 ↓仙台サポのこの密集ぶりを見よ(昔このくらいの部隊がいればと思ってしまうぜ)

後半はレッズが盛り返した印象、元気が倒されたPKを阿部が決めた
 
阿部が俺が蹴るとばかりにボールを離さない、ボールを抱えたまま給水していた
 
マルシオも槙野も「じゃあ、いいよ」という感じだった
 
こういうゲームでも勝つのが強いチームだよなと思っているうちにゴールを決められ追いつかれた
 
10分+追加タイムを守れなかった
 
まあ、全体としては仙台のゲームだった
 
中2日はやはり非常に厳しいらしい
 
俺的にはブーイングしてやろうかと思ったほどだが<中2日>なんだ

関口は仙台戦ということで空回りかっ!
 
途中出場のマルシオはハードワークが素晴らしい、惜しいシュートもあった
 
何はともあれ2位で中断に入ったんだ
 
中断期間のトレーニングで更に上のレベルに行ってくれ
 
 ↓スタメン発表で関口に仙台サポからブーイング、仙台サポもサポらしくなったもんだ
  ブーイングで映像爆発?!

 
じいさんの残した花、植え替えもせず水をやるくらいだが毎年咲いてくれる

 
スポンサーサイト



柏戦 6-2

自作レッズハイ(焼酎のアセロラ+炭酸割)を飲みながらのTV観戦だった。
結果は前節と同じ 6-2の勝利
2失点したが鳥栖戦より危なげない内容で、柏を圧倒した。
 
原口
柏木
柏木(FK)
マルシオ
森脇
マルシオ
 
自陣でボールを奪ってからのカウンターが何度も決まった。
今までは自陣からの時間をかけたビルドアップという形が多くて
納得はしつつも若干不満な気持ちもあったが
このゲームはもっとゆっくり行けよ、相手に合わせるなと思ってしまう程
前へ前へと向かっていた。
ミシャの浦和レッズは確実にレベルを上げた気がする。
速攻と遅攻を使い分ければ更に浦和レッズは進んでいける。
失点も減らせるはずだ。
 
水曜日が中断前の最後の試合だ。
仕事もあり雨も降りそうだが行ってみるか

 

淡々と過ぎていく

毎日が淡々と過ぎて行く
こんな毎日なら長生きも出来るだろうが
これまでストレス漬けの会社暮らしだったのでそうもいかないだろう
今更遅いに違いない
 
富浦のYさんも田植が終わったそうだ
なので例年のように顔を見に行くことにした
おふくろさんが亡くなって「虚脱状態」だったらしいが少しは元気になったと言っていた
 
橋本の慰安婦発言が問題になっているが
確か「慰安婦の方には政府としてお詫びしなければならない。日韓条約で云々と曖昧にしてはいけない」
と言ったはずだが全く評価されないのが不思議だ
石原や安倍からしたらとんでもない発言で容認できない=無視は分かるが
マスコミ、<左派>を自称する政治党派や知識人からも言及されないのはどういうことだ
元慰安婦が橋本との会見をキャンセルしたのは残念だ
 
ベランダからみるけやきの上はこんな状態

 

 

 
通勤途中はこんなだ

 
耕作放棄地(倉庫建設予定地か?)にはシロツメクサ

 
アシ原にはヨシキリが鳴いている

 
 
 

鳥栖戦 6-2

後半、押し込まれた時間帯もあったが
最終的には 6-2!
それも6人による6得点だ
これがミシャのサッカーなんだろうね
 
阿部(興梠のPK)
槙野
興梠
原口
那須
矢島
 
矢島はリーグ戦初ゴールだ
 
思えば数年前、フィンケかゼリコ・ペトロビッチの時代
いやもっと前からだったか
浦和はサイドチェンジも出来ず
後ろから攻めあがってくる相手選手にゴールを決められ
悔しい思いばかりしてきた
それを思えば今の浦和は素晴らしい
柏、仙台と勝って6月中断に入って欲しい

さて昨日のけやき広場は人で溢れ
中央の椅子席はもちろん、階段も一杯
広場にはビニールシートが敷き詰められ空きがない
しかし、何とか場所を確保してビールを飲んだ
明るい日差しの中のビールは美味い
前にも隣にも「KTM」のTシャツとタオルマフラーの人々がいた
老若男女、この人たちはコクーンにもヨーカ堂にもいた
あたかも浦和御園のイオンに溢れる浦和サポのようだった
KTM=ケツメイシと分かったが全く何も思い浮かばない
長谷部が好きと言っていた気もするけど
そういえば、長谷部は乾を倒して一発レッドだったらしい・・・
 
長谷部、彼女はいないのかよ!
 

 

けやきの木の上で

去年切ったけやきの木から枝が何本も生えてきた
 
4月7日はこんなで

今はこんな状態

葉っぱの上には
 
こんなのや

こんなのがいる

 

つたの葉にはカマキリの子供

いい季節なのだ
 
さて本日はTV観戦である
 
調子の出ない鳥栖だが油断できない、レッズはこういうチームに伝統的?に弱い
 
TOTOを買い、風呂掃除をしてかみさんと落ち合い
 
けやき広場のビール祭りに行く
 
 
 
 
 

鹿島に勝利した

勝った!

 

霧雨が降る埼スタが歓喜と興奮の坩堝(昔、どこかで聞いたセリフだ)と化した
優勝以上かっ?!

前半 0-0 拮抗した展開、決定機は鹿島の方が多かった
後半、右サイドをフリーにしてしまい先制された
野沢、シュート上手いなぁ
しかし、すぐにCKから那須の頭で追いつく
那須凄げぇー
2点目はこうろぎ、どうもオフサイド気味だったらしいが
良く分からなかった
鹿島の選手が執拗に抗議してイエローを貰っていた
3点目、元気のシュートを曽我端が弾いたところに
梅崎が飛び込んで駄目押し
 
仙台に負けた大宮とは勝点6差に縮まった
仙台-大宮はTVで途中まで見たが厳しい試合だった
ハードワークしなければ勝てない、戦えないという見本のような試合だった
5/29仙台戦まで勝ち続けたい
 
試合前のJリーグ20周年セレモニー

鹿島サポ

浦和はコールで対抗

試合後の We are Diamonds にはポンテも参加
10番のユニを着たサポが何人もいた

 
 

5月初戦引き分け

セレッソ大阪戦だというのに
ヒューゲルコール1976演奏会に行ってしまった。
来るよねと言うK君のメールの勢いにOKしてしまっていたのだ。
俺には全く縁がない世界なのだがこれで3回目。
ハーモニーが心地よく気がつくと眠っている2時間だった。
終わってから、Oさん、Hさん、K君と酒を飲んだ。
 
結果を知らずにセレッソ戦の録画を見た。
前半、ゲームを支配しながら決められないいつものパターン。
後半先制されたが、途中出場の原口のドリブル突破シュートで追いついた。
CKから那須が頭で決めたが結局追いつかれてしまった。
でも原口がいなければ0-1で負けた試合だった。
勝負の5月5試合の初戦を引き分けたのをよしとしよう。
首位大宮はまた勝った。広島でも止められなかった。
これ以上離されずについていくしかない。
土曜日は鹿島戦だ、3位4位対決だ、勝ち点3とらないとやばいぞ。
原口も梅崎も復帰した、こうろきも決めろ!

伊豆ヶ岳から名郷へ抜けた

何と今年初めての山歩きだった
訃報相次ぎ、花粉の季節もあってそんな気になれなかった
伊豆ヶ岳ピストンではつまらん、子ノ権現でないところというので
前武川岳から名郷に抜けることにした
 
9:15 正丸駅を出発、あんまり調子よくない
 

10:45 最短コースを通って伊豆ヶ岳頂上へ。頂上のヤマツツジはまだ蕾だった

 おにぎりをひとつ食べて初めての山伏峠へ向かった
11:30 山伏峠

 針葉樹と広葉樹のコントラストが美しい

 
12:40 前武川岳
 明るくて気持ちがいい。ベンチに座っておにぎりを2個の昼食
 コンロは持っていったが使わなかった

 天狗岩コースは上級者向けと書いてある

 
13:30 天狗岩
 天狗岩頂上の案内板

 ここが天狗岩の登り口
 意識せずに女坂を降りてきたんだが厳しかったぜ。男坂はどうなんだろう
 去年の武川岳→二子岳で間違えて妻坂峠を行ったのは正解だった!?
               
               
14:35 名郷バス停

 
かかとが靴擦れでやばかった。前武川岳でバンドエイドもどきを貼った
そうこうしているうちに左ひざに来てしまい、最後の最後でエアーサロンパスとサポーターを
使ってしまった
 
以下、花花すみれ

 

ランの仲間?

 

 

 

シャガ

ムアントンには勝ったが・・・

やっぱりリアルタイムで見たくなったので
夕飯を喰ってから浦和の力に行こうと駅に向かったんだが
途中、駅前の「力の麺」に大型TVが見えたので店員に聞いてみたら
東口の「力の蔵」なら見れると分かった
なかなか親切で感じのいい人たちであった
 
東口で少し時間を潰そうとしたがロフトは閉店したのだった
結局、8時過ぎに「力の蔵」へ入った
試合開始まで1時間近くあるが仕方がない
隣の絵に描いたような酔っ払いと話しながら時間を潰した
2台あるTVでは仙台の試合をやっていた
 
試合開始
客はほぼ一般客、少なくともマフラーを巻いているような奴はいない
しかし何人かの客は明らかにサポ的、フアン的反応をしていた
まあ、すっかり酔っ払ってしまった俺が一番騒いでしまったか
那須のこうろき張りのつま先シュートで取った1点でアウェー初勝利
しかし広州恒大と全北現代は 0-0の引き分けのため
浦和レッズのACL予選敗退が決まってしまった
 
うーん、全北のアウェーで勝っていればと今更ながら悔やまれる
 
試合が始まってからはレッズサワーで気合を入れたんだが
6杯も飲んでいたのか、あんまり試合展開を覚えていないはずだ
注文すると「レッズ一発」と通してくれるので調子の乗ったのかもしれない

さあ、Jリーグに集中だ
来年もACLに行こうぜ、浦和レッズ
 

 

 | HOME | 

Calendar

« | 2013-05 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。