どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

錦糸町河内音頭

河内音頭のために年休をとった


なんていっぱしの踊り子さんのようじゃないか

兵六に少しだけ顔を出してから半蔵門線で錦糸町に向かう

期待のTシャツは昨日で売り切れだそうな

河内音頭フアンだけじゃなくて、南河内大学応援団・青田赤道フアンも買いに来たらしい

Uさんと軽く挨拶を交わして舞台前へ

Aから、毎朝4時起きなので行けないというメールが来た

おふくろさんの介護で大変なのだ

眺花亭・Wをしばらく待ったが来ない

そろそろ踊ろうかと行って見ると既に踊っているWがいた

後ろについて1年ぶりの河内音頭を踊った

いつまでたっても上手くならない、自己流錦糸町マンボだ

もう1曲踊って終了
(三味線は虹友美、音頭は?)


残り2曲を残したところでWと飲みに行った

その前にUさん(伊達さん)に図書新聞に書いた評論のコピーを貰い

これは毎年恒例だ

今年は3冊目の本を出したというので買わされて来たぜ


大学では1年先輩だが生まれは1950年で同じだ

毎年錦糸町で顔を見るだけの付き合いだが

知り合ってから30年、また来年元気に会えればいい


という訳で、先週の山行きに続いたイベント終了で俺の今年の夏も終わりだ・・・

涼しくなったら近場の低山を歩いてみよう


スポンサーサイト



2012年夏の山行き 3日目

今日は上高地に下るだけ

昨日の水は既になくなっている


出発前にコーヒーを飲んだ


ザイテングラートより吊尾根、重太郎新道のほうが厳しい箇所が多かったというのが

俺たちの感想だ

さて行くか








ようやく登山口に着いた


昨日の雨で水が多い?


河童橋から奥穂、吊尾根を望む


Yの強い希望でラーメンを作った。鍋は台所用の片手鍋!


俺はカップめん


タクシーで沢渡に戻り、梓湖畔の湯で汗を流して解散

Kの離脱があったが残り3人で何とか奥穂登頂を達成した
Yも厳しい体調にもかかわらず良く歩ききったものだ
来年はKの復活に期待しよう

西国分寺駅まで送ってもらいOさんと分かれた

俺としては苦しいということがほとんど無かった
特に2日目は厳しいコースのはずだがYにあわせてゆっくり歩いたせいか
全く苦しいことは無かった
これも日々のパート軽労働の成果に違いない

涼しくなったら近場に独りで行ってみよう

以上、2012年の夏の山行き報告終了









2012年夏の山行き 2日目

涸沢ヒュッテの飯は軟らか目で好みではなかった
しかし、昨日の夕飯と今日の朝食、きっちり喰ったぜ
今日が今回の山場(いや全部山だけど)だからな
ザイテングラート→穂高岳山荘→奥穂高→吊尾根→紀美子平→重太郎新道→岳沢小屋
6時過ぎ、出発
涸沢小屋の後ろが北穂高岳


これが穂高岳山荘、まずはこれを目指す



涸沢を進む















ザイテングラートへ



ザイテングラートを進む















イワギキョウ


















先頭を行くO隊長、山荘は近い















穂高岳小屋到着
Y高山病か?小屋の中で横になり40分ほど休んだ


奥穂へ向け進撃開始

















奥穂への登り


やったぜベイビー(超ふる)

















ジャンダルムには人が立っていた


吊尾根を紀美子平へ向かう


















 トウヤクリンドウ

登山道に背を向けて立つ石仏



雪渓の下に昨日泊った涸沢ヒュッテが・・・















Yの体調がかなり厳しく紀美子平で大休止、当然前穂高岳はパス


ここで小雨が振り出したのでザックカバーして雨具の上だけ着た
重太郎新道を下るうちに雨が止み、雨具をしまったとたんにまた雨が降り出した


上高地だけ日差しが差し込み晴れている















ここで再びザックカバーをし、雨具を着た
しかし、俺はズボンをはくのが面倒くさくて上だけにしてしまった
予想に反して大粒の雨が一気に降り出した
あまりの降りに雨具のパンツをはく機会を失ってしまい
下半身ずぶぬれで重太郎新道を下ることになってしまった
道に水溜りが出来、やがて流れ出し
靴の中は脚を伝って入った水でちゃぷちゃぷしている
時間にしたら1時間弱くらいの雨だったと思うがこれだけ降られたのは初めての経験だった
今回はいつも持っていかないスパッツまでザックに入れ雨には注意していたのに
少しの手間を惜しみ、そんなに降らないだろう、すぐ止むだろうと考えた結果だ
全く何の根拠も無いのになあ

先行する二人に訳を話して先に小屋に向かった
小屋手前の涸れた沢を渡って後ろを振り向くとOさんが山の方を指差している
何と水が流れてきているところだった
うーん、気づかなかったぜ


ちょっとワイルドだったぜぃ


1時間半後にはこんなもの
二人は30分後にこの板橋を渡って小屋に着いた


雨具は持っていくだけじゃ駄目!
手間を惜しまずに着る、脱ぐをすること!

しかし、奥穂高登頂貫徹!素晴らしい

食事の後モーター音が洗面所から聞こえてきた
オールドシティボーイYが電動歯ブラシを使っているのであった
生活スタイルを変えない、それはそれでたいしたものではないかい?!

岳沢小屋の飯の固さはGOOD、美味かった
俺はいつも飯だけは喰えるのだ

という訳で厳しい2日目も何とか終わった












2012年夏の山行き報告その1

8/23 AM 3:20 O隊長が調布から迎えに来た

俺も起きて待っていたぜ

それにしても毎度ながら申し訳ない

東北方面にでも行くのならともかく、また引き返すわけだからね・・・

車の少ない高速を順調に飛ばして、時間前に沢渡の市営駐車場に到着

K隊員も時間通りに8時半ごろ到着

逗子から参加のY隊員は相変わらずの反定刻主義者ぶりで1時間の遅刻だった!

全く、40年前と少しも変わらないぜ
                                                  河童橋から奥穂を望む


1時間以上スタートが遅れたが順調に横尾まで歩いた
 


しかし、K隊員が体調不良で離脱

手のむくみと手の血管の違和感?にやばいものを感じたそうだ

今までに無い感じなので大事をとることにしたのだ

タバコを吸うと悪いらしいと言いながらタバコを吸ってるんだから全くしょうがない・・・

                                                             屏風岩


                                   本谷橋 沢の水でタオルを冷やした、気持ちいい






Y隊員は真っ赤な顔をしながら歩きとおして4時に涸沢ヒュッテに到着



チノパンにステテコ、木綿の下着に春秋用の山シャツでは暑いだろうぜ

いろいろあったが1日目が終わった

                                           展望テラス?から涸沢小屋、テント場を望む














清水に勝利 2-0

穂高から帰ったのが5時半前

最終日の歩きは2時間ほどだったので清水戦に十分間に合った

気持ちの切り替えがなかなか出来ないまま

ビール(奥穂高登頂記念で一番絞りにしたのだ)を飲みながら観戦

浦和のバイタルエリア手前でマルシオの献身的な守備・ボール奪取からカウンター

梅崎から平川へサイドチェンジ、平川のクロスを梅崎がダイレクトボレーを決めた

何というワンツーなんだ!こんなワイドかつワイルドなワンツーがあるのか?!

マルシオも梅崎の手前で飛び込んでいた!マルシオえらい!!!

こんなゴールを見たかったんだ

思わず、どうだ、参ったか!と叫んでいたぜ

浦和ホームでの清水戦で、相手の監督は

「こんな試合をやって勝つより、負けたほうがましだ」と浦和の戦術を批判したのだった

浦和が守備的だという批判は当たらない

守備は5バック、攻撃は5トップ

超守備的であり、超攻撃的なのが(上手く行っているときの)浦和だ

首位広島とは勝ち点差2、仙台とは1差

次節、さいたまダービーは絶対落としたくない

とりあえず、8/25の河童橋から見た穂高連峰の写真を載せる
夏休み最後の土曜日で朝から人が多かった





明日は上高地だぜぃ

実は月曜日、朝起きたら調子が悪かった

発熱、腹痛

夏風邪を引いたらしい

木曜日から2泊3日の奥穂高だというのに・・・

午後になっても熱が下がらないので医者に行って薬を貰った

しかし、何とか復活した

いやぁ、助かったぜ

この2日間の仕事をした感じでは、何とか山もいけるだろう

明日は、午前3時50分にO隊長が調布から迎えに来てくれる

俺を拾ってまた東京へ戻るのだ

うーん、申し訳ない

という訳で寝てしまおう

奥穂高登頂貫徹!


鹿島戦 2-0

あんた一人で行くんじゃないでしょうね・・・

風な圧力に抗しきれずTV観戦となった

木曜日から山に行くこともあり

給料日前日なのでかみさんには前借もしなきゃいけないし

貧しい老後は辛い!

4時半ごろ、豪雨

西の方からは日が差し込んでいるのだが

空半分は真っ暗

明るい中、大粒の雨が降り続いた


娘二人は出かけているので外食

近くの回転寿司と思っていたが、雨のためルミネに変更

魚力のやっている寿司店に初めて行ってみた

本日の10貫、1500円

美味かった

家に帰ってつまみを作りホッピーを飲みながらTV観戦

前半、チャンスを作るも得点できない

いつものパターンと不安になったが

宇賀神がこぼれ球を右足インサイドで狙い済ましたシュート、素晴らしい

追加点は原口が、山村を切り返しでかわしてカットインシュート

やったぜ、元気!

後半、岩政にセットプレーから決められたが何とかしのいで勝利

広島とは5差、仙台とは1差の3位に復帰した

何とか上位に喰らいついて、ACL出場、あわよくば優勝を!


さて、今朝は7時過ぎに携帯に電話、2時間前超になった

木曜日からの山行きに備えて体を追い込みつつ

腰を痛めたりしないように気をつけなきゃな

実家へ行く

昨日は二俣川の実家をかみさんと一緒に訪問

義理の姉は兄貴が死んでから一人暮らしだが

息子二人はよく顔を出してくれるみたいだ

話が弾んでなかなか帰れず「じゃあ・・・」と言ってから30分以上経ってしまった

その後、俺だけ天王町で上の兄貴と落ち合い飲んだ

ファミレスでビールを飲んでから、養老の滝に移動して焼酎のボトルを空けた

じじい二人、なかなか頑張ったぜ

娘の結婚で金がかかるという話をしていたが

そんなのは本人たちに任せろだと思う

結婚式を超豪華になんてのは過去のことだぜと若干議論した


さて土曜日は、大久保・シミュレーション・嘉人にやられちまった・・・

PKで決められた1点をどうやっても追いつけなかった

攻めても攻めても決定的な形を作れない

決定的な、きれいな形を作ろうとこだわりすぎてシュートチャンスを失った気もする

うまくいかないのがサッカーだ、浦和レッズだ・・・




立ち飲み なごみデビュー

4時半前に西口へ

実に久し振りに南銀に少しだけ足を入れた

揚子江のある露地を左に折れて なごみへ

客は10人ほど

うーん、いい店だ

生ビール 350円
目刺 150円
ウーロン杯 200円
ポテトサラダ 150円
チュウハイ 200円
メンマ 150円
チュウハイ 200円
-----------------
計 1400円

その後、久し振りに 「幹」でコーヒーを飲みながら「マスター キートン」を読んだ

泣けた、前に読んだところでも泣けてしまう

浦沢直樹、素晴らしい!


氷川神社参道、久し振り

風呂掃除が終わったら10時過ぎだった

9時開始のレッズの練習を見に大原まで行くのはちょっと厳しい

久し振りに氷川神社の参道を歩くことにした

与野の大ガードをくぐるが全く苦しくない

あのゆるい坂が苦しいことが何度もあったんだよな・・・

一の鳥居まで歩いてから三の鳥居に向けてゆっくり走った

室内走りよりは少し速い程度

早く歩く人とほぼ同じくらいのスピードだ

二の鳥居を過ぎてしばらく下辺りで右ひざに痛み

しかし、何とか三の鳥居にゴールした

所要時間20分ほど

拝殿まで2kmらしいので、ここまでは1.8kmくらいか?

20分?!

超スローランニング!!!

走ることでいつもと違う筋肉を使うことが大切だ(多分!)

苦しくも無く走れたことは素晴らしい

参道では、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシが鳴いていた

昼飯はそうめんを冷汁で食べた

出汁は、大滝おなめとマルコメのブレンドに味の素、本つゆ、七味、すりゴマを水で溶いて

氷をぶっこみオオバとキュウリの薄切りを入れた

美味かったぜ

ゴーヤ、大きくなりそうも無いので収穫


オレンジ色のトマト2種も収穫(上は中玉、下はミニ)







 | HOME |  »

Calendar

« | 2012-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。