どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

磐田に勝利した 2-0

今日も、いや昨日も暑かった

建物を出るとさいたま新都心を吹く風は熱風だ

家に帰って30分の間につまみを作り観戦の準備をした

浦和-磐田戦は18時からスタート

埼スタもまだまだ暑いだろう

ホッピーを飲みながらつまみとすしを食う

あまりの暑さに夕食を作る気力も無くしたかみさんが

TV観戦しやすい寿司にしたのだ

前半、何だか淡々と過ぎていく

しかし、突然SWが入ったような圧倒的な攻撃

柏木、元気、マルシオが絡んだ崩しから柏木が決めた

素晴らしい・・・

こんなのがレッズで見れるとは1年前までは想像も出来なかった

いや、開幕の広島戦の後でも考えられなかったぞ


磐田にいいところをほとんど出させずに 2-0の勝利

次節は埼スタで1000万人の一員となり

We are Diamondsを唄いたい

広島、仙台とも引き分け勝点差は3に縮まった

次節、東京戦は、柏木累積で欠場、元気の怪我は?だが

勝ちたい!

スポンサーサイト



夏山トレーニング

昨日、鴨沢から奥多摩小屋までピストンした

当初は雲取山だったが

若干、到着が遅れたので変更したのだ

数年前、七ツ石山に行ったときは歩けず時間もかかった

今回は、七ツ石山は巻いたが奥多摩小屋まで3時間25分ほど

コースタイムよりも短かった

今のままなら何とか夏もいけそうだ

ブナ林を行くOさん


ここでもヒグラシが鳴いていたが数が少ないので後が続かない


奥多摩小屋で昼飯


かきでぇらおまけ

小双六木のやまなし


落ちると崖下の荒川源流まで行くかもしれない

宮沢賢治の童話にやまなしの話を思い出す

このセミは何だ?


ひぐらし それとも別のセミか

これは、ニイニイゼミ


小1の時、夏休みに昆虫採集して標本にした

チイチイゼミと俺たちは呼んでいたのでそう書いたら馬鹿にされた!

木下にはテーブルがある

コーヒーを飲みたかった・・・


昨日寝る時も耳の奥でセミの声が鳴っていた

単なる耳鳴りだってか?!

明日は夏の山行きのトレーニングで奥多摩から雲取のピストンをやる

もう寝てしまおう



かきでぇら訪問2日目

日曜日の朝

Kさん宅の玄関前の椅子に座って向かいの山を見る

その間の深い谷を流れる荒川源流の水音が聞こえてくる

それだけで時間の流れが違う




朝飯の後、かきでぇらで焚き火


枯れた白樺の伐採、草刈など(草刈するKさん、俺も少しやらせてもらった)


12時半、ひぐらしが鳴き始めた

鳴くのは夏の終わりじゃないのか?!

Kさんの家に戻る途中、中津川の鉱山町の廃墟を見せてもらった(白いのは石灰石)


車、自転車、バイクで見に来ている人がいた

ちょっとした名所なんだね

少し遅い昼飯をご馳走になって西武秩父へ送ってもらった

4時の電車に滑り込みセーフ

体中から焚き火の臭いがした

西武線、武蔵野線、埼京線と乗り継ぎ大宮へ

充実のかきでぇら詣でだった


かきでぇら訪問1日目

土日、大滝のKさんを訪問

奥さんに西武秩父まで迎えに来てもらった
申し訳ない

うちの女房には「甘えるんじゃない!バスで行け!」と怒られたぜ

その日はKさんが住む地区のお祭り(神社周りの掃除らしい)で
Kさんはそっちに参加していたのだ
掃除の後の、秩父ホルモンを七輪で焼き、奥さん連中の手作りの料理で
酒を飲んでいるところに参加させてもらう
俺はこうゆうところは基本的にずうずうしいというか
顔を出すのが嫌じゃないようだ
秩父ホルモンは美味かった
特にシロがよかった
地区の人が作ったというシシトウもうまい
ビールから始まり、焼酎ですっかりいい気分になった

夕食はKさんの太くかつ短い手打ち蕎麦をご馳走になった

そんなこんなで「おんな酒場放浪記」(兵六登場)は見ないで寝てしまった

今回かきでぇらでやりたかったことは
うちのケヤキの枯れ枝を燃やすことだった


ゴミに出すのが何となく気が引けていたのだ
今はうちの辺りじゃ火なんて燃す人はいないし
高麗川の河原にもなかなか行けなかった
翌日念願を果たすことが出来た(よく燃えた。細いからあっという間だった)


尚ちゃん17回忌

今日は、愛子さんのサンテルモで、尚ちゃん17回忌だった

・・・

そうっか、もうそんなになっちまったか・・・

中大劇研のマドンナ!

お茶の水はスナック太陽で尚ちゃんが、「あんこ椿は恋の花」を歌い

嶋田さんがテーブルの上で踊っていたのを思い出す


いつだったか、深夜1時ごろ電話が来て

高円寺駅前まで走った(走れたんだ!)

スナック「K」で水割一杯位飲んで

送って行けよという常連(俺は既に常連ではないんだが)の声に

応えることは出来ず、さよならした


ずっと後、ミロンガ忘年会の2次会の太陽で

急に俺のひざの上に座ってくれた

「15年遅いんだよ」くらいのことを言えればよかったけど

俺はましなことも言えず

それが、「Mさん、じゃあね」って挨拶だったんだよな

子宮筋腫と言っていたけど本人は分かっていたんだ


今日、嶋田さんは尚ちゃんのうちに電話したようだ

娘が出て対応してくれたみたいだ

もう社会人だそうだが、あの時の小2がいい娘になっているんだろう


本日の主席者は、嶋田、関、俺、小倉、金井、京子、澤田 & 愛子さんであった

墓参り

昨日は辻堂へ墓参りに行った

滅茶苦茶暑い日だったが、さすが湘南

風は心地よかった

M家のついでに、Yさんのお墓にも花を供えてきた

Yさんは、お袋の兄貴で親父の妹のだんななのだ

辻堂駅前には大きなショッピングモールが出来ていて

大変な混雑だった

ところで、休日お出かけパス(2600円)はエリアが小田原まで拡大されていた

そのうち小田原にも行ってみよう

さて土曜日の新潟戦

降格圏内の新潟に勝てなかった

新潟柳下監督は6バックで浦和の攻撃を封じたらしい

俺のサッカー眼ではそれも分からなかったが・・・

なかなか簡単にいけるゲームはないんだとつくづく思う

つくづく思うと言えば

海の近くで一人で暮らしたい



木漏れ日

午前9時

駐車場の車のフロントガラスに当たった日の光が反射して

和室の壁にケヤキの影を映している


その下には小さな仏壇があって、義理の両親が納まっている

和室の壁も柱も親父さんの希望でこんな風になった

柱が無い、土壁じゃないのは和室じゃないと言い出したのだった

今こうして木漏れ日を見ていると

確かにそうだねという気持ちになる

親父さんもいい気持ちでいるだろう

でも、あのうるさいおふくろさんがいるからそうでもないか・・・




鳥栖戦 4-3

鳥栖戦 4-3

なんて展開だったんだ

追いつかれるなよ

負けるなよ

と祈りながら見ていた

雨のためもあり、昨日はTV観戦だった

前半、先制して押し気味にゲームを進めるも追加点が取れない

後半が非常に心配だったが

5分で3得点

このところの追加点が取れない病を払拭した

しかし、その直後5分で3失点

本当にやばかった

でも今節のテーマは追加点を取るということだった

それはクリアしたのでOK

勝ったしね


柏木、素晴らしい

元気、良かったぜ。どんどんゴールを決めてくれ


それにしても凄い雨だった・・・

埼スタのピッチでボールが止まってしまうんだから


次節、新潟に勝ちきって3位キープといこうぜ




休日

休日(非番)だってのに健康診断だった

予定を忘れて日程を組んでしまったらしい

残念!

しかし、非番の日に健康診断のために出てきたというので交通費が出る

郵便局、素晴らしい!?

眺花亭にメール届かず、時間つぶしに夏の暑さの中を上野から歩き出す

アメ横は外国人で溢れていた

一杯やりたいのを我慢して、御徒町→秋葉→神田→神保町へ

ラドリオでアイスコーヒーを飲みながら(美味い!)ガイドブックで今夏の山行きを検討

今年は穂高

1日目 上高地→涸沢小屋 歩行時間:6時間20分
2日目 涸沢小屋→北穂→涸沢岳→穂高岳山荘 5時間50分
3日目 穂高岳山荘→奥穂高岳→前穂高岳→岳沢登山口 8時間15分
と欲張りたいが
1日目 上高地→涸沢小屋 歩行時間:6時間20分
2日目 涸沢小屋→奥穂→(前穂)→岳沢ヒュッテ 8時間50分(8時間
3日目 岳沢ヒュッテ→岳沢登山口 1時間40分
辺りが力量から見て妥当なところか
O隊長には隊長案を早いとこ隊員に連絡してもらいたい

兵六は開店早々、10人ほどのオヤジがなだれ込み
何と全員がビールを注文した









(生じゃ無いけど・・・)
暑かったんだ

Sさんとプロレス談義
眺花亭でやるイベントにはJリーグがあるので行けないと話した
残念!

>眺花亭ナイト「闘魂!昭和プロレスシリーズ in 両国」開催 7月14日(土)18
>時30分~21時
>リングサイド解説・丸口屋舌波師で、アントニオ猪木vsカール・ゴッチ戦等のDVD
>を上映します。

丸口屋舌波っちゅうのがプロレスを語るときの名前らしい
次回は是非とも参加したいぜ

昨日は、舌を切ることも無く無事に帰ってきたぞ

さあ、花が咲いてしまったモロヘイヤを喰って稼ぎに行こう


あまながとうがらし




 | HOME |  »

Calendar

« | 2012-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。