どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

富浦ツアー 6/27

この宿(富喜庵)の朝飯は凄く品数が多い

残すのがもったいなく、また申し訳ない気もして

3杯食ってしまった

昨日、最後に中華屋で結構食べたってのにな

明らかに食いすぎだぜ

Yさん家に向かう狭い道で介護の車とすれ違った

片側は田んぼ、片側は側溝という厳しいところだ

相手がすれ違い用の場所までバックしてくれて何とか通過した

デーサービスに行くYさんのおふくろさんが乗っていたそうだが気がつかなかった

そんなわけで今年は顔を見ていない


Yさんかが冷蔵庫で保存しておいてくれた枇杷をもらう

送ってもらったのとは種類が違っていて少し酸味があるそうだ
(枇杷山、中央左下に夏みかんの木がある)


ほかに、ジャガイモ・インゲン・キャベツ・カブ・タマネギ(普通のと紫)

俺は、チュウハイ用に夏みかんを10個もぎ

近くの川沿いに生えているタケノコ(淡竹?)を取った
(これは焼いても茹でても本当に旨い、軽い苦味がたまらない・・・)


「じゃあ、来年まで元気で」

「来年なんて分からねーよ」

いつものように簡単な別れであった
(房総だ!)


Oさんにうちまで送ってもらい、カブの葉を切り、タケノコを洗い茹で、3本ほどは焼いて食い

買ってきた目刺も焼いて、夏みかんチュウハイで1杯やった

来年も会えるようにと一人で乾杯した



スポンサーサイト



富浦ツアー 6/26

Yさんと1年ぶりに合うためにOさんと新宿スバルビル前を出発

海ほたるは火曜日だと言うのに結構込んでいた

l高速を走り続けて富浦インターまで行く

休憩を入れて2時間弱で到着

昔は海沿いの道を走って結構な時間がかかったのを思い出す

Yさんと落ち合うまでの暇つぶしに釣をする

2本持っていくかと自問しながら、延べ竿とリール竿を持ってきたんだ

那古船形漁港の堤防をつり歩くが気配も無い

先端までたどり着き海側へ投げたところでキスがかかった

俺の初キスか?


2匹目はギラ


Oさんには 一寸カサゴ

当然?俺が外す羽目になったが親指と人差し指を刺された


結構痛い

しかし、Oさんが何故かヨーチンを持っていたので消毒

うーん、準備周到だぜ

5時前に切り上げて宿へ、今回で3年連続だ

宿の店で飲みながらYさんと合流

代行で館山は渚へ

平日の渚は閑散、店の数も減った気がする

今回、予算を減らしたのでフィリッピンなし

Yさんの知ってる店へ行った

当然、客は俺たち3人のみ

ママはいなかったが、70オーバーかと見えるおばさんがカウンターで迎えてくれた

Yさんのことは知っており、地元の人なので話が弾んでいた

90歳のおふくろさんを一人で介護しているのでストレスも溜まっているはずだ

後は、学生時代の馬鹿話で盛り上がった

そんなこんなで1日目は終了だ

仙台戦 引き分け

緊迫した試合だった

見ているのも疲れたぜ

結果は 0-0


後半途中、達也が元気と交代して出たとき

(写真はポスター展の昔の達也、若い!
 長谷部は幼い?!




今日最大の拍手が起きた

みんな達也に決めてもらいたいんだ

スタンド総立ちの達也のヘディングはオフサイドだった

残念!

本日、引き分けが多く

1位から4位までは全て勝ち点1をプラスした

したがって勝ち点差は変わらず、順位の変動もなし

勝ちたかった

勝ちたかったがしょうがない

次節セレッソ戦は勝利を!

埼スタの屋根に群がるカラス、こんなのは初めて見た
仙台の屍を漁りに来たはずだったのだが・・・



ハードワーク!

ハードワーク!

ハードワーク!

ハードワーク!

1位仙台と浦和の直接対決である

広島との開幕戦を見て、この時点で3位とは考えもしなかった

勝てば 勝ち点差2

負ければ 8差

浦和にとっては大一番だ

仙台に負けないハードワークをしなきゃ勝てないぞ

埼スタを歓喜と興奮の坩堝にしようぜ!

いけねぇ、若干ゴール裏風になっちまったぜぃ

埼スタを歓喜と興奮の坩堝にしてくれ!


昨今は、信仰も(政治)思想を信じることも

マインドコントロール、洗脳と言うらしい

高橋克也がオウムを捨てきれないでいることを

まだマインドコントロールが解けていないと言うのは

全ての信仰者にとって失礼は話しだぜ











富浦の枇杷届く

南房総市富浦のYさんから枇杷が届いた

昨日、Oさん経由で連絡を貰っていたのだ

ゆうパックでもちゃんと届くんだよな・・・


ちょっと不思議だ?!

Yさんは「虫が湧いて出来が悪い」と言っていたそうだ

確かに見た目が悪いのが多い気がするが味に変わりは無い

全く、この時期の贅沢だな


本日、前2時間と後1時間の超勤

蒸し暑く作業していると汗ばんできた

しかし、体を動かして汗をかくというのはちょっとした快感だよな

作業で汗まみれ、うちに帰ってすぐシャワー、そして酒を飲む

そんな季節もすぐそこまで来ているんだ

ところで俺の舌にはまだ糸がある

抜糸は明日だ

という訳で先週火曜日から酒を飲んでいない

食べるのは辛いこともあるが飲むのは問題ないのだが

何となく飲んでいないのだ

定年退職してからこんなに飲まないのは初めてだ

明日はきっちり飲ませてもらうぜ


ガンバ戦 2-1

ガンバに勝利した

久し振りのリーグ戦だってのにゲームの入り方が悪い

ガンバに押し込まれ続け、CKから先制された

前からのプレスがかからず、フリーでシュートやセンタリングを上げさせている

セカンドボールも拾えない

そんな中で柏木から原口へのスルーパスが通って追いついた

このときの原口のトラップは見事だった

左足にボールが吸い付いたって感じだった

原口は良く動きKPに詰めて行ってあわやというシーンも作っていたし

1トップとしてよくやっていた

後半、相変わらず押し込まれる時間帯が続くがガンバも決められない

残り15分位からか激しさを増す雨の中でカウンター合戦になった

オープンな打ち合いというのはどっちに転ぶか分からない

TVの前ではらはらしながらのロスタイム

柏木から梅崎にパスが渡り、梅崎が相手DF2人の足元をぶち抜いてゴールを決めた

出来は良くなかったと思うがアウェーで勝点3を勝ち取った

これで勝点25の3位に浮上した

次節、埼スタで仙台に勝利して勝点2差に縮めたい


それにしても今日のレッズに負けるガンバは厳しい

J2も本当にあるかもしれないな






吸血鬼か?!

昨日、家に帰ってパソコンを触っていると口から血が・・・
 
今朝起きてみると口の中は血で溢れ枕やシーツ、なぜか障子にまで血で汚れていた。
 
鏡で見ると大きな血腫が不気味な姿で舌に乗っかっていたぜ。

その先から血が流れ続けていた。
 
口腔外科で傷口を縫ってようやく出血も止まりこれから仕事に行くぜ。

大宮中央クリニック、なかなか優秀だ。

ここに行きなさいと教えてくれた、須田医院にもサンクスだ。
 
傷の場所は舌の中央部で、ここを自分で噛んだと言うのは
 
ちょっと納得がいかない。
 
御茶ノ水の後、Iさんと赤羽で飲んだのだがつまみに何かやばいものがあったんだろうか?
 
何か記憶があるのではないかと思い朝っぱらから Iさんに電話させて貰ったが

「分からん」だった。
 
Iさんの当初の予定通り、神田で蕎麦喰って帰るんだったな。
 
それにしても家のトイレ、洗面所、2つの病院の洗面所を血で汚しまくった。

途切れることなく流血するので、歯も唇も血で汚れ

まるで吸血鬼状態だったぜ。

ワイルドだったぜぃ。

 

もじゃハウス

すっかりもじゃハウスになってしまった


「空から日本を見てみよう」(だったっけ)

が終わってしまったのが残念だ

来年辺りには両側から延びている蔓が合流しそうな勢いだ

だが、来年末には区画整理の工事が始まる

そうすると再来年はこの姿が見られない訳だ

区画整理があるからと蔦を放置していたんだが

何だか残念な気もするぜ

浮釣木


アジサイ


負荷心電図異常なし

昨日は3ヶ月に一度の病院の日

負荷心電図をやってから医者に会った

会って話をしたというのがぴったりだと思う

心電図の対応をしてくれたのは若い男で

いろいろとうるさい奴だった

前回のいけてる看護婦は如何した?!

そんな<悪>条件の下でも「異常なし」だった

実際、苦しくはなかったしね

医者は、今の薬(血液さらさらとコレステロールを下げる)のが

あなたに合っているんだねと言っているが

俺的には

体重が減ったこと(71キロが 62キロになってる)

検査の前日は禁酒、当日は室内ランニングと体操

が効いてるんだと思っているのだ

次回、もう一度負荷心電図を取ることにした

医者はもういいでしょと言っていたけどね


パートの帰りがけに焼き鳥日高で一杯

中生、ホッピー、中、ハイボール、おひたし、スタミナ焼き、おすすめ14

1600円

スタミナ焼きがこげこげなのが不満だ・・・

数ヶ月前から焼き物が下手になっちまったなぁ


みみたが死んだ

4月の終わりに訪ねた時は

あごのひげも白くなり、年をとったなと思った

訪ねる直前、みみたの体調が悪く中止という話もあったが

今から思えば会えてよかった

K君からのメールで知り「工房よんた」のHPで経緯を知った

犬好きでもなんでもないのに泣いてしまったぜ

何だかいつも寂しそうだったみみた  (2008年11月 まだ元気そうだ)


いつだったか俺の手をぺろぺろ舐めてくれたみみた

俺の人生で初めてのことだったんだぜ

さよなら、みみた

(みみたに赤い花を。 うちの親父さんが育てていた、主無くても花は咲く・・・)




 | HOME | 

Calendar

« | 2012-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。