どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

塔ノ岳

昨日は、塔ノ岳に登った。

1500m弱だったが、O隊長の言葉どおりなかなか厳しかった。

この階段を見てくれよ。
厳しい=飽きる・呆れる・いい加減にしろ!という気がするぜ。


9:10 大倉バス停スタート

12:40 塔ノ岳山頂


コースタイム 3時間10分のところ、3時間30分(休憩15分くらい)

ほぼ時間通り、このところの体調のよさ+2日間の禁酒の効果はあったようだ。

下りの途中から膝がやばくなりサポーターを巻いた。

初めは左だけ、そのうち右にも。

膝は忘れずにフォローしないといけない・・・


昨日、風呂の前に計った体重は、64キロを切っていた。

去年8月から7キロ以上減った。

上半身はもう苦行僧?のようにあばらが浮いている。

昨日、尊仏山荘で撮った写真も上半身が非常に貧弱だ。

ここで筋肉をつけたいが、先日の転倒でまだ胸が痛いので筋トレも出来ない。


塔ノ岳山頂の「日ノ出山荘」今は使われていないのか?
↓大変なインパクトであった。


そういえば、小屋に入ってすぐ雪がちらつき出した。

登山口からすぐのところに咲いていた スミレ(だと思う)







スポンサーサイト



「岳」16巻目良かったよ

先日神保町の石井スポーツで買った「岳」だが良かった。


このところ若干マンネリって感じだったからな。

暖かくなったらどこかの河原か海辺にでも行って

寝転びながら読み直してみよう。

それにしても前超のない勤務日はのんびりできる。

更にデイトレを止めちまっているのでPCに張り付く必要もない。


28日(水)にOさんと塔ノ岳に登ることになった。

両神山よりは楽だといっているが、鍋割山だって結構厳しかったしな。

今日から禁酒して備えることにする。


新都心では2日間AKB48のコンサートで盛り上がっていた。

昨日も改札前で「チケット譲ってください」の紙を持った女の子が何人もいた。

その日、スーパーアリーナで前田敦子が「卒業」宣言していたとはね・・・





浦和サンフレッズ

今日は出勤だったので大急ぎで帰ってきた

土曜日は全部休みの希望にしたのになあ・・・

最後の20分くらいをリアルタイムで見ることが出来た

結果は柏木の2ゴールで 2-1の勝利

試合後に直輝のユニを着たのには思わず泣いちまったぜ

去年、浦和レッズには革命が必要だと

クラブも、選手も、サポも変わる、変わらなければ未来はないと思ったが

ゲームだけでなく試合後のパフォーマンスでも変わりつつあると感じさせてくれる

ミシャ監督はもとより、槙野、柏木の貢献は大きい

浦和サンフレッズと思ったりもするがまあいいっか

まだリーグ戦3試合でしかないが、何と(暫定)5位である!

浮かれはしないが嬉しいぜ

大宮操の桜満開など

水曜日、三省堂で吉本を取り上げた展示をしていると聞いたので行ってみた。
まあ、神保町に行く理由付けなんだけどね。
4階の人文書のところに新聞の切抜きや吉本の著書や関係の本が積んであった。
文庫本の「戦争と平和」と「真贋」を買った。
「真贋」は読んでいるかもしれないな。


石井スポーツで山で座るときに敷くシートと「岳」を買い
兵六の開店時間を待つのに喫茶店ではなく
石井スポーツ下のサイゼリアでビールを飲んだ。
世界の山ちゃんも出来ているし神保町も変貌を続けている。

真人君とサッカーの話をし無双2本で凛々しく帰ったつもりだったが
南銀に引っかかってしまった。
いい加減にしろだな。

さて、昨日の「大宮操の桜」であるが


一月遅れで満開であった。





生きて行くのに大切な言葉

「生きて行くのに大切な言葉 吉本隆明74語」(勢子浩爾)を見ていたら


こんなのがあった


昔、俺が小学生で次兄の博が中学生だったと思う
記憶は朧だが・・・
上野駅から村上までの帰りの列車の席取りで俺は滅茶苦茶に頑張って
多分、お袋と博の席も確保した
俺はそれが得意な一方で
何で博はこの席取りに参加しないんだよと不満だったが
遅れて乗り込んできた博の冷めた目を見て何となく納得して恥ずかしくなった
恥ずかしいと言うのはもっと後になってから考えたことかもしれないけど
博は俺とは違う場所にいるんだなとはその時思ったはずだ
俺はガキだが博は少し先にいるのだと
そう考えると俺のその後は博の冷めた目に決定されていたのかもしれない

博が死んだ時に初めに思い出さなきゃいけないのはこういうことだったんだ

いつか女房と二人の娘に、兄貴のかみさんと二人の息子にも喋りたい


ホーム開幕に勝利!

前半決めたランコの1点をまもりきった

デフェンスで身体を張ることの大切さをあらためて感じた試合だった

最後の最後まで諦めずに足を出す、身体を寄せる

永田は良かった、ボールを出せるし、ドリブルで前にも行ける

原口は代表で成長した、あるいは新ペトロビッチの指導の賜物か

とりあえず写真を載せて終り

ホーム開幕、選手入場


ランコインタビュー、良かったね


選手も唄う「We are Diamonds」、槙野のアイデアらしい


さよなら、吉本さん

吉本が死んだ


70年に入学した中大は大学に入るのに学生証を出して職員に検問されていた

それからしばらくしてサークルの自主オリエンテーションが

大学近くの全電通会館であった

客寄せのために吉本の講演を目玉にしたと思うのだが

テーマは 「政治と文学の位相の違いについて」だった

始めてみる吉本隆明はシャツの袖を捲り上げながら「あのその吉本です」と言っていた

工業高校出でバスケ少年だった俺はその時まで吉本を知らず

内容は聴いてもほとんど分からなかった

ただ、吉本隆明という人の螺旋的というか重層的というか

繰り返していく独特の喋り方は感じた

吉本は、もうこんなテーマで話すことは何もないんだよと言いたがっている気がした

これは依頼者の中大社学同関係者の馬鹿なところだ

初めて読んだのは生協で買った「吉本隆明詩集」だったが

これにはやられちまったぜ


その後は日比谷公会堂での叛旗派政治集会(沖縄)を壇上で座って聴いたり

三上治個人集会での発言とか思い出す


結婚して子供を生み、そして子供に背かれ、老いてくたばって死ぬ、そういう生活者をもしも想定できるならば、そういう生活の仕方をして生涯を終える者が、いちばん価値ある存在なんだ(「自己とはなにか」『敗北の構造』弓立社 201頁)

市井に生まれ、そだち、生活し、老いて死ぬといった生涯をくりかえした無数の人物は、千年に一度しかこの世にあらわれない人物の価値とまったく同じである。(カール・マルクス」『吉本隆明著作集12』勁草書房 145頁)

(以上は「ばななしか知らない人のための吉本隆明入門」から引用)

こう言ってくれたので俺たちは何とか生きてこれたんだZ-

さようなら、吉本さん


休日

本日は休み

朝から寒かったが日差しがあるので暖かい

冬を越えたバラの花もようやくここまで咲いた


レッズの午後練を見に大原に向かう

途中、大宮操車場の河津桜を見た


2分咲き、3分咲きというところか

大原サッカー場近くの見沼用水に鴨が泳いでいた


暖かそうだZ-

しかし、クラブハウスにほとんど車が止まっていない?! やべー・・・

本日の午後練は中止であった・・・



道は遠い・・・

道は遠い・・・

2012開幕戦、広島相手に前半は何とか拮抗できたが

後半はいいところなし

来週のホーム開幕は如何


金曜日、3ヶ月ぶりの病院

負荷心電図の結果が非常に良好=異常なし

3分間歩いても全く苦しくなかったぜ

何故だ?!

2日間禁酒したことか

病院に行く前に5分間室内ランニングをして身体を動かしたことか

心電図を取った看護婦がいけてたことか?!

シグマート錠は2日間しか飲まず(12/18で止め)

コニール錠は1/13から飲んでいない

医者 「なんだシグマートが効いたのかと思ったのにな・・・」

という訳でコニール錠も今回から無し

結局、薬は関係ないという結論だ


同じく金曜日、会社のK君、Hさんと久々に飲んだ

中国で骨折したK君はリハビリも終わって既に復帰したそうだ

中国での入院生活の話はなかなか面白かった

嬉しさ・懐かしさのあまり、がぶ飲み、滅茶飲み、前後不覚

3軒目で解散と思うが雨の中ずぶぬれで

何度も滅茶苦茶に転んだ気がする

南銀(多分)の中国パブから家までの道も何と遠かったことか・・・

咳をすると左あばらが疼く、両膝打撲、右ひじ擦り傷等など

反省!

非番

午前中は雨

大原は午後からにした

3時近くまでの株でまたまた惨敗!

適性が無いのだーっ!!!

3時半過ぎに大原に着いた

コート1/3を使った11対11は


レギュラー組

 槙野、阿部、水輝
 啓太、柏木
 梅崎、平川
 元気、ポポ
 ランコ

だった。

レギュラー組に相変わらず決定力がない

控え組みのカウンターで何度も決められた

これでよく大宮に4-1で勝てたよなという気がしたぜ

↓別メニューのマルセル(マルシオとセルヒオ)


大原の上の白い月


その後、御茶ノ水に行くつもりだったが日和って大宮にしてしまった

先日に引き続いて東口の日高で飲んだが

頼んだ煮込みがこない

注文の操作を間違えたのかと思ったがそうではなかった

そんな間違いがあるのだ

一体どこに消えたんだよ?!


ここ1週間ほど心臓に違和感、不快感がはなはだしい

今もそうだ

これだけ酒を呑んでもこれではしょうがないよな


喫茶店で元同僚のK君にメールした

金曜日に飲むことにした

去年の花見以来だぜ


金曜日は久々の日赤なので明日から禁酒する

 | HOME |  »

Calendar

« | 2012-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。