どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

ペトロと直輝

甲府とのトレーニングマッチに対するペトロのコメントを見ると

直輝のプレースタイルというのはペトロとは全く相容れないようだ。

去年は怪我でほとんど活躍できていないが一昨年の直輝をみれば

デフェンスをサボるとかそんなことはなかったはずだ。

パスを出さずに何でもかんでも自分で決めるなんてこともなかった。

(初めは無視していたポンテがあるときから直輝にボールを出すようになった。認めたってことだ)

真ん中に来てシュートを打つのはいいがその後はすぐ自分のポジションに戻って本来の仕事をしろ

とペトロは言っている。

怪我をしないように大人のプレーをしろとも、チームにとって良い仕事をすることを知らなければならない

とも言っている。

「自分のポジションに戻って本来の仕事」というのは右サイドに張れということなんだろうか?

達也と元気がタッチラインに張り付いてボールを受けてドリブル勝負する、

あれがやっぱりペトロのやりたいサッカーなのか・・・



そういえば山田暢久も昔干されたことがあったな。監督は忘れた・・・

暢久は残るのは俺のほうだと思っていたらしい。

そしてそうなったぜ。

めげずにトレーニングを積んで試合に出さざるを得ない状況を作ってくれ。

その時はペトロのサッカーに迎合せず動き回ってチームに貢献してくれ!

これが浦和が目指したサッカーだというのをペトロに見せてやれ!







スポンサーサイト



浦和レッズの革命-J2まで行くんだ

ペトロは駄目だがそれ以前に「浦和レッズ」が駄目なのだ。
浦和レッズは生まれ変わらなければならない。
クラブ-選手-サポーター全てが変わる必要がある。
まさしく革命が必要なのだ。
梅崎が柏木がエジがマルシオが如何しているか?
みんな浦和の泥沼に喘いでいる。
他チームのいい選手を連れてきてもどうにもならない。
それが浦和レッズというチームだ。
チームを根底的に作り直そう。
そのためにはJ2に行ってもいい。
いやむしろ、その方がいいのだ。
1年でJ1復帰なんて言わない。
3年目に優勝してJ1戻る。
J2降格で移籍してきた選手は離れていくだろう。
スポンサーも減り、サポも減り、世間の注目も減る。
それでいいのだ。
決してビッグクラブなんて言うな!
3年で浦和ユース出の若手中心のチームを作り上げる。
直輝、元気、峻希、拓也、水輝・・・

夢があるぜ!俺たちのチームという気がするぜ!

監督とコーチは福田と堀にしろ。
どっちが監督でもいいぞ。

これが浦和だ。浦和レッズだというチームを見せてくれ!


環境ファシストに死を!

昨日、NHKで太地町の捕鯨についてのドキュメンタリーをやっていた。

全くシーシェパードというのはクズそのものだ。

太地の鯨漁師に対する罵詈雑言、執拗な嫌がらせ。

政治的、社会的、文化的、どこをとっても反動そのものだ。

「恥を知れ!」と叫んでいる奴がいたがそれはお前のことだぜ。

環境ファシストに死を!

よく追いついた。だがしかし・・・

勝てると踏んでいた鹿島戦だったが、2点先制されたけど

途中出場の高崎、マゾーラのゴールでよく追いついた。


柏木厳しいな。

柏木を取ったときは柏木のチームにするつもりだったと思うのだが、

ポンテが抜けてマルシオが来て、二人は重なるところが多い。

直輝も使われないしつまらん・・・


富浦のYさんがソラマメを送ってくれた。

俺が栽培したものとは出来が違う。あったり前か!!!!!

筍のときはお礼の電話しなかったが今回はすぐ電話した。

29日に一泊で会いに行く。

今年は少し早めの再会ツアーだ。





ダービーチケット購入

さいたまダービーのチケットを買いにオレンジスクウェアに行った。

8時過ぎでは誰もいない。

階段脇に座って「塩壺の匙」を読んでいるうちに二人目のおやじが現れた。

大宮サポだが元レッズサポで今でも何試合かは埼スタに行っているそうだ。

先週の先行販売は遅れて買えなかったが、今日数は少ないけどここで発売するのは確認済みと言っていた。

これでゲット確実と思ったのだが、9時半頃関係者が現れここでの発売は無いと告知!

近くのセブンイレブンに移動して、コピー機前で10時まで待機。

9時57分に接続しようとするが込み合ってますのメッセージが出るだけ。

セブンイレブンチケットとぴあを交互にやっているうちにぴあに繋がり

カテゴリー2バックEASTを2枚買えた。3500円×2

俺の後ろの女の子は多分買えないだろう。俺が金を払って帰るときも、「混み合ってます」画面だった。

さて、今日は鹿島戦だがTV観戦だ。

ネット株も相変わらずの負け続け。ちょっと打開の道が見えない。

金がないというのといまいち気持ちが乗ってこないんだ。

しかし、鹿島戦で当日券だぜ!

信じられない!!!!!

今日はレッズが勝つだろう・・・

発泡酒飲みながら見せてもらうぜ。


引き分け・・・

大宮駅東口の階段で電話しているエンゲルスに会っちまった。

ゲンを担いだはずなのに・・・

微妙だ。

まあ、関係ないだろう。

元気のゴールで先制するも追いつかれ、その後は徐々にセレッソにゲームを支配された。

決定機はセレッソがずーっと多かったが、1-1のドロー。

テレ玉の録画で福田が、急には変われない、勝ち点1で良しとしようといっている。

しかし、レッズにはボールの放り込みとドリブル勝負しか攻め方がない。

これについてはペトロは何も感じていないらしい。

俺的には絶望だ。


次節は鹿島が相手なので名古屋戦のような吹っ切れた戦いが出来るかもしれない。


咲いている花も変わった。


放水をしたからといって勝てる訳ではありません。とオーロラビジョンに出ていた?


美園駅前









埼スタ日和

五月晴れ!

なんて埼スタ日和なんだ!

ゲンを担いで名古屋戦と同じコースを通って行くことにする。

吹っ切れた戦いを、そして勝利を!


昨日は70歳の兄貴と新宿で酒を呑んだ。

ションベン横丁の養老の滝で大生のあと、黒霧島のボトルをロックで空けた。

その後、兄貴が昔通っていたという、うなぎ屋でビールを飲んだ。

酔っ払ったぜ。

キックボクシングジムでは、70キロのベンチプレスを挙げ、

時速8kmのマシンで30分走っているそうだ。

腹も引っ込み顔も引き締まって小さくなった。

プロの指導と言うのはたいしたもんだぜ。

写真は収穫したさやえんどう。




明後日は勝ちたい・・・

一人で飲んでいるうちに浅川マキが聴きたくなり、YouTubeで聴いたのだが、

画面からどんどんリンクして行きショーケンの「大阪で生まれた女」、「ラストダンスは私に」行き着いた。

そこで、何となく「ワルシャワ労働歌」を検索したら色んなのが出てきたぜ。

共産主義ということで映画の「REDS」につながり、浦和REDSにまで来てしまった・・・

優勝した天皇杯やナビスコ、ACLの上海申花etcを見ているうちに、

日曜日は勝たなきゃと思ったぜ。

ペトロには不満だが、それとは別だ。

心から応援するぜ。

「勝て勝て勝て勝てホームやぞ!」?

手入れなしでも咲くじいさんの形見?のバラ。

咲く前はきれいだが、花ひらくとそうでもない・・・

何でもそうかもしれないけどね。



柏戦 1-3、明けない夜は無いってか?

柏に 1-3負け

3-0か3-1、もしくは3-2 で勝てるんじゃないかと思ったりもしていたが、

「現実は空から栓抜きが降ってくる」(あづまひでお)であった。

そんな開始1分の柏の先制、北嶋のゴールだった。

まあ、それで終わっちまうんだよな。

それが今のレッズだ。いや昔からか。

ペトロは恥ずかしい試合を見せてしまったと言っているそうだが、

どこが恥ずかしいのか、何が恥ずかしいのか、誰が恥ずかしいのか、

的を外して考えてるんじゃないだろうか。


しかし、明けない夜は無いらしい。

生きているうちに、リーグ優勝もACL優勝も天皇杯もナビスコも取ってくれたしな。

俺が死ぬ前にもう一度リーグ優勝してくれればいいさと思えば気もまぎれる。

それにしても、直輝を出せよ。見せてくれよ。












荒岱介が死んだ・・・

昨日浦議を見ていたら、ニュースのところに訃報、荒岱介と出ていた。

葬式が本太のお寺とあるので載ったらしい。浦和在住だったかな?

まさかレッズのサポだったとは思えないが・・・

戦旗派のメットの赤はレッズの赤とは違ったしな。

70年入学の俺には、戦旗派=理論戦線派の親玉としか知らず、顔も見たこと無いけど、

旧い人から言わせると背も高く、我叛旗派の三上、神津と比べるとずーっとかっこよかったそうだ。

分派闘争で対峙すると理戦の前の奴等はみんなでかかった。人数も多かった。

結局一度も勝てなかったよな。

赤軍派批判は筆鋒鋭かったが、「世界一国同時革命」なんてのは滅茶苦茶と思ったぜ。

何で 『一国』 なんだよ!!!!!

1970年もはるか昔だ。40年も経っちまったんだ。

死んだ人も増えるばかりだ。

志とは何だー!





 | HOME |  »

Calendar

« | 2011-05 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。