どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

高麗川獅子ヶ岩河原で「岳」を読む




体調悪い。

どこぞの河原でのんびりしようと思い、今年見つけた高麗川に行った。

高麗駅近くの河原は人で一杯だ。

あそこは静かなはずだと記憶をたどって歩いた。

しっかし歩けない。胸が苦しい。

 1.睡眠不足
 2.このところ毎日飲んでいる(量は少ないんだが・・・)
 3.仕事のストレス

と狭心症3大要因が揃ってしまった。


喘ぎながらやっと見つけた場所は、獅子ヶ岩橋下の河原だった。

駅傍と比べればはるかに少ないがそれなりの人が泳いだりバーベキューしている。

橋の上から中学生くらいのが飛び込んでいた。

岩の近くは深いのでそんなことも出来るんだね。


端の方で店を広げた。

 はだしになる。
 ビールを飲む。
 バーナーに火をつける。
 くし付きウィンナーを焼いてビールを飲む。
 お湯を沸かしてカップ焼きソバを作り喰う。
 岳を読む。
 全編で泣いちまった。 (自然の中だと効くーっつ)
 昼寝する。

起きたら4時頃だった。

胡桃を拾って帰ってから、高麗川駅に向かうが、道が良く分からん。

予想より駅は遠かった。

そして来る時と同じく胸が苦しい。

喘ぎ喘ぎ歩いた。



神戸戦は 2-3 であった。


写真は、高麗駅から獅子ヶ岩に向かう道、バーナー+ビール+飯、そして「岳」

スポンサーサイト



2009錦糸町河内音頭


昨日は午後有休で錦糸町参戦?

30分ほど「馬力」で飲んだ。
やっぱ、このくらいの値段じゃないと居酒屋とは言えねえ。

瓶ビールと馬力ハイ
子持ち白魚てんぷらと栃尾油揚げ焼き
(つまみは少し贅沢だった・・・)

会場で看護婦とすれ違った。
近くの診療所が救護所を出しているのか?
しかしそうではなくて、衣装コンテスト出場者だった。
コンテスト入賞者発表前に帰ってしまったが
彼女には優勝してもらいたい。
っていうか、他にはいねえぜ。

浦島さんと1年ぶりの再会・・・
高槻さんの話しをして、図書新聞のコピーをもらってきた。

高槻さんは本当は赤軍に行きたかったらしい。
中大の関係でいろいろあり行かなかったことを悔やんでいたそうだ。
(全国全共闘結成大会で司会をしていた高槻さんは
 社学同の阻止線を突破して来た赤軍のHに
 「高槻、負けたんだから帰れ」と言われたと誰かから聞いたことがある)


そんなことを思うと最後に会った時のことがなんだか申し訳ない。

しかし、しょうがねーよと言う気もするんだ。
しょうがない。
いつだって自分なりに生きるしかないんだ。


写真は、司家征嗣だが携帯なのでよく見えない。

やっぱ ダメだった・・・(広島戦)

旗出し効果なく 1-2の負け

 リーグ戦6連敗

 ナビスコ入れると7連敗だぜ!

先制されるともうアウチだ

今レッズが勝てるチームなんて Jリーグには無いって気がする。


とにかく、次は先制点!!!!!

姫睡蓮 7個目



今年7個目の姫睡蓮は

つぼみの状態で虫(多分バッタ)に喰われてひどい状態だ。


高槻さんお通夜の日

レッズはボロボロ(柏に1-4)だった。


今日は、アウェーで広島だ。

広島という自分のスタイルを通して攻めてくるチームなら

いい試合が出来るかもしれない。

という希望的観測だが・・・


今日はBSでやることだし、今期2回目の旗出しすっか。



写真は ボロボロの姫睡蓮

写真を追加する。やっぱお前だったか!

中大ブント(仲代文人)告別式

昨日は午前2時半まで打ち合わせしていた。

  バッキャローそんな仕事の仕方はねーだろ。

3時過ぎにメールを見たら、あくたから

高槻(仲代文人)さんが死んだというメールが来ていた。

お通夜から戻ってメールしたらしい。

連絡ありがたいが、お通夜に間に合うように連絡くれよ。

 そうすれば夕方帰れたぜぃ。


小柳さんと小林、山口にはメールや電話で連絡した。


 小林からは香典立替を頼まれた。

小柳さんとは合流した。


棺には、版画の本が何冊か入れたあった。

(悪くない晩年?だった気がした。)


顔を少し見たが知っている高槻さんではなかった。

親父が死んだ次の正月くらいにショーケンと訪問したことがあった。

鬱々とした日々を送っているなという印象だった。

既に味さんは叛旗派を離れていただろうか。


参列者が花を棺に入れているとき、奥さん(横田さん)が高槻さんの頬に軽く手を触れてお別れをしていた。


昔、毎日革マルに苛められていた小柳さんが、今度高槻が戻ってくるからと言っていたことがあったな。

中庭で「イデ闘」を挑んできたFをいきなり「このガキ」って感じでぶっ飛ばしたのには俺も驚いたぜ。

Fは呆然自失「?!・・・」って顔をしていた。


味さんと神津も来ていたが口は利かなかったみたいだ。喧嘩もしなかったけどね。

去年の金ちゃんといい、少し早すぎるぜ。


仲代さんが好きだった歌。
代々木寮で酒を飲むと歌っていた気がする。

「地の底から
 地の底から
 怒りがこみ上げる
 この切羽で
 この切羽で
 仲間が息絶えた
 金のためなら
 人の命も奪い去る
 奴らに怒りがこみ上げる

 血にまみれた
 血にまみれた
 写真が落ちていた
 学生帽とランドセルの
 顔が笑ってた
 この子に全ての
 望みたくして働いていた
 友の姿が目に浮かぶ

 命かけて
 命かけて
 築き上げた職場
 この職場に
 戦いの火を
 燃やし続けよう
 人とし生きるため
 子等の未来のためにこそ
 搾取の鎖を断ち切ろう」


では、高槻さん、ごきげんようさようなら。



  

夏休み終了。レッズは昨日もダメだった・・・




今日で休みも終わりだ


八ヶ岳は残念だった

帰ってきてからは実家に行ったきり、後はごろごろ昼寝ばかりだ


レッズは昨日もダメだった・・・

ネットで見ていたんだが終了近く見れなくなりオフィシャルを見たら

0-1になっていた。


会いに行った兄貴は病状思わしくない

5月の連休以来だったが衰えたという気がした

やべーぞ!


上の兄貴とも会って一杯やってきたが。相変わらずだ

元気だが歳を取ったな。69だからあったり前か?!

一緒にチャムスに行こうといつもの話であった


蔦(つた)が家のかなりの部分を覆っている

これが本当の TUTAYA だぜい


写真は、ケヤキ(だと思う)の木のカマキリ
壁を覆う蔦と青空
オクラの花

八ヶ岳、黒百合で引き返した・・・




八ヶ岳j縦走のはずだったが・・・

8/9

6:15 いつものように西国分寺駅前で拾ってもらい、美濃戸口へ向かう

9:00 美濃戸口、小林と合流

10:00 小柳さんの車で渋の湯へ移動し、歩き始める

河を渡ってすぐ、俺にとっては急登。
遅いが何とか歩くことは出来た。
歩きながら少しほっとした。

11:55 唐沢鉱泉分岐
      コースタイム 70分、結果 115分

13:20 黒百合ヒュッテ
      コースタイム 60分、結果 85分

登りは本当に歩けない。コースタイムの1.5倍を見るしかない!

黒百合ヒュッテ前の椅子とテーブルで昼飯。
薄めすぎたスープだが温かさに少し身体に力が戻る感じがした。

14:00 東天狗に向って進撃開始

15:00 中山峠を過ぎて東天狗を見上げる地点で断念。
      俺の感じでは、東天狗岳 17時、根石山荘 18時
      雨の心配もあり、小柳リーダー判断で黒百合ヒュッテに引き返した。

残念ではあったが、助かった。
黒百合到着時点で、身体が消耗している感覚があった。 
疲労とは少し違う初めて感じるものだった。

小屋では初めて個室に泊まるという贅沢をした。
しかし、そんな込んでいるわけでもなく、個室と言っても大部屋とベニヤで区切ってあるくらいのものだ。
込んでいる時に一人一畳のスペースを確保できるということか。

夕飯は、取り皿が無い!
どんぶり飯の上に皿に盛ってあるハンバーグや煮物や漬物やサラダやを載せて食った。
煮物はカテーテルで入院した時のような味なし、塩気なしだった。
もうちっと料理をまじめにやれよ。
お願いだから湯のみ茶碗を出してくれ。
飯食った後のどんぶりじゃお茶飲めねーよ。デミグラスソース着いてんだぜ!

雨が静かに降りだしていた・・・


8/10

7:00 渋の湯へ下山
     雨が激しく降り始めた。
     これで納得も出来るってもんだ。
7:45 唐沢鉱泉分岐 コースタイムどおり

9:00 渋の湯 ほぼコースタイムどおり(途中少し休憩した)

美濃戸口へ移動して、もみの湯に入り一息ついた。
500mlの缶ビールが400円、良心的だ!
村営とかそんなものかもしれない。
入浴料は500円。

自由農園という直売所で野菜を買って帰ってきた。

雨に降られて2泊3日が、1泊になってしまった。
今までが良すぎたのかもしれないね。

写真は
渋の湯の 補導所(登山届けをだしてるところ)
ほとんどこんな感じの岩の道、歩きづらい
ここで引き返す決断をした地点から少し戻った場所、見えるのは東天狗?

明日から八ヶ岳縦走!


だが・・・

明日歩き出してみないと分からん!


今日は上の娘は東京の花火を(男でも出来たか!?)

かみさんと下の娘は熊谷の花火を見に行ってる。

大宮はたまに雨がぱらつく天気だ。

何とか持ってくれればいいが・・・


ところで天気予報が変わった!

八ヶ岳は3日間とも曇りのち晴れのはずだったが、

初めの2日間は曇りのち雨になった。


のりピーが覚せい剤!

ウソだーっ!というフアンが会社にいた。

やっぱフアンはそうでなくちゃね。


写真は今年6個目の姫睡蓮、前はもっと色が鮮明だった気がする。

後一日!

仕事しないのがプレッシャーになるので?

仕事しようと考えるのを止めた。

とにかく、後一日で夏休みだ。

体調第一!


土曜日は不足するものを買い、軽く歩いて日曜日に備える。

当日歩けなければ、俺だけ黒百合平辺りで泊まって近場を歩いて最終日を待つことにする。

しっかし、階段が苦しくて通勤通路を変えたのは何年前だ?

最近は普通に歩くだけでかなりの確立で苦しくなる。

日曜日も、歩き始めが勝負だよな。


去年、体重を5,6キロ減らしたあの仕事が一気にダメージになったんじゃないか・・・


工場の品管のSさんが「今日で退職です。」と挨拶に来た。

「いいなー。」と俺。

「みんなそう言うよ」とSさん。

田舎に引っ込んだら南銀中国パブが遠くなるね。


再見

清水にまた負けた・・・




試合開始から積極的に攻めた。

先制されて、ポンテ、セルを、次いで西沢をいれて攻め続けたが
ゴールは遠かった。

勝ち点3を取りたかったが・・・

サポは前半45分歌い続けていた。
俺っちも戦うぞと言うところか・・・


午前中、祭りの後片付け(提灯とテント)に参加した。
お土産にビール、発泡酒、ポカリスエット。

昨日に続いて調子よくない。


埼スタでビールも飲んでいない。

写真は、今年生まれたカダヤシ(ちゃんと生まれていたんだ)、
美園駅前のフラグ(一昨年はこれを撮ると勝ってた。というかホームは常に勝っていた!)、SCホーム側の一番上だった。こんなとこ初めてだったが、見やすかった。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2009-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。