どうしたらいい?

リーグ優勝・ACL優勝!国民国家解体!定年退職者に昼酒の自由を!

12月29日天皇杯準決勝




鹿島に勝った。
勝って欲しいんだが、まあそろそろいいか。
少しでも多く休んでもらいたいと言う気もする。
しかし、強くなったんだな。
2-1で勝った。(小野とポンテのゴール)

酒井が交代で出たが、10数分くらいで交代した。
出てくるときペットボトルに足を軽く触れて倒した。
本当は蹴っ飛ばしたいところだったんだろうな。

家族の忘年会ってことで、浦和の「天天香」で食事をした。
うまい、そして安い。
4人で12000円だった。
国立帰りの人が何人か来ていた。
何気に壁には、レッズのフラッグが貼ってあった。

昨日は、会社は昼までで終わり。
同僚と昼から酒を飲んで兵六へ行った。
兵六も最終日なんだ。
浅見も渡辺も上野さんも飯田さんも来なかった。

火曜日、Aから紹興酒15年陳をもらった。
研修生からクリスマスカードをもらったと言ってた。
滅茶苦茶切り詰めた暮らしをしている娘たちが、高そうなカードを送ってくれたと喜んでいた。
先生であり日本での唯一の相談相手なんだね。

明日は完全休養日。明後日は(大晦日だってのに!)兄貴二人に別々に会う。ふー

写真は、もらった紹興酒と前にもらった山人参をジン露につけたやつ。

スポンサーサイト



天皇杯磐田戦 勝った、しかし疲れた。






練習中 突然のぶひさコールが起きたが、何だったんだろう?
キャプテン頑張れか???
とりあえず、埼スタから書き込みを入れた。

前半開始早々、チャンスがあったが決められない。
磐田には結構ボールを回された。
左サイドを走りこむ西には何度もボールが通った。
前半 0-2 (だったよな)(→ 0-1だった。後半すぐに2点目を決められていた。)
これはだめだと思ったが、後半開始前に全員で円陣を組んでいたので諦めていないんだという気持ちは伝わってきた。
後半は、4バックにしてきた。 (→平川のところに入っただけらしい。3バック変わらず!)
サイド突破されることは少なくなった。
永井、小野のゴールで追いつき、小野の2点目で逆転したが、直後追いつかれた。
延長でまた3バックに戻した。
2回決定的なピンチがあったがなんとかしのいだ。
PK戦はほとんど諦めていたが、10-9で勝った。

山田は、トップ下→右WB(表現は正しい?)→右DF とポジションを変えてた。
凄いね。 (→平川のところに入っただけらしい。3バック変わらず!)
酒井、黒部も出たね。
細貝は先発だった。PKも真ん中に決めてたぞ。
ところで、相馬・着ぐるみ・崇人はボールをこねくり過ぎないか、
もっと早く放り込んだほうがいい場面がいくつもあったと思う。
忘れちゃいけない!都築がウッチーを制して先に蹴った。何か雰囲気が変わった気がした。

10人目、磐田33番がはずした。
優勝したくらいの盛り上がりようだったぜ。

皆、ACLのことを話題にしてたな。
1万人くらいどこかには行きそうな勢いだったよ。

3人だけの忘年会に神保町に向かう。
美園から後楽園まで一本で行った。便利!
酔っ払った!
しかし、みんなガキのようなおやじだ。
吉本ではないが、決して父親には勝てないと思う。

写真は
1.お約束、美園駅前のフラッグ(結局今日も負けなかった!)
2.勝った
3.山田!

上海申花だ!上海いくぞ

ACLの抽選があった。
予選の相手と日程は次の通り。

・第1節ホーム:3月7日(水)vsプルシック・クディリ
・第2節アウェイ:3月21日(水)vsシドニーFC
・第3節ホーム:4月11日(水)vs上海申花
・第4節アウェイ:4月25日(水)vs上海申花
・第5節アウェイ:5月9日(水)vsプルシック・クディリ
・第6節ホーム:5月23日(水)vsシドニーFC
※浦和レッズのホームゲームは、すべて埼玉スタジアムでナイター開催の予定です。
※アウェイゲームにつきましては、レッドダイヤモンズ後援会、オフィシャルパートナー等で応援ツアーを企画予定です。詳細が決まりましたら、改めてお知らせ致します。

上海に行くぞ!
結構人気もあるチームらしい。
チームカラーは、青/白ってことなのでアウェーでも赤を着れるのか?

申花のHPには、浦和赤宝石とあった。
ダイヤモンドではなくルビーだってよ。
ざけんなよ!

ロナウジーニョに大ブーイングを!


天皇杯と優勝パレード

福岡に気持ちで圧倒された。
0-0で延長に入ったとき、既に福岡は体力を使い果たしていたし、
実力の違いが出てレッズが勝つと思ったけどね。
結果は、3-0だった。
浦和にとってはモチベーション的に難しい試合だったが、
福岡は2部降格が決まったチームとは思えなかった。
負けはしたが、入れ替え戦の神戸との激闘がいい影響を与えていたのかもしれない。

今日のレッズのパレードはTVで見た。
かみさんと娘二人は見に行った。


クラブワールドカップは、インテルナシオナルがバルセロナに勝った。
来年、レッズにはACLを勝ち抜いて、出場してもらいたい。
ロナウジーニョに大ブーイングなんていいんじゃないか。
かみさんはカカでもやっちゃうそうだ。

写真は、さいたま市役所前、4階ベランダにレッズの選手が出ている。

明日は発熱するぞ!


明日は発熱で休むことにした。
一応このところ大変だった仕事も一段落したのでね。

神戸と福岡の入れ替え戦は壮絶な試合だった。
まさに死闘、激闘だった。
リーグ戦決勝でもああは行かない。

会社の3階のトイレの窓が黄色い。
そばの公孫樹が黄葉の真っ盛りだ。いつもちょっと遅めだと思う。
作業場のトイレから見える柿の木は毎年鳥のえさになっている。
田舎に住んでいるときはちゃんととったものだが、最近はどこも同じだ。
鳥はヒヨドリだ。十数匹群れてきて柿を啄んでいる。

Aが、国際交流なんとかのスピーチ大会で優勝したそうだ。
テーマは「タフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きている資格がない」だ。
前日6時間、当日2時間、鏡を見ながら練習をした成果だ。
そうやって頑張るやつなんだな・・・
今バイトしている会社に就職も決めるみたいだ。
先日、馬鹿社長と中国役人の間で泣きそうになったと言っていた。
馬鹿社長はともかく、中国の小役人が自国の留学生を日本人の手先扱いするのは勘弁できない。
自分で学費と生活費を稼ぐのがどんなに大変なことか、就職することがどんなに大変なことか、
それくらいは分かってんだろ!
地獄に堕ちろだ。

写真は、ヒヨドリが群れる柿の木。全然見えないけどね。

明日は休みだ!

決戦の日である






12月2日になってしまった。
なんと朝まで仕事をする羽目になった。
みんな俺が無能のためだ。
始発で帰り少し寝て埼スタに行く。

総務のOさんと「明日だね!」、「行くの?」、「おー」と声を交わした。
朝、関連会社ソフトのS君には、「下向いてんじゃねーぞ」と気合を入れた。
彼は、父親からサポータを譲り渡されたってやつだ。

初めてのナビスコの日、「レッズよ国立で死ね ときは今秋決戦の狂おしき渦」(本歌は福島泰樹)
と書いたことを思い出す。(死ぬほどの壮絶な試合をやってくれってことだが・・・)

うー、仕事に復帰する。

感激と興奮、熱い戦い、そして浦和の勝利を!
決してつまらぬレフェリングで両チームとも退場者など出さぬように・・・

ではまた。

7時に寝て10時半に起きた。
かみさんと落ち合って埼スタへ向かう。

勝った。
マグノに流し込まれて先制されたときは嫌な気がしたが、ポンテのシュートで追いつた。
前半ロスタイム?に、ポンテがエンドラインぎりぎりからマイナスのクロス→ワシン蹴りこんだ。
まあこれでほぼ決まりだとは思った。
しかし、レッズの攻めはあまり納得できるものではなかった。
贅沢を言ってはいけないがもっと何人もが絡んだ流れるようなシーンも見たいもんだ。

優勝の瞬間を撮っていてかみさんと抱擁しなかった。
代わりに隣の若い男としたらしい。
「浦和レッズ カンピオーン」
涙が滲んできて仕方がない。かみさんもそうだ。

浦和に寄って、レッドボルテージまで行ってカレンダーを買ってきた。
新都心のライオンで二人で祝杯を挙げた。
この日ばかりは、かみさんはユニフォームを着たままだった。

来年はACLだ。
一度は、韓国か中国へ行くつもりだ。

写真は
1.美園駅前のフラッグ
2.埼スタへ向かう道にて
3.パフォーマンス、バックすべてを使ったエンブレムがオーロラビジョンに写っている。
  俺たちは一番上の白のすぐ上、下の人との白いシートが写っている。


We are REDS!

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

おおまた

おおまた

1950年生まれ。かみさんと娘2人(女子大2年と女子高1年)、かみさんの親父の5人暮らし。「くるみ」を初めて聴いた(見た)ときは泣いちまったぜ。そんな時はどうしたらいい?
時は流れ、上の娘は会社員、下はもうすぐ大学3年(就職厳しそう!)、俺は定年し無職のオヤジになっちまった・・・
更に時は流れ、親父さんは亡くなり二人の娘は何とか会社員をやりつつ腐女子を貫徹している。俺は1日4時間のパート暮らしだ。
更に時は過ぎ俺は完全無職だ。